■お題:なかなか寝付けない時どうしますか?■  2段階あります。 ・1段階目:仰向けで目を瞑り、ほぼ「気をつけ」に近い姿勢で布団の中でじっとする。  要するに「何もしない」ってこと。ただひたすら目を瞑って何も考えずじっとしているだけで、気づくと落ちてる。  しかし、妙にハイテンションなときなど、1段階目でうまく寝付けない時などが、たまーにですがあります。  そんな時は2段階目。 ・2段階目:自慰行為 ⇒ 布団の中で余韻に浸りながら、ひたすらエロいことを考える。  何言ってんだって思う人もいるかもしれませんが、あくまでも自分の場合は、これでうまくいくことが多いんです。  性的欲求が満たされた時ってやっぱり最高にリラックスできると思うので、SEXや自慰行為自体で眠くなれればもう何も言うことはなく、そのままでいいんですけど、パートナーがおらず独りでの自慰行為の場合、逆に寝付けなくなることも往々にしてあるので、そんな時はひたすらエロい妄想を脳内でドライブさせます。  その時の妄想は、より具体性を帯びていればいるほどいいような気がします。  一見逆効果のようにも見えるかもしれませんが、意外とそうでもありません。  と言うのも「自分を妄想の世界の中で映像化していく」という作業って、意外と頭を使うからなのか、割と大変だったりします。  あと、これは恐らく僕だけではないと思うんですけど、その作業において、ちゃんと集中してストーリーを映像で組み立てて、しっかり最後まで自分を連れていける人って恐らくいないんじゃないかと思う。  大抵、雑念が入って気づくと全然違うことを考えていたりする事が多いんですよ。  で、そうこうしているうちに、気づいたら眠ってたみたいな事が多い。  寝付けない原因って人それぞれ色々あるとは言え、一番多いのって「明日のことを考えているから」だと思うんですよ。  「明日への焦り」みたいなものが不眠をドライブさせてしまっているんだと思うんです。  なので、布団の中では一切明日のことなんて考えず「欲望とそこから得られる最高の快楽に浸っている最高にハッピーな気分」を妄想しながらそこに浸っていると、恐らく脳内からそれ的なものが大量に分泌され、安眠を促進する気がします。  いちいち調べたわけじゃないんでわからないですけども、イメージ的に。