ぼくは普段、メンタリストのDaiGoさんの動画とかをよく見ている事もあって、たまに「恋愛系のHow To動画」なんかも見ることがある。

下心的な部分があることは否定はしないが、どちらかと言うと純粋に心理学的な興味から見ているんだけど、非常にタメになる動画をたまたま見つけたので、今回はそれをシェアしたい。


【デートの誘い方】ウザがられない誘い方!!断られやすい誘い方で、心地良い関係を築け!!

この動画で初めて知ったのだけど、この方、お笑いコンビ「ピスタチオ」の人なんですね。そう言えば、歌舞伎町でホストやってたって話を聞いたことがある気がする。

しかし流石元ホストだけあって、説得力がありますね。

 直近でのデートを軽めに申し込む  
 ⇒断りやすい


相手が簡単に断りやすいのでは意味がないじゃないかと思うかもしれないし、ぼくも一瞬そう思ったけど、どうやらそうではなく、「心理的ハードルを下げる⇒警戒を解いていく」ということなんだと思う。

更には、当日中の急な誘いを何回かおこない断られることで、「そう言えば何度か誘ってくれたあの人がいるじゃん」という風に、「逆に相手側も急に誘いやすくなる」という関係値も出来上がるというのはなるほどと思った。

これについては過去に取り上げた、同じく歌舞伎町のホストである「社美緒(やしろ みお)」さんの動画ででも、似たようなことについて言及されていた。

※関連動画

【杜 美緒】ホストクラブのカリスマオーナー実践!営業LINEの内容を大公開 !!【社塾 -02-】

この中で、「返信がない」からと言ってすぐに諦めるのではなく、毎日決まった時間に連絡がつくようにしておくと、いずれ必ず連絡が返ってくるというとだった。

伊地知さんの動画に話を戻すと、負担なく断れる状況を作っておいて、何度か断られておくことで、逆に相手側に「返報性の法則が働く」ということも考えられると思う。

※返報性の法則とは
人は原則的に、何かしらの施しを受けた際に、それに対して「何かお返しをしなければ」という心理が働く。この心理のことを「返報性の心理・法則」と呼ぶ。

 まとめ


断りやすい誘い方で、「相手の心理的負担やハードルを下げる+返報性の原理」によって、「別の機会に相手が受けやすくする」もしくは、「相手からも誘いやすい状態にする」ということですね。

勉強になった。