ネットビジネスをやっているので、ビジネス系ユーチューバーの動画をよく見ます。

その中で「稼げる人の共通点」とか「稼げない人の特徴●選」みたいな動画は本当にたくさんあって、そのどれもに共通しているのはやはり「マインドセット的な部分」についての言及だったりします。

ただ、もう何年もネットビジネスをやって、その手のビジネス書なんかもしょっちゅう読みつつ動画を見ているものからすると、正直もう聞き飽きたというか、クリックせずとも内容は大体予想はつくんですよね。

ところが、DaiGoさんの場合はあくまで、心理学や脳科学を始めとした「メンタリズム」と言うものに基づいての内容だったり、科学的エビデンスに基づいた内容についての話だったので、これは目からウロコだった。

だが、結局の所これこそが本質であり、本来わかっていたことの筈なのに忘れてしまっていたことのようにも思えたので、それを忘れないためにもシェアしたい。

いい副業の見つける人、見つからない人の違いがこちら

タイトルは「いい副業を見るけられる人と、そうでない人との違い」みたいな書き方をしてますけど、話の内容そのものは「稼げる人と稼げない人との違い」という、より本質的な話だった。

そしてこれは、ネットビジネスや、副業で稼ぎたいと思っているぼくにとって、目を覚まさせてくれるような話だった。

結論から言うと、ファースト目的が「お金のため」だと「創造性が低下するからうまく行かない」ということだった。

お金そのものが主目的化することで、大して経験も興味もないことをやってしまい長続きしないため稼げずに、面白くなくなって辞めてしまということだそうな。

なので、いきなりお金のことを考えるのではなく、まずは自分の好きなことや得意なことでマネタイズできる方法は無いかということを考えたほうがいいと言うことだった。なるほどね。

確かに、バイトや社員としてどこかの会社に所属しているのであれば、モチベやらやりがいなんてものはなくても「給料」と言う形で、自動的にお金は入ってくる。

だが、自分で受注するタイプの仕事や創造性を必要とする仕事を「副業」としてやろうとした場合、そもそも「お金が入ってくることが約束されていない」のだから、お金だけを目的としてしまうと継続自体が難しいだろう。

アフィリエイトを始めとするネットビジネスで、ことごとく失敗に終わる(途中で諦める)人が多いのは、正にこれが要因だろうと思える。

そういう意味でぼくは、自分の得意なことをそのままお金に変えようとしているので、いま自信しかない。

絶対やったるわ。