71cZewWlCvL._AC_SL1000_
サッポロ一番 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨


まあまあ旨かった。

でも桂花については実は10年くらい前、ぼくがまだ池袋のとらのあなでバイトしていた頃、ここのお店に行ったことがある。

だが、その時は「麺やわ」で注文しなかったこともあって、正直イマイチという印象しか残っておらず、どんな味だったかは殆ど覚えてかったのだけど、変な話、その時よりか旨いと感じた。

 「サンヨー食品バージョン」と
 「サッポロ一番ブランドバージョン」がある


まず、ぼくが今回購入したのは「サンヨー食品」のバージョンなんだけど、Amazonでアフィリエイトリンクを探しても全然見つからなく、ようやく見つけたと思ったら、同じジャケットだけどよく見たら「サッポロ一番」だった。

※こちらは今回ぼくが購入したほう。

2f6233c3-c82f-491e-ad3e-d92a0495c934

ここで初めて知ったんですけど、そもそもサッポロ一番って「サンヨー食品と言う会社のブランド」なんですね。サッポロ一番自体が会社名だと思ってたw

これはアレですね「ペヤング」みたいなもんですね。あすこは「まるか食品」と言う会社だし、「マルちゃん」は「東洋水産」ですものね。

 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨の
 「カロリー&PFC」と「アレルゲン」


07dd4762-5498-4a61-add2-595f97adb47e

内容量:123g
(麺:70g)
カロリー: 417kcal
タンパク質: 10.5g
脂質:13.6g
炭水化物: 63.2g
食塩:7.9g

麺量70gなので、レギュラーサイズのちょい盛りサイズ。でもノンフライなので全体的な数値は妥当ではないでしょうか。強いて言えば、黒麻油系の割には脂質が控えめって感じでしょうか。

同じ系統だと、一風堂が思い浮かぶけど、あっちは脂質も結構ガッツリあった気がするので、それに比べれば大分ヘルシーかなと。

原材料はこちらから
d956655b-da0c-4006-8c7a-b532ff63a034


 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨の
 「かやく&スープ」


05ea0980-011e-404e-bb99-f38e949f4728

内容物は3袋で「かやく・後入れスープ・後入れ特製調味油」でした。

かやくの内訳は「チャーシュー・茎わかめ・ねぎ・にんにく」とのことだったんだけど、正直茎わかめの存在に気付かなった。。。

あと、例によってセブンイレブンの「冷凍ネギ」を独自追加しています。

a4a59d54-5194-430a-9a38-eae22853b477

↑こちらは、スープを入れる前。かやくしか入れてないのに、既にこの感じ。ごまっぽい何かがたくさん浮いてます。

aa0e785c-adb7-4fb0-ad03-e69338f2f1e3

液体スープブチ込み。

9087b601-b850-401c-8eeb-cf62996c3e9f

後入れ特製調味油(黒麻油)ブチ込み。
入れてない状態の豚骨オンリーだと、やはりクリーミーですね。

85a51d69-28cf-4367-9cac-242853257af0

黒麻油ブチ込み(全マゼ)後。

これ厳密には「黒」マー油ではないんでしょうかね。いわゆる一風堂のあの感じとはまた異なっており、どちらかというと、歌舞伎町で食べた「熟成極豚ラーメン一番軒」を思い出しました。

※関連過去ログ

https://blogrider.tokyo/archives/21124148.html

なので、豚骨のクリーミーさよりは「油感」のほうが強く前面に出ていた感はありますね。とはいえ、このスープ自体は嫌いじゃないです。

が、特別印象に残るほどのパンチの強さもなかったですね。

 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨の
 「麺」


2fda9a57-5197-41b7-942a-fca5cf0cddaf

「中細縮れ麺」でした。↑はお湯入れ前。

dadcf96d-5a68-40da-8ef2-98c6a057f007

5分後。

こてこての王道的なとんこつラーメンでありながら極細面じゃないので、最初は正直「えっ」って思ったけど、これはこれで悪くないかもしれない。

でもやはりとんこつラーメンは極細のほうが合う気はする。

 まとめ


極細麺じゃないことの意外性は面白いとは思ったけど、でもやはり博多系豚骨ということであれば、ツルシコ系のノンフライによる麺よりも、そうではない状態での極細のほうが合うかなあという気もしますね。これはこれで旨かったけども。

ごちそうさまでした。