eb05b473-2e7f-4381-850a-b4f5374921ab
限定メニュー「ポークキーマ」

当然のことながら旨かった。

09/22にこのお店のレポを書いたけど、それからもう3回ほど通って、今回で4回目。

最初に来たときには無かった「ポークキーマ(限定メニュー?)」の文字を見てしまったので、試さないわけには行かないので、早速試してきました。

お店へのアクセスについては、前回の過去ログよりどうぞ。

※関連過去ログ

https://blogrider.tokyo/archives/30516995.html

 

 注文したもの


fd2a3ecb-83b6-48c1-aa4f-e70ff360cfa3
  • スペシャルセット@¥2000
    ⇒3種盛り+ドリンク
    ⇒ラムキーマ+ポークキーマ+ポークビンダルー&ホットコーヒー

 スペシャルセットとは


こちらについてはどうやら、3種盛りにドリンクをセットできるらしい。なんだ。てっきりホットコーヒー別料金かと思っていたら、セットにできるんじゃん。

ってことで、ホットコーヒーを飲むべく、スペシャルで。

 ホットコーヒー(改めて思ったこと)


1bdcf780-09f5-4b91-b141-97badbd02528

前回も書いたんだけど、ここは「カレーとコーヒーの店」ってことで、自家焙煎のコーヒーには独自のこだわりを持っており、それこそコーヒー専門店も別で作っているほどだ。

で、改めて飲んでみて思ったのが、ぼくは元来的にブラックコーヒーはすごく苦手なのだけど、「ぼくはこのコーヒーならブラックでも行けるかもしれない」ということだ。

確かファミマかどこかのコーヒーのキャッチコピーに、「本当に旨いコーヒーはブラックでも甘みがある」的なことが書いてあったと思うんだけど、正にそれを体感した気がした。

なんというか、雑味がないと言うか「余計な味や苦味がない」のだ。

コーヒーを深く語れるほどコーヒーのことなんて何も知らないぼくですら、「そもそも水からして違うんだろうな」ということがわかるくらいに、飲み口自体がスッキリしていることがわかる。

その上、ブラック特有の苦味と酸味がなく、豆特有の香りからくる「豆本来の風味」みたいな物が感じられて、それが結果的に「甘み」につながっているんだと思う。

後は、カレーと一緒に飲んでいるというのもあると思うが、とにかく、次回からは砂糖もミルクもなしで最後まで飲んでみようと思った。多分行けるはずだ。

 ラムキーマとポークキーマ食べ比べ

29610af8-a2e1-485b-83d3-512fc3d5c69e eb05b473-2e7f-4381-850a-b4f5374921ab
左の色が黒ずんでいる方が「ラムキーマ」で、右の明るい色のものが「ポークキーマ」です。

注文時、「今ならラムキーマをポークキーマに変更できますけどいかがですか?」って聞かれて、「寧ろ、さつまいもチキンを外してラムとポーク両方がいいです」って言ったら「本当にいいんですか?味付けが多少異なるだけでほぼ一緒ですけど」ってめっちゃ確認されたwま、そりゃそうだよねw

でもここのラムキーマがあまりにも旨すぎるるのでキーマを外したくなかったし、食べ比べたかったので、あえてそうしました。てか、次回もおそらくそうすると思います。だって、まじでここのキーマ旨いんだもん。

で、肝心のポークキーマのラムとの違いについてですが、一言で言うなら「ラムよりちょっとあっさりしている」ってくらいで、殆ど違いはなかったですねw

辛さと油っぽさや濃厚さってことで言えば断然ラムの方がパンチがあるので、ここのラムキーマが最早癖になっているという人は、別に無理してポークに行く必要はないですね。

逆に、「ラムが苦手」って人はポークにしておくといいでしょう。ラム特有のしつこさや臭みがなく、スパイシーさが一緒って感じなので、おすすめです。

 まとめ


「1食¥2000」って冷静に考えてむっちゃ高いんだけど、休みの日になると途端に行きたくなるんですよね。

この調子だと、来週もまた足を運んでしまいそうだ。てか、こんな物書いてるから行きたくなるんだw

ごちそうさまでした。