91CourR8dbL._AC_SL1500_
ヤマダイ 凄麺 仙台辛味噌ラーメン


まあまあ旨かった。

 凄麺 仙台辛味噌味の
 「カロリー&PFC」



c19c6aa5-58d2-4799-95b7-e098f4c0a3d7

内容量:152g
(麺:65g)
カロリー: 352kcal
タンパク質: 12.1g
脂質:5.2g
炭水化物: 66.8g
食塩:8.6g

麺量65gのほぼレギュラーサイズ。

カロリー的には普通ですけど、以外にも脂質が低いですね。すごく濃厚に見えるから脂もそれなりにありそうに見えるのに。

って思ったけど、よくよく考えてみると、過去これまでに散々レビュー書いてきた中でも「味噌系」って実は脂質がそんなに高くないんですよね。

で、何度も言ってますけど、カップラーメンの中では「塩系」が概ね高脂質で、昨日の「背脂醤油」みたいなのも高い。

これって要は、味噌自体にそもそも脂がそこまで含まれておらず、味だけが濃厚だからでしょうね。いずれにしても、凄麺シリーズは概ね減量食に非常に向いていると思います。

※アレルゲンはこちら
1f73d629-391a-456b-855f-35b12a711819


※原材料名はこちら
dc8aac29-86e4-494c-bd94-ff69faf49b3e



 凄麺 仙台辛味噌味の
 「かやく&スープ」


3b6ac831-ae74-4885-be84-878651232a24

3袋入りで、内訳は「かやく・調理済み具材・後入れスープ」でした。

「かやく」の方は「キャベツ・ネギ」で、調理済み具材は「もやし・にんじん」でした。生のもやしってことでいうと、「マルちゃんのでかまる」と同じですね。

※過去ログのリンク貼ろうとしたけど意外なことに書いてなかった。

で、後入れの液体スープをブチ込んだところがこちら。

cdc18be6-5094-4d77-a075-8dd7bd76bdeb

赤いですねえ。味噌ってますねえ。もうこの時点で辛味噌感まんさいで、濃厚さが伺えますね。

で、具材もろとも全部ブチ込んだところがこちら。

b87df02e-4993-43e3-a1de-380eedbf90f3

いや、でかまるやなあ。
そしてスープ。

549e65f1-d79c-46f6-aa8d-6d600f229a00

やっぱり赤いですねえ。辛味噌なので、唐辛子がところどころ浮いているのがわかります。

で、実際辛味噌ということもあって、酸味を伴うピリ辛でしたが、あくまで「ピリ辛」なので、辛いのが苦手な人でも全然行けると思います。


 凄麺 仙台辛味噌味の
 「麺」


c4bd5d1f-68f0-4714-9a67-309732c3e80e

中太平縮れ麺です。

ぼくは常々、「太麺は好きじゃない」と言い続けてはいますが、この手の濃厚な味噌ラーメンとかの場合であれば、ちょっとぐらい太くてもいいかなとは思ってます。何だかんだ結果的にその方がスープとの相性もいいと思うので。

けど、これはこれでやはり非常に良いですね。この場合細すぎてもダメなんですけど、何より「平縮れ麺」ってところが大きなポイントなのかなとも思った。

というのも、ぼくはかねてより「ノンフライ麺+味噌」って実は相性あまり良くないのではないか、って思ってたんですよ。

ノンフライ麺って大分「ツルシコ」の中でも「ツルツル」の要素が非常に強くて、麺にスープが絡みにくいと言うか、滲みにくいような気がしてたんですよね。

ところがこの場合「平縮れ麺」なので、ツルシコでも絡んだスープが流れにくいのかなとも思ったんですよね。

 まとめ


長々語っておいてあれですけど、ここ最近続いた凄麺シリーズの中では、実はそこまで評価は高くないです。

でもこれは決して悪い意味ではもちろんなくて、「他があまりにも良かった&自分の好みだった」というだけのことです。

なので、これをリピートするかどうかは非常に微妙ですが、旨かったのは旨かったです。今度は「札幌の味噌」と食べ比べてみたいところです。

ごちそうさまでした。