脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

脳窓全開ブログ イメージ画像

音楽関連

ヒップホップドリーム - 漢 a.k.a. GAMI面白かった。が、長い!読んでいる途中で正に彼自身が大麻所持で逮捕されたという報道が出てきて、非常にタイムリーだったこともあり、そういう意味でも「興味深い」という意味で面白かった。
『ヒップホップドリーム - 漢 a.k.a. GAMI』の画像

偽装 音楽業界 [楽譜]キリトオリコンエンタテインメント2003-10クソつまんな過ぎてこれも途中で断念。著者は、かつて第二次V系バンドブーム(第三次バンドブーム)真っ只中に活躍していた「PIERROT」のVo.キリト氏と、V系界隈ではお馴染みの「市川哲史」氏。※関連過去ログ 
『偽装 音楽業界 - キリト』の画像

スネア (立東舎文庫) [文庫]高橋 まこと立東舎2017-08-21超面白かった。BOØWYというと、兎角「氷室京介」および「布袋寅泰」の方にクローズアップされがちなだけに、ベーシストの「松井常松」及び、ドラマーの「高橋まこと」についてはなかなか知る機会がないので、それだけ
『スネア - 高橋まこと』の画像

誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論 [単行本(ソフトカバー)]市川 哲史シンコーミュージック2014-04-19非常に面白かった。何故か横書きで、本のサイズもB6版ではなく「A5版」なので、非常に読みづらかったが、内容的には申し分なかった。今回は「ヴィジュ
『誰も教えてくれないポップミュージック論 - 市川哲史』の画像

私も「ヴィジュアル系」だった頃。 [単行本]市川 哲史竹書房2006-04-01※関連過去ログ私が「ヴィジュアル系」だった頃。 - 市川哲史 : 脳窓全開ブログ今回も面白かった。前作「私が「ヴィジュアル系」だった頃。」の続編ということだが、前回は、「V系黎明期~V系ブーム終焉
『私も「ヴィジュアル系」だった頃。 - 市川哲史』の画像

私が「ヴィジュアル系」だった頃。 [単行本]市川 哲史竹書房2005-07クソ面白かった。特に、まえがきでのこの一文で爆笑した。「闇」だったり「絶望」だったり「破滅」だったり「堕落」だったり「破壊」だったりと、まさにネガティヴィティーの大博覧会状態。しかしそんな「ダ
『私が「ヴィジュアル系」だった頃。 - 市川哲史』の画像

ジャネット・ジャクソンと80’sディーバたち (星海社新書) [新書]西寺 郷太講談社2016-09-22面白かった。マイケル博士でもあるNONA REEVESのVo.西寺さんの著書。確かにジャネットってそこまで音楽的評価が高いイメージはなかったけど、凄すぎて逆に凄さが伝わってないってと
『ジャネット・ジャクソンと80'sディーバたち - 西寺郷太』の画像

↑このページのトップヘ