71MdY69-r6S._AC_SL1500_
サンヨー食品 貝節麺raik(ライク)監修 貝だし塩らーめん


まあまあ旨かった。
が、スープの癖が強すぎる感も。

このお店は、2018年に東京杉並にオープンした店のようですね。

06cf5750-e59a-43f0-9a70-a886f5b5358f


  貝節麺raik(ライク)監修 貝だし塩らーめんの
 「カロリー&PFC」


33485cf0-2a78-4077-bbf2-a579d66447c2

内容量:91g
(麺:70g)
カロリー: 421kcal
タンパク質: 7.9g
脂質:19.0g
炭水化物: 54.6g
食塩:5.8g

麺量70gということで、レギュラーちょい増しサイズということで、ちょっとだけ全体的な数値が高いですね。塩系フレーバーってことで、タンパク質低め・脂質高めな感じになってます。

※原材料名はこちら
9f664f06-63b0-494e-bc1b-27d857c2e819

※アレルゲンはこちら
dacc2d64-bd3c-4118-96f5-64ba0aba61a8


  貝節麺raik(ライク)監修 貝だし塩らーめんの
 「かやく&スープ」


6df30a35-325c-4897-835e-713930118ea9

サンヨー食品ということで、おなじみ「仕上げの小袋」というなの調味油です。

かやくはこちら。

9630288d-774f-4aec-97a6-f7988b4adc09

かやくの内訳としては「味付け鶏肉そぼろ・フライドオニオン・ねぎ」でした。で、例によってセブンの冷凍ねぎをブチ込みました。

34028b0b-d3d0-4dc1-a36f-811fd2814e3c

で、問題のスープなんですが、塩系フレーバーなんで、見た目は非常にあっさりしていて、口当たり自体も悪くはなく、油感も程よい感じではある。

けど、商品名からもわかるように「貝」から出汁をとっているようで、その貝特有の「潮感」みたいな癖が結構強めだなと感じたので、アサリとかしじみが苦手な人にはキツイでしょう。

ぼくは貝については決して嫌いではないし、どちらかというと好きな方だけど、なんか「ラーメンのスープ」としては違和感を感じてしまって、「これならもう少し油感強めで包んでほしかったかな」と思った。

  貝節麺raik(ライク)監修 貝だし塩らーめんの
 「麺」


d543c173-d2d2-406b-8d43-d131e020e84d

「極細ストレート麺」でした。

見た目、食感・のどごしどれをとってもぼくの大好きな所謂「博多麺」なんですけど、これ塩ラーメンでは結構珍しくないですかね。

所謂「とんこつラーメン」の麺なので、バリカタ好きな人は、早めに引き上げちゃってもよいのではないかと思います。

 まとめ


前回の「仙台 嘉一 極鶏だし中華そば」とは対照的に、スープの方に足を引っ張られた感というか、好き嫌いが分かれそうだなというところでしたね。まあまあ旨かったけど、リピートはしないかなあ。

ごちそうさまでした。