71klYGoI4yL._AC_SL1000_
日清焼そばU.F.O. 濃い濃いすき焼き風あんかけ麺


めちゃくちゃ旨かった。


 

 U.F.O. 濃い濃いすき焼き風あんかけ麺の
 「カロリー&PFC」


616YDEbuIUL._AC_SL1000_

内容量:111g
(麺:85g)
カロリー: 521kcal
タンパク質: 9.1g
脂質:23.0g
炭水化物: 69.3g
食塩:5.4g

麺量85gってことで、通常のレギュラーサイズより5gだけ少ないですね。おそらく「あんかけ」としてもとろみが加味されるからってことなんでしょうね。

その他の数値については、可もなく不可もなくといったところではないでしょうか。

※原材料名はこちら。
81Id8Hz+DnL._AC_SL1000_


 U.F.O. 濃い濃いすき焼き風あんかけ麺の
 「かやく&ソース」


3e5b31da-b7a6-44c7-84fe-db1398761b22

内容物は2袋で、「粉末スープ」と「とろみの素」でした。

待機時間は「5分」で湯切りはしないけど、どちらも「召し上がりの直前」ってことなんですけど、何より驚いたのが粉末「スープ」なんですよね。「ソース」ではなく。

かやくは最初からINで、内訳としては「大豆たんぱく加工品・たまねぎ・ねぎ」とのことでした。

え?肉は?

54b2964b-b5a2-4d5c-97c9-f7f0129c3b83

お湯入れ5分後。どうやらこの「肉」に相当するものが「大豆たんぱく加工品」なんでしょうかね。因みに例のごとく、冷凍ネギを独自にブチ込んでます。

そして、なんか従来のUFOより麺が細い気がします。

4b779bd0-893d-4de8-a49a-a047f8c2dc2a

で、こちらが粉末「スープ」と「とろみの素」をかけた直後。

「とろみの素」はやはり水と混ぜ合わせてとろみを出そうとしているので、おそらくは片栗粉ベースなのかなとも思ったんですけど、片栗粉ってふつう真っ白ですよね。

原材料を見てもそうではない様子だったので、おそらくは「増粘剤(加工でん粉・キサンタンガム)」というのがそれに当たるんでしょうかね。

で、こちらが湯切ってないスープ。

ff4cb256-0413-4688-a226-3edbf1f17d99

こうしてみると、ほぼラーメンにしか見えない上に、全然とろみが伝わらないw

因みに、お湯の量としては、パッケージ(上蓋)にも記載されているけど、目安としては「310ml」となります。なので、従来のレギュラーサイズのカップ焼きそばよりも少なめに入れないと、おそらくとろみはでないと思います。

ぼくは最初この辺りをろくに確認もせず、適当にドバッと入れてしまったので、5分後少しだけお湯を捨ててます。それでもちょっと多かったかもしれず、とろみについては「ギリ、とろってた」くらいの感じですね。

なのでお湯の量は「ちょっと少なすぎるかなー」くらいで全然丁度いいと思うし、「たまご」を合わせるのなら尚の事、少なめの方が良いと思います。

 U.F.O. 濃い濃いすき焼き風あんかけ麺の
 「麺」


9e72154e-95a9-418d-b8dd-fc6cec002949

「中細平ストレート麺」でした。

これ、何度か書いてると思いますけど、ぼくは元来UFOって余り好きではなくて、その理由がこの「麺」にあって、従来のUFOの場合「中太丸ストレート」って感じだったと思うんですよ。

ところがこっちはおそらく「中細平ストレート」で間違いないと思うんですよね。同じく日清のカップヌードルより少し太くて、あちらより縮れが少ない感じではあるんだけど、かなり近しいものを感じました。

また、それに加えてあんかけにより、つるつるなめらかで歯ごたえ・のどごし共に非常に心地よくて、UFOとは思えないくらい旨かったですね。


 まとめ


もう、今年食べたカップ麺のBEST5は間違いないどころか、1位じゃね?ってくらいの勢いでめちゃくちゃ旨かった。UFOの中で一番うまいのは確実ですね。

UFOそんなに好きじゃないとか言っておきながら、実は過去2回ほど「ミーゴレン」と「スパイスキーマ」で箱買いをしているんですが、今回のこいつもほぼ箱買い決定ですね。

ごちそうさまでした。