このブログでたまに書いているけど、数年前からアフィリエイトを始めとするネットビジネスをやっている。

その過程の中で、色んな本を読んできたり、動画を見たり聞いたりしているので、もうある程度マインドセットも固まってきてるし、動画のタイトルやサムネだけで「この人が何を言いたいのか」ということについてはわかるようになてきている。

だが、今回シェアするこの動画は、そういう意味でちょっとだけ予想外だった。


オンラインサロンに入っても稼げないよ。

タイトルの煽りからして要するに「オンラインサロンに入っただけでは意味がなく、ちゃんと自分の頭で考えてキチンと【行動】をしないと結果は出ませんよ」という内容なのだと思っていた。

だが、内容的には少し異なる切り口で、具体的には以下のような内容だった。
  • インフルエンサーと同様に稼ぎたいと思っても、そもそもインフルエンサーになること自体のハードルがバカ高く、ある程度、土台となる要素やセンス等も要求される。

  • ネットビジネスでいちばん大変なのは「集客」だから、「ネット広告を勉強しろ」
「ネット広告を勉強しろ」ってことに関しては、確かに当然っちゃ当然なんだけど、これは目からウロコだった。

「自分はインフルエンサーではないし、その手のスキルがない」ということを自覚しているが故に、その弱点を逆利用して、「ネット広告」というものと正面から向き合い、正しく利用し、結果を出しているというところがすごいと思う。

確かに小玉さんって、以前からYouTubeチャンネルもやっていたりはしたけど、マナブさんやイケハヤさんほどの知名度があるわけでもないし、ホリエモンさんや与沢翼さんほどの影響力があるわけでもないけど、でもTwitterとかFacebookで「広告」はよく見かけるんですよね。

しかも、前回のエントリでも軽く触れたように、ぼくはぼくで、いま新しいことに挑戦しようとしていて、その中で「ネット上の広告を使って集客する」ということについて考えているところだったので、非常に参考になった。

鴨頭嘉人さんも、事業収益の大半を広告費に突っ込んでいるということを言っていたし、やっぱり、どんなにいいものを作っても、結局「人の目に触れられないと何の意味も価値もない」んですよね。

なので、ビジネスの最大の命題である「集客」という部分に対する最適解を、改めて再認識できただけでもこの動画を見た価値があった。