2ヶ月くらい悩みに悩んだ末、ついにワイヤレスイヤホンを購入した。

ワイヤレスイヤホンそのものは、過去に何度か購入したことはあった。でも、鬼のように激安な¥1000しないようなもので、それはそれはゴミみたいな代物だったりしたので、数ヶ月前にJVC(ビクター)の¥5000台のものを購入した。

ぼくからしてみたら、これでも結構奮発したほうだった。

何故なら、今までに購入したワイヤードのイヤホンで最も高かったものは「¥2980」とかそれくらいで、結局の所、JVCの¥1980のものが一番音もコスパも良かったので、ずっとそれを使い続けていたからだ。

なので、イヤホンに¥5000以上も出すとか、「そこまでする必要あるか?」という感覚が拭いきれず、ワイヤレスイヤホンに対する興味はありつつも、ずっと二の足を踏んでいた。

しかしもういいかげん「コード邪魔!」って思ったので、JVCのワイヤレスを購入したはいいけど、使い勝手そのものは決して悪くないのだけど、肝心の「音」が全く良くなかった。

で、友人とも話した結論として、「やはりワイヤレスイヤホンは¥10000以上のものでないとダメだよね」ってことに行き着いた。

その末に購入したワイアレスイヤホンについて、レビュー的なものを書きたいと思います。

 購入したのは
 「Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro」


これ。
¥12980ということで、ワイヤレスイヤホンとしては、割と手堅いところなのではないかと思う。

 Anker Soundcore Liberty Air 2 Proの
 良かった所


 ケースがかっこいい


まず、製品のケースがなかなかかっこよかった。
まずは表のジャケ。
d0af48d1-e50e-4a05-89b0-d4f9f95d2ca6

裏面。
3acdb817-c64d-4e0f-9528-f27f59ed4516

で、これどうやって開けるんだろうと思ったら、本開きだった。

3fe925bd-35c4-4501-bd12-986be3c383ea

しかも磁力でピタッとくっつくタイプだった。すげえ。開閉の感触が気持ちいい。で、本体が格納されている部分も更に透明のケースに覆われていてる。

それを開いて、取り出すとこんな感じ。

bc1b5338-12da-4dfa-8972-daee487c0d9f

本体もdocも、もう取り出しちゃった後なんだけど、箱の中の上部には、USBケーブルが格納されていて、下部には取説が入ってました。

で、更にこの取説が3部構成になってました。

0e3aafe8-f0ab-41f1-9832-14796e852483

内訳としては「クイックスタートガイド(実質的な取説)・製品保証カスタマーサポート・数ヶ国語で書かれた取扱い上の注意」でした。

製品保証カスタマーサポートには、24ヶ月保証するよってことと、公式氏サイトのQRコードと、カスタマーサポートの電話番号が記載されてました。

そして、この説明書類の更に下に驚くべきものが隠されていて、初めて見たときはびっくりしました。

 イヤーピース多すぎワロタ


その驚くべき中身とはこれ。

6046a0b2-8ca0-4839-b9f1-6d788020bad7

いや、多いなw

普通、イヤホンに付属されているイヤーピースってせいぜいあっても「S・M・L」くらいだと思うんですけど、この商品には「XXXS・XXS・XS・S・M(デフォルト)・M+・L・L+・XL」の9種類もあったw

まあ、こんだけあったらどれかは合うよねって話。

 対応アプリがある


26918019-d992-4e47-bb46-93c74b0ca282

個人的に購入の決め手となったポイントの1つが、アプリで各種設定等が行える」というところ。これは非常に便利じゃないでしょうか。

その中でも特に驚いたのが以下の機能について。

 イヤーチップ装着テストができる


d17f0707-b291-431b-b100-5f76c0d84881

これやばない?

アプリ上で装着感が適切かどうかを確認できるんだけど、これ何気にすごいと思う。

しかも、初めて知ったのだけど、人間の耳の穴の大きさって左右で違うこともあるらしいため、左右同じサイズだと、画像のように片方は良くても片方が合わないということもあるらしい。へー!

なので、そういう場合は左右で違うサイズをあててね、とのことだった。

で、ぼくは最初の数日はデフォルトのMサイズで使用していたけど、やはりなんか小さいような気がしたので、何度か確かめて、結局最大サイズの「XL」に行き着いた。

 イコライジングもアプリで調整


87e9d40f-8bc5-4378-905a-11f7e2df74c5

これも結構個人的には便利。ぼくは、いじれるならEQをいじりたい人なので。

でもこの手のEQでプリセットされているものから選ぶとなると、普段聞く音楽はロック中心であったとしても、大体「R&B」とか「HIPHOP」に落ち着くことが多い。

ぼくにとってはこの2つが低音が心地よくて、最も音のバランスが取れている気がするから。

実際、大昔に曲を作っていた時のレコーディング時に使用していたMTRでも、やはりプリセットされていたHIPHOPのEQでTDすることが多かった。トレブルが抑えられて、ドラムの音がいい感じに柔らかくなるので。

で、ここまであるのだから当然EQのカスタムも可能で、ぼくはR&Bのものを少しいじる形で利用している。

 操作のエディットもアプリから可能


f404cad6-fc27-4a9c-8d8f-d1594979ea20

まず、この商品についてはイヤホン自体に「ボタン」がないため、タッチセンサーによる操作となるんだけど、それをカスタマイズできるのがありがたい。

タッチセンサー故、デフォルトだとシングルタップでは何も操作はできず、ダブルタップで初めて操作可能となるんだけど、デフォで割り当てられている操作があまりにも使い勝手が悪かったので、意を決してシングルにもいくつか割り当てた。

だが、このタッチセンサーの感度があまり良くないというか、反応が鈍い気がして、正直あんまり好きじゃない。

 あんま良くなかった点


 音割れがまあまあある


EQを色々いじれるし、低音はしっかり出ているので音質自体は悪くないのだけど、ちょっとでもボリュームが大きくなると、すぐ音割れする。

低音もそうだし、何より中音域でのヴォーカルの「さ行」の発音とかで音がザラつくのがちょっと気になる。

ノイズキャンセリング機能があるので、そこまで大きくする必要はないのかもしれないけど、やはり外で聞いてると、特にAmazon Musicなんかだとボリュームが足りなすぎる。

なので、ついMAXまで上げたくなるのだけど、HIPHOPくらいならまだ気にならないけど、lynch.みたいなラウドロックだと、低音の音割れがまあ酷いのなんの。

まあ、「ワイヤレスイヤホンってそういうもんだから」と割り切るしかなさそう。以前のJVCのに比べれば遥かに音はいいので。

 タッチセンサーが個人的に使いにくい


先述したんだけど、タッチセンサーという物自体が非常に使いにくい。JVCのときはボタン式だったので、「ボタンを押した感触」で確かな操作感を得られていた。

けど、こっちだと操作感が得られない上に、その感度が頗る悪いので、結局はスマートフォン本体で操作することが多くなっている。

 まとめ


音割れがすごく気になってしまうところではあるものの、以前のJVCのように低音が全く出ず、ミドルしか聞こえないペラペラなものに比べたら遥かに音はいいし、イヤーピースのフィット感はやはりすごくいいので、なんかんだいい買い物をしたと思う。

途中で壊れでもしない限りは、長い付き合いになりそうです。