またしてもひろゆきさんの動画ですが、これはなるほどと思ったのでシェア。


あなたはどっちのタイプ?飲食店勤務で悩む男性の相談【ひろゆき切り抜き】

 飲食店に向いている人
 ⇒リアルタイム処理に向いている人


なるほどね。そうなるとぼくはこれ向いてないかもしれない。

長年のコンビニ経験から、ある程度その場その場での判断や対応を求められることが多く、そんな仕事を10年以上やってきていたので、その辺についてはある程度経験でカバーできる部分というのは確かにあるっちゃある。

でも元来的な向き不向きってことで言うと、ぼくは向いてない気がすると言うか、正直苦手だ。なので、この質問者さんの気持ちもよく分かるし、それに対する回答もそのとおりだと思う。

飲食店とかコンビニとか、接客業務の中でもかなり忙しい部類に入る言わば「接客土方」みたいなジャンルで仕事が上手い人って、よくも悪くも「すげー適当」だったりすることが多いんですよね。

で、その店・その会社・その業界しか知らないベテランの先輩とか上司は、大体パワハラ系だったりするので、「お前そんなんじゃ何処に言っても通用しないぞ」とか言ってきますけど、言われても気にすることはありません。

だってそれ、まんまブーメランですから。

それ言う人ほど、「お前、この店・この会社だから威張ってられるんだぞ?」って話なんですよね。マジでこの手の人ほど他所では一切使えない。

何故、言い切れるかと言うと、これ恥ずかしい話、コンビニでバイトしていた頃の自分が正にこれだったんですよね。ただその店に長くいるってだけで、自分は仕事できるやつなんだと勘違いしていた。いま思うと本当に恥ずかしい。

だって、その店の中の小さなルールの中で、自分のやりやすいようにやっているだけでしか無いですからね。井の中の蛙とは正にこのこと。

特に接客系の現場仕事って、仕事のノウハウとかその業務効率化とかって、あんまり共有されないですからね。そういう勉強会とかも少ないし。

というか、「業務効率化」という発想がないからこそ現場の空気が濁ってパワハラ化してくんですよね。要領のいい人や効率化を意識している人は、そもそもパワハラなんてしない。パワハラなんて、低能の産物以外の何物でもない。

話がそれたけど、こうした理由から、いわゆる即時的な対応を求められる現場仕事が上手い人は、往々にしてその逆のジャンルである「時間をかけて問題を解決していく仕事」が向いていないことが多い。

もちろん、必ずしもそうではなくどちらもうまくやる人はいるけど、それはそもそも地頭がいい人であって、そういう人はどんな仕事でもうまくこなす事ができる。

けど、傾向としてやはりそうじゃないことが多く、ぼくの勤務する会社にたまに入ってくる新人さんなんかも、「ああ、この人完全にジャンル間違えちゃってるな」って人がいる。

IT系の仕事って、良くも悪くも「適当な対応」でしのげちゃってた人にとってはやりづらいのかもしれない。

あと、何故かそういう人は「そもそもITリテラシーが高くないことが多い」というのもある。これ本当に不思議なんだけど。

 接客業が出来ないからと言って「無能」なわけではない


飲食店やコンビニのような接客土方って、誰でもできる仕事ではあるけど、それが出来ないからと言って、あなたが無能なわけではないから安心して。

要するに、どんなことにも「向き・不向き」はあるよねって話だから。

確かに、コンビニとかファーストフードとかカフェとかレストランとかって、「バイトの基本」みたいなところはあるし、誰しもが通ってきた道ではあるけど、それが出来なくても、立派な大人になれる。

人は皆、何かしらのスキルは持っているはずなので、それが発揮できる仕事を探せばいいだけだし、無いなら自分でそれを売っていけばいいだけだ。

だから、以前も過去ログに書いたように、無理に自分のやりたいことを探すというよりは「自分の得意なことや苦じゃないこと」を仕事にすればいいのだ。

それであなたのスキルが十分に発揮されてプレゼンスが高められて、必要とされるようになった時に初めて「自分が心の底からやりたいと思ったこと」が出てくることだってあるだろうから。

だから無理に頑張ったりする必要もない。堂々と楽なことを仕事にしていくべきだ。