脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:SIAM_SHADE



    SIAM SHADE - SIAM SHADE3(メジャー2nd ALBUM)
    1996年10月2日リリース
     
    ※メジャー2枚目、通算3枚目のアルバムのため「3」
     ⇒アルバムタイトルの「3」の表記は、正式にはローマ数字。
    ※全9曲
     ⇒シングルカット:M1. Why not?

     

     
    22年前の昨日リリース。
     
    このアルバムは、ぼくの人生を大きく変えたうちの1枚となっており、当時ものすごく影響を受けた。初めて購入して以来、何回聞いたかわからないし、今でもたまに聞く。
     
    というより、SIAM SHADEでプレイリスト作ろうってなると、確実にこのアルバムの曲が最も多く入る。それくらいに捨て曲なしの名盤。
     
    事実、このブログでは、過去のお題「あなたがおすすめする名盤は?」にてこのアルバムについて少しだけ触れている。
     
    ※関連過去ログ
     【お題】あなたがおすすめする名盤は? - 2017.05.03 Wednesday
     【今日のBGM:024】SIAM SHADE - Destination Truth - 2017.06.03 Saturday
     
    ちなみに、上記のお題は「ぼくの全音楽人生における国内名盤10選」というテーマで選んでいるので、ぼくの膨大なミュージックライブラリの中でも、相当優先度の高いアルバムだ。
     
     
    SIAM SHADEというバンドについて
     
    SIAM SHADEというと、一般的にはやはり「1/3の純情な感情」しか知られていなかったりして、ファンとしてはそれが非常に歯がゆいところではあるのだけど、本来的にSIAM SHADEは、ああいう「いかにもJ-POP!」という曲をやるようなバンドではないということを声を大にして言いたい。
     
    いや、確かにあの曲はあの曲で、一応SIAM SHADEらしさみたいなものは出ているんだけど、完全に「売れるために作られた曲」なので「アルバム曲好き」としては、捨て曲になってしまう。
     
    そういう意味で、ぼくの中でSIAM SHADEは「シングル曲がダメなバンド」だったりもする。これと同じことが、同系統のバンドである「Janne Da Arc」にも実は当てはまる。要は、あざといまでに「売れ線狙い」というのが曲に出てしまっているのである。
     
    特にタイアップ付きのシングル曲については、ファンだけど、申し訳ないけれど「クソ曲」しかない。特に「Dreams」や「曇りのち晴れ」なんかは、ファンだけど、申し訳ないけれど、クソすぎて大嫌いな曲だ。
     
    SIAM SHADEはインディーズの頃からそうした戦略に苦慮していて、元々はヴィジュアル系バンドだったわけだけど、そもそも彼らのルーツは「HR/HM」だったりする。
     
    で、その中でもとりわけ、RUSHやDREAM THEATERといったプログレッシブメタルからの影響を色濃く受けており、国内でも屈指の技巧派バンドだと言われている。
     
    よくJanne Da Arcと比較されることが多いけど、確かにジャンヌも非常に上手いのだけど、悪いがSIAMの足元にも及ばないとぼくは思っている。テクニック的な部分だけで言ったら、ファン目線を差し引いても国内で五指に確実に入るバンドだ。
     
    それこそ、このバンドのギタリストである「DAITA」は、後に氷室京介のサポートギタリストを務めることになるわけだけど、氷室に「今までやってきたギタリストの中で間違いなく一番うまいやつ」と言わしめてもいる。
     
    だが、完全に真正面からそのジャンル感を前面に押し出していっても、彼らが結成された93年頃はすっかりメタルのブームなんて終っているどころか、時代遅れも甚だしいと言うような時代であった。
     
    そしてそれと同時に、ヴィジュアル系バンドブームの頃でもあったため「バンドの知名度向上のために、髪を伸ばしあえてメイクをして」おり、バンド加入時のDAITAは短髪だったため、かつらを被ってステージに立っていたというのは、ファンの間では知られた話である。
     
     
    SIAM SHADEとの出会いは、バンド専門誌
     
    そんな中、メジャーデビューしたものの、すぐにはセールスに恵まれず、まだ誰も彼らのことなんて知らない状況であったにもかかわらず、ちょうどこのアルバムがリリースされる時期に合わせて、シンコーミュージックから刊行されている「月刊GiGS:96年11月号」の表紙を飾っており、それがぼくとSIAM SHADEの出会いだった。
     

    ※クリックで拡大
     
    当時GiGSを定期購読していたぼくは、SIAM SHADEについては「名前だけは聞いたことがある」程度の知識しかなく、曲なんて殆ど聞いたことがなかった。
     
    しかし表紙を見た瞬間に、何かただならぬ気配を感じていて、「おれはもしかしたら、このバンドのことをめっちゃ好きになるかも知れない」と予感していた。
     
    その特集記事を読み進めていくにしたがって、その気持は次第に強くなり、インディーズでリリースされていた彼らの最初のアルバムである「SIAM SHADE」および、メジャー1stである「SIAM SHADE2」を、なんと同時に購入するという博打に出た。
     
    だが、「父親がレコード屋のため安く購入できる」という特権の恩恵を差し引いても「絶対にこのアルバムはおれの好きなアルバムだ」という確信があった。外さない自信しかなかった。
     
    で、実際聞いてみた2枚のアルバムは非常に好みのものだったので、すぐさま3も追加で購入した。
     
     
    ライブ盤かと思うくらい生音感全開なバンドサウンド
     
    1と2自体もぼくにとっては非常に名盤だったが、3を聞いて更に驚いた。と、同時に「このバンドについて行こう」とも思った。
     
    まず、インディーズでリリースされた1は、ヴィジュアル系の世界観を出しながらもアマチュアとは思えないくらいのものすごいハイレベルな演奏技術を見せつけ、2ではROCKもPOPも何でも出来るんだぜという引き出しの多さと作品としてのクオリティを見せつけ、この時点でこのバンドについて大いなる可能性を感じた。
     
    そしてこの3では、それらをさらに加速させながらROCKの部分を強調し、ライブ盤を聞いているのかと思うくらいの生々しいバンドサウンドを作り上げた。このアルバムを初めて聞いた時は本当に衝撃的だった。初めてXやLUNA SEAと出会ったときと同じレベルの衝撃と言っても過言ではなかった。
     
    続きを読む以降にて、出来る限り動画を埋め込みながら、1曲ずつ楽曲を解説していきたい。 【【×年前の今日】SIAM SHADE - SIAM SHADE3(メジャー2nd ALBUM)】の続きを読む ■EDIT



    【涼宮ハルヒ / God knows...】を【L'Arc~en~Ciel 】っぽくカバーしてみた


    これ普通にすごくないですか。

    単にhydeのものまねが旨いだけじゃなくて、イントロでラルクだとわからせる「ラルクっぽさ」というものを見事に表現していて、ちゃんとラルクの「あるある」な特徴を捉えた上でやってるところがすごい。

    イントロのど頭の部分とかは普通にラルクの「DIVE TO BLUE」のイントロのフレーズを使っていて、そこからGod knows...に引っ張っていくアレンジ力の高さに脱帽。

    そこから始まるGod knows...の印象的な16分のフレーズも、ギタリスト的にはあの16分が気持ちいいはずだろうに、ラルクっぽさを優先させるためにそこを捨ててやわらかいオーバードライブで、メロとして弾いてるところがすごい。

    更には、そこから歌に入る直前のフレーズの尻尾の部分のアレンジの仕方とか、細かいところで表現されるラルク感がいちいち的確。こういうアレンジって、本当にそのバンドのことを深く理解していないと出来ないことなので、実は結構難易度が高い。

    な、だけにそこがきちんとハマると、非常に面白い。hydeのものまねも含めて、上手すぎて笑えるアレンジ。他にも、SIAM SHADEの曲をLUNA SEAっぽくアレンジしたものとかあるので、続きを読む以降にて。 【上手すぎて笑える曲~ハルヒの「God knows...」をラルク風に、SIAM SHADEをLUNA SEA風にアレンジした動画が面白い】の続きを読む ■EDIT


    ■LUNATIC FEST. LUNA SEA DAY1

    038にて一旦布袋を挟んだ後の、またしてものLUNA SEA。てゆーかまたしてものルナフェス。

    037で紹介したものは2日目だけど、こっちは1日目。

    ただこっちは、LUNA SEA本編もさることながら、最後の「PRECIOUS...」を全員で歌う時のメンツが非常によかった。

    LUNA SEAのヴォーカルRYUICHIが敬愛する、彼が最も影響を受けたであろうヴォーカリストである「DEAD ENDのMORRIE」が兎に角渋くてかっこよすぎた。

    しかもそのMORRIEとX JAPANのTOSHIが一緒にLUNA SEAのPRECIOUS...を歌っているとか、最高すぎるでしょう。

    他にもSIAM SHADEの栄喜や9mmの菅原さんが歌っていたり、DAITAがギターソロ弾いたりで、見どころは正直2日目のBELIEVEよりもこっちのほうがあった。

    OPのLOVELESSも当然のことながらすごく良かった。個人的にはLUNA SEAの数あるOPナンバーの中で最も好きな曲。曲の壮大さとは裏腹な、ある意味非常にJらしい、攻撃的なベースのアプローチがかっこいいんだこれがまた。

    あとはhideの「ピンクスパイダー」のカバーもすごく良かった。

    過去にhideがまだ存命だった頃、彼の「TELL ME」という曲をデビューアルバムである「HIDE YOUR FACE」からシングルカットしており、その際のカップリングとして同アルバムに収録されている「SCANNER」という曲を収録していた。

    で、当時LUNA SEAはまだデビュー間もないころということもあり知名度は低かったのだけど、RYUICHIが、この曲をhideと一緒にデュエットしており「愛のデュエットVer.」みたいなタイトルで収録されていた経緯から、hideのトリビュートアルバムではLUNA SEAは「SCANNER」をカバーしたわけだけど、ここでは敢えてそこにいかない所が良いと思った。

    因みに、同アルバムにおいてSIAM SHADEもピンクスパイダーをカバーしているものの、SIAM SHADEの場合、カバーというよりただの「コピー」に終止してしまっており、全くSIAM SHADEらしさが感じられず、SIAM SHADEファンでもある僕からしてみたらがっかり以外の何物でもなかったのだけど、LUNA SEAの場合はそうじゃなかった。

    全くアレンジなどは壊しておらず、言っちゃえば同じように「ほぼほぼコピー」なのに、何故か全く違和感はなく、完全に「LUNA SEAの曲」としてすんなり入ってきた。 これを見てぼくは、SIAM SHADEとLUNA SEAの「格の違い」みたいなものを見せつけられた気がした。  

    ■EDIT


    ■SIAM SHADE - Destination Truth [SPIRITS ~Return The Favor~]■ 

    ぼくの人生を変えたバンドのうちの1つ「SIAM SHADE」の名曲。

    この曲は彼らの3枚目のオリジナルアルバムである「SIAM SHADE3」に収録されているんだけど、数あるSIAMの曲の中でもベスト3に入るくらい好きな曲。アメリカンなハードロックが渋くてかっこいい。荒野をひたすら車で駆け抜けているようなイメージ。

    あとは兎に角、2:22からのDAITAのギターソロがもう完璧過ぎて。 特に2:34からのスイープとそこからの速弾きが美しすぎて、何度もリピートしてしまう。

    こんなにキレイでかっこいいギターソロは日本中のロックバンド探してもなかなか無いだろというくらい、大好きなギターソロ。

    それ以外にも、Bメロでの栄喜とKAZMAの掛け合いもいい!ツインボーカルのバンドならでわ。これ気持ちいいだろうなあ。  

    ■EDIT

    このページのトップヘ