41wzAkOQkTL._AC_
エースコック 一度は食べたい名店の味PREMIUM 麺処花田濃厚味噌ラーメン


めっちゃ旨かった。

実はこのカップ麺、昨年2019年の11月にも「マグ型カップ麺」で出ており、その時にどうやら食べてたようでした。すっかり忘れてた。

※関連過去ログ

https://blogrider.tokyo/archives/21768708.html

前回食べたこと忘れてるくらいなんで、正直大したことがなかったんでしょうね。けど今回、かなり新鮮な気持ちで「旨い!」と思えたので、前回より良くなってるんだと思います。

前回のレビューを読み返しながら、今回のレビューを書きたと思います。

 麺処花田濃厚味噌ラーメンの
 「カロリー&PFC」


e6bc343b-26a4-4dc3-8a29-e47fba4bc7de

内容量:105g
(麺:65g)
カロリー: 388kcal
タンパク質: 9.9g
脂質:11.2g
炭水化物: 61.8g
食塩:6.5g

麺量65gなので、ほぼレギュラーサイズですね。

そう考えると、「カロリーはほんのちょっとだけ高いけど、脂質が低い」というものとなります。まあ、ノンフライ麺なのでこの脂質の低さってところですね。


 麺処花田濃厚味噌ラーメンの
 「かやく&スープ」



e8fdcd86-fe01-487c-85f8-18c2c669215d

3袋入ってました。内訳は「かやく・粉末スープ・液体スープ」で、粉末スープが先、液体スープが後入れです。まあ、このへんは普通ですね。

53d72dbd-48b6-4281-808a-f8a32f2cb58b

かやくをブチ込んだところです。かやくの内訳としては「キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、もやし、メンマ」と、カップ麺としては割と種類豊富ですね。

やはり名店再現系のカップラーメンの場合、どんなに麺やスープの再現度を高めても、結局かやくがしょぼいと「コレジャナイ感」がどうしても生まれちゃうと思うんですよね。そうでなくても「カップ麺」って時点でそうなるのは不可避なわけですし。

そこへいくと、この麺処花田のカップ麺については、一切手を抜いてない感じが伺えますね。まあ、実際の店舗で一度だけ食べたことあるんですけど、実際スープと野菜が非常に印象強かったので、麺よりむしろこっちに力を入れないと意味がないみたいなところもあるでしょうしね。

20a1bcad-148e-4233-a599-18ae1f26e41d

液体スープブチ込み。

ffea1faf-c233-4d9b-b3c1-c45b52086158

ブチ込みまぜまぜ後。めっちゃピンぼけしてるw

先述のように、実店舗のものはスープが非常に濃厚でめちゃくちゃ旨かったので、そのクオリティに達しているかと言うと、そこまでではないかなと言うところ。

悪くはなかったけど、正直そこまで印象も強くない感じですね。

 麺処花田濃厚味噌ラーメンの
 「麺」


5a75db3c-f2a5-4134-a9ac-6f80c6fbacd5

お湯入れ前。いかにもノンフライという感じの透明感のある感じですね。

877e9a2c-93ca-4a67-a8fc-3babcad8c4aa

「太平縮れ麺」です。個人的にはこっちのほうがインパクト強かったかもしれません。

というのも、見た目的にはとてもノンフライには見えないんですが、でも見た目のどっしり感とは裏腹に、非常に軽やかかつなめらかで、スルスルと入っていき、のどごしも柔らかくて、非常に心地よいですね。

この辺りの軽やかさと言う意味では、なんか、過去に食べた「狼煙」を思い出しました。

※関連過去ログ

https://blogrider.tokyo/archives/24206378.html

狼煙は魚介系なので、スープはまるっきり間逆な方向性なんですが、麺は非常に近いですね。というか、こっちも同じく「エースコックのプレミアムシリーズ」でしたね。

で、10年くらい前に実際の店舗で食べた時は、とにかく「え~。うどんじゃん」って思って、コシも非常に強くて麺はそんなに旨くなかったと言う印象だったんですけどね。

なので、それがいいのか悪いのかという是非はさて置き、ぼく個人的には実店舗のものより、こっちのほうが断然好きです。

 まとめ


とりあえず実店舗経験済みということで買っては見たものの、「実際そんなに好きじゃなかったからどうせ大したことないでしょ」と高を括っていただけに、いい意味で裏切られました。これは非常に美味かったです。

気が向いたらまた買うかも。ごちそうさまでした。