脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:X_JAPAN

    51S4PDAC78L

    X - VANISHING VISION(1st ALBUM)
    1988年4月14日リリース
    • YOSHIKIが立ち上げたインディーズレーベル「エクスタシー・レコード」よりリリース。
    • 型番は「EXL-001」 ※当初はアナログ盤でのリリースのため型番の「L」は恐らく「LP」の意味と思われる。
    • HIDE(hide)加入後、初のアルバムだがこのアルバムで腱鞘炎になる。
    • 初動1万枚という、当時のインディーズとしてはありえないくらいのヒット。
    • 後に5000枚限定で「ピクチャーディスク(盤面が画像になっている)」がリリースされ、1990年頃のレートですら「¥50000」程度のプレミアになった。

    ●収録曲

     1. DEAR LOSER
     2. VANISHING LOVE
     3. PHANTOM OF GUILT
     4. SADISTIC DESIRE
     5. GIVE ME THE PLEASURE
     6. I`LL KILL YOU
     7. ALIVE
     8. KURENAI
     9. UN-FINISHED

    31年前の今日リリース。
    中学1年生の頃に初めて聞いた時は、言葉を失うほどの衝撃だった。

    あまりにも過激で衝撃的すぎたからか、中1当時、友達の家でこのアルバムを流しながら必死にレコメンドしていたら、「M2. VANISHING LOVE」のギターソロに差し掛かる前の段階で「あ、ちょっと、もうそろそろ親が帰ってくるから、止めるね」と言われたのは、今となってはいい思い出。

    そう。この当時は、「ロック=不良」というイメージが、まだほんの少し残っていた時代でもあったのだ。

    そんな中で、そうした既成概念や形骸化された価値観等、すべてを打ち砕きその破片をも吹き飛ばすかのような、そんな火力と破壊力と殺傷力の強いアルバムを、彼らは20代前半の頃、インディーズで既に作っていた。

    リリースされた1988年は、おりしも「第二次バンドブーム」の真っ只中で、そうしたムーブメントの後押しもあって、当時のインディーズシーンでの売上としては異例となる「初動で1万枚」という記録も打ち立てた。

    間違いなく日本の音楽シーンに一石を投じ、メジャーシーンに対する宣戦布告として、アルバムジャケットのように、「X」の文字を深々と切り刻んだアルバムだと思う。

    例によって「続きを読む」以降で、全曲解説をします。

    【【×年前の今日】1988年4月14日:X - VANISHING VISION(1st ALBUM)】の続きを読む ■EDIT

    91uXcjsZ-RL._SL1500_


    1993年1月21日リリース

    ●収録曲
    1. FROZEN BUG / M*A*S*S (hide + J + INORAN)
    2. STATE VIOENCE STATE CONTROL / CONTROLED PKO
    3. JESUS SKY / VIRTU PSYCHO MARE
    4. GENDER BENDER / SUPER PLANET
    5. BUTTERFLY SONG / B-2 DEP'T (EX DEP'T SK)
    6. SINK (2010 MIX) / M-AGE
    7. WALKING EYES (RUNNING EYES) / ASKA KANEKO WITH MACEO PARKER
    8. BELIEVE / LUCY'S DRIVE
    9. UNKNOWN / PAINT IN WATERCOLOUR
    10. PERSONALITY OVERLOAD / NINETY SEVEN PERCENTS
    11. DESTRUCTION / PORNOGRAPHY
    12. REVIVE / SUGIZO


    26年前の昨日リリース。

    前回取り上げた、Extasy Recordsのバンド「Giiles de Rais - 殺意」と全く同じ日にリリースされたアルバム。

    まず、全体的なジャンルで言うと、所謂「インダストリアル」というものになると思う。ラインナップ的にも、所謂そっち系の人たちばかりだが、彼らのことはぼくでさえも殆ど知らない。多分、当時からだれも知らないような人たちばかりだったと思う。まじで知らない。

    で、そんな中、当時Xのギタリストだった生前の「hide」と、当時はまだ無名にも等しかったメジャーデビュー直後の「LUNA SEA」のGt. INORANとBs. Jと3人で「M×A×S×S」というユニットを結成し参加するということで、当時のV系好きの間では少しだけ話題になった。

    何しろ、この3人でV系専門誌である「SHOXX」の表紙を飾って特集が組まれていたくらいだ。当時中学生だったぼくは、その当時のSHOXXを定期購読していたのでよく覚えている。

    ※なので、恐らくシリーズとしては今作が一番売れていると思う。

    また、その3人以外にも、同じくLUNA SEAからGt. SUGIZOがソロで参加していたりということで、少し遅れてこのアルバムを中古か何かで購入して聞いた覚えがある。

    因みに、このSUGIZOの「REVIVE」という曲は、一聴するとSUGIZOの「静」の部分がフィーチャーされた美しいヴァイオリン曲ではある。

    しかし、曲の後半で破壊的なノイズを放出するところがあったりと、X JAPANのART OF LIFEのピアノソロを彷彿とさせるようなカオティックな曲で、のちのSUGIZOの片鱗を伺わせるような曲になっている。

    hide、INORAN、Jによる「M×A×S×S」も含め、それぞれのバンドでは絶対に表現しにくいような実験的要素がふんだんに詰め込まれたコンピレーションアルバム。

    前回の「Gilles de Rais」を書いている最中に情報収集していた時に、偶然このアルバムも同日リリースと知って、慌ててこうして記事として書いてしまった。

    そして、思わずAmazonで衝動買いしてしまった。中古でめっちゃ安かったから。

    ■EDIT

    ●今日お誕生日の楽曲
    ・X - ENDLESS RAIN(2nd SINGLE)
    ・X - SAY ANYTHING(8th SINGLE)

    【【×年前の今日】12/01:Xのシングル2枚(ENDLESS RAIN、SAY ANYTHING)】の続きを読む ■EDIT



    Say Anything | น้องคริสต้า น้องแพงจัง | X-japan | We Kid Thailand เด็กร้องก้องโลก


    コレやばい。すごい。不覚にも泣きそうになった。

    2人の(恐らくタイ人の)小学生と思われる女の子が、X JAPANのSay Anythingを日本語でカバーしているわけなんだけど、二人共小学生とは思えないくらいものすごく上手い。特に、二人目の子の英語からの入りがすごくかっこよかった。

    英語の発音も非常にいいのはもちろんのこと、日本語の発音も、一部怪しいところはあるものの、日本語の難しさを考えたらよくぞここまでキレイに歌い上げたと感心する。

    あとはなんと言っても、サビに来た瞬間のハモリの非常に美しいこと。音を切るタイミングだとか、完全にピッタリ重なっているわけではないけれど、それでも十分美しい歌声。

    また、ピアノのあんちゃんも非常によくやっていて、アレンジの仕方は非常に見事だと思った。オリジナルで言うギターソロの部分は正に、このあんちゃんのソロパートなわけだけど、緊張からか一瞬乱れはしたもののそれでもすぐに立て直し、非常に美しいソロを奏でてくれた。


    YOSHIKIのいう「100年先にも残る名曲」とは――

    こうして聞くと、この曲普通にすげえいい曲だなあと思う。以前、「ART OF LIFE」のレビューで「ここが彼の才能のピーク」と書いたけど、正にこの曲についても、彼の全盛期を象徴するような曲とも言えると思う。

    ※関連過去ログ
     【×年前の今日】X JAPAN - ART OF LIFE(メジャー3rd ALBUM)

    だがYOSHIKIは、度重なるレコーディング遅延について「100年先にも残る曲を作ろうと思うと、どうしてもそれくらい時間がかかる」なんて素人くさいことを言ってたけど、「時間かけりゃいいものできる」なんてのは、そんなもん当たり前だろって話でね。

    そもそも「100年先にも残るいい曲を作りたい」なんて、作曲家なら(少なくとも潜在的には)誰しも当たり前に思っていることなはずで、みんなそれ目指して頑張ってるわけじゃん。

    いや、直接的に「100年先にも残る名曲を」なんて考えてなくても、誰もが皆それに近い気持ちで1曲でも多くいい曲を残すように、曲を「作って作って作りまくる」んだろ?って話。

    けど、たかだか1曲完成させるのに、あーでもないこーでもない言いながら何年も時間かけて、再結成しているにも拘らず、20年以上経った今でもアルバムの一枚もリリースできないような奴に、100年先にも語り継がれるような名曲なんか生まれるわけねーだろって話。

    第一「名曲」なんて100や1000作ってようやく1曲出てくるかどうかって話だと思うし、そもそもそれを「名曲」であると認めるかどうかはリスナー側だろって話。

    だから、結局YOSHIKIのレコーディング遅延は単に、「曲が作れないことの言い訳」でしかない。もっと言っちゃえばプロとしてとっくに失格レベル。プロとアマの違いはクオリティの高い曲を「納期までに仕上げられるかどうか」と言っても過言ではないからね。

    この「Say Anything」は、YOSHIKI的には「打倒ENDLESS RAINという目標を掲げて書いたが失敗作だった」ということらしいけど、それは言っちゃえば「造り手側のエゴ」でしかない。おそらく、少なくとも当時の彼らにできることの全てを使って、ベストを尽くしてレコーディングされているはずだ。

    なので、いくら出来に納得ができてなかろうが、その当時では「それが限界」なんだろうから、言っちゃえば「それでいいのだ」って話である。楽曲なんて「ライブで演奏して初めて完成する」みたいなところがあるんだから、いくらレコーディングスタジオこもってうんうん唸ってたって、それ以上良くはならんよ。

    結果として、この曲が「100年先にも残る名曲」なのかどうかは別として、少なくともこうしてぼくの思い出にはちゃんと残っているし、遠く離れた異国の地で、20数年の歳月を経てカバーされ、見ている人を感動させるくらいの曲にはなってるじゃんって話。

    「100年先にも残る名曲」とは、そうした積み重ねからしか産まれないはずだ。
    ■EDIT



    IMPOSSIBLE IZ NOTHING / ROTTENGRAFFTY

    先日、自宅勤務だった際に、あまりにも暇すぎた同僚からSlackでシェアされた動画。

    バンド名は聞いたことあったけど、どんなジャンルの音楽をやっているのかまではよくわかってなくて、実質これが初めてだったのだけど、聞いてみてびっくり仰天した。

    まずイントロのギターのリフがX JAPANの「ART OF LIFE」の丸パクリだわ、そこからインテンポに入って曲が走り出してからのギターのワウの噛ませ方が「DAHLIA」だわ、16分の刻み方(ザッザッザカザカ、ザッザッザカザカ)とギターソロが完全に「SILENT JEALOUSY」だわで、もうなんていうか、ロットン春のX JAPAN祭り。

    でも、サビ部分ではスカだったり、ソロ手前でボサ・ノヴァジャジーな三拍子になったり、それなりにオリジナリティーも出しているので、印象としては悪くない。(とは言え、この当時はそういうのも流行ってたよねw)

    まあ、バンド編成的にも一応「ミクスチャーバンド」というところにカテゴライズされるってことでそうなっているんだろうけど、でも、そうしたバンドがこうも積極的にX JAPANを取り入れているというのは、なかなかおもしろい組み合わせじゃないかと思うし、その意欲は評価してもいいんじゃないかと思う。

    ※X JAPANって、コアなメタルファンやHIPHOP畑出身、あるいはそっちにかぶれているミクスチャーバンドからは極端に嫌われているので。

    でも、意外とこの世代のバンドマンって、みんな一度はXやBOØWYを通ってきていて、それを経て、現在のスタイルに落ち着いていたりするから、意外と寛容なのかもしれない。

    もうなんか、ジャンルで食わず嫌いして、バンド名聞いただけで鼻で笑ったり、V系っていうだけで聞かないとかいうやつ全員バカだと思う。

    というより、音楽やってるくせにそういう思考のやつは、マジで音楽知らないダサいやつだと思われるから、そういう意味のないかっこつけ方はマジで止めたほうがいいと思う。

    「嫌う」のは一向に構わないが、ちゃんと「そのバンドを好きっていう人が、どういった部分でそれを評価しているのか」っていう部分くらいはちゃんと知っておかないとダメだよって話。

    それが出来ない人の批判は、ただのヘイトだということに、もっと自覚的になったほうがいい。音楽に「上」とか「下」とか「優劣」なんて無いのだから。全ては「個人の主観」というミクロな判定に過ぎない。

    にしても、このバンドはパクり過ぎだけどなw ■EDIT

    このページのトップヘ