脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:LUNA_SEA



    LUNA SEA - A WILL(8th ALBUM)
    2013年12月11日リリース

    ●SINGLE
    ・The End of the Dream / Rouge(16th):2012/12/12リリース
    ・Thoughts(17th):2013/08/28リリース
    ・乱(18th):2013年11月13日

    ●MEMO
    ・リブート後初のフルアルバム




    5年前の今日リリース。

    つい最近のイメージだったけど、実は5年も経ってたんですね。まあ、ぼくの場合、過去にも書いたことがあると思うけど、あまりにもLUNA SEAというバンドが好きすぎたために、当初「REBOOT(再結成)」という事実を受け入れることがどうしてもできなかったわけです。

    そのせいで、このアルバムに触れるまでに時間がかかってしまっていたので、アルバムをフルで聞いた最初って恐らく昨年くらいだったと思う。

    何かの時にも同じことを書いたと思うんだけど、やはり、非常に完成度は高いと思うし、サウンドもビルドアップはされているけど、予想通りの安定感と言うか、「まあそうだろうな」というのが、このアルバムを聞いたときの最初の感想になるだろうと思っていた。ちゃんと聞き終わるまでは。

    でも、実際はそれだけでは終わらなかった。

    M2. ROUGEは、何の疑いもなくベースのJによる原曲だと思っていたのに、実はまさかのSUGIZOで驚いた。で、その次の曲M3. The End of the DreamのほうがSUGIZOだと思っていたんだけど、逆だった。

    だって、ROUGEってイントロとかAメロのアプローチが、4th ALBUM「STYLE」に収録されているJ原曲の「G.」にすごく似てるんだもん!

    でもROUGEってのメロをよくよく聞いてみると確かにSUGIZOだということに気づく。なんでも、SUGIZO原曲ではあるけど、リズムとかビートについてのアレンジはJがおこなったらしい。なるほどね。

    で、M5. GLOWINGについては、これはもう完全にJなのは言うまでもないですね。これは流石に他のメンバーでは書けない曲だし、もっと言うと、これまでのLUNA SEAにもなかった曲。

    イメージとしては、Jのソロ4th ALBUM「RED ROOM」に収録されているM5. Death Valleyに非常に近い気がする。なんと言うか、砂漠の中を乾いた風を身に纏いながら、ひたすら北へ北へと進んでいくみたいなイメージ。

    「LUNA SEAというバンドでこういう曲が聞ける日が来たか…」という感慨があり、この曲を聞けただけでも、このアルバムを聞いた価値があると思った。

    そして何より、このアルバムの中で一番衝撃的だったのが、SUGIZO原曲のM8. Metamorphosisだ。

    曲のビート的には、6th ALBUM「SHINE」に収録されているJ原曲のM6. Unlikelihoodに非常に近いが、イントロのギターのカッティング具合とスピード感は完全にSUGIZO節炸裂という感じ。

    同じアルバムに収録されているM8. MILLENNIUMの面影も見いだせたが、この曲はどちらかと言うと、SUGIZOのソロデビューシングルである「LUCIFER」のようなソロ曲に近い気もした。

    ここまでスピード感のある曲も非常に珍しいところではあるが、何より驚いたのは、Ds. 真矢がツーバスを全開で踏んでいる箇所があることだ。

    これまでのLUNA SEAの全楽曲の中で、曲中で2バスを全開でブン回している曲って、おそらくインディーズ時代のアルバム「LUNA SEA」に収録されているM1. FATEで、言うてそれもラストの方でちょっとドコドコさせてるだけだった。

    しかし、この「Metamorphosis」については、完全にスラッシュメタル的なアプローチで、歳をとって円熟感が増したから演奏に安定感が出てきたなあなどと油断していたところへ、かなり攻撃的なアプローチで刺しに来ていて、完全にやられてしまった。

    やっぱりこのバンドは一筋縄ではいかない。

    【【×年前の今日】2013年12月11日:LUNA SEA - A WILL(8th ALBUM)】の続きを読む ■EDIT


    LUNA SEA - DESIRE(6th SINGLE)
    1995/11/13リリース

    ・SUGIZO原曲
    ・5th ALBUM「STYLE」収録の先行シングル。

    ・LUNA SEAのシングルとしては初めて、カップリングもオリジナルアルバムに収録されているパターン。(ただしMIXは異なる&ライブバージョンは除く)



    23年前の昨日リリース。
    実はあんまり好きな曲じゃなかったりする。


    M1. DESIRE
    原曲:SUGIZO

    リリース当初はすげーかっこいいと思ってたし、3rd SINGLE「ROSIER」とはまた違ったアプローチでいいんじゃないかと思っていたけど、カラオケで歌いすぎたのかなんなのか、今はあまり好きじゃない。でも、非常にSUGIZOらしい曲だとは思う。

    でも、RYUICHIの歌い方が粘っこくなってきたのは、この頃からのような気がする。一般的なファンの認識としては96年の活動休止期間中のソロ活動を経てからなんだろうけど、ぼくはこのときには既にその兆候は現れていたと思っている。

    あと、この曲に限らず、アルバム全体を通してJのベースがスライドを多用するようになっていて、なんかそれが個人的にはあまり好きじゃない。

    元々僕の好きなスタイルとしては、動いててもいいんだけど、割とカチッと8分を刻んでくれた方が好きなんですよね。 でもこの曲のイントロとか、Jがスライドしてなかったら、すげーつまんないイントロになってただろうなあと思う。


    M2. LUV U
    原曲:INORAN

    ベースってことで言うと、こっちのほうが好き。イントロで印象的なリフをゴリゴリに弾いてくれるこの感じ。

    当初、まだLUNA SEAをよくわかっていなかったせいもあってか、ベースがゴリゴリなっているというところに引っ張られて、てっきりJが原曲を作っているものかとばかり思っていたけど、そうじゃなかった。

    というか、普通に聞いてりゃ、どう考えてもINORANの曲ですよねこれ。

    INORANのお家芸とも言うべきミディアムテンポではあるんだけど、3rd SINGLE「ROSIER」のカップリングである「RAIN」ほどのっぺりどっしりとはしておらず、サビではハット裏打ち効果もあってか、なんならビートそのものはダンサブルでさえあるといえる。

    いずれにしても、個人的には「STYLE」というアルバム、ひいては当時のLUNA SEA自体を象徴しているかのような曲のような気がしている。 【【×年前の今日】LUNA SEA - DESIRE(6th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT


    ■LUNA SEA - LOVE SONG(14th SINGLE)■
    2000/11/08リリース

    ●収録曲
    1. LOVE SONG - SUGIZO原曲
    2. INTO THE SUN - J原曲
    3. UNTIL THE DAY I DIE - RYUICHI原曲

    ・終幕前のラストシングル。
    ・このシングルリリースと同時に、バンドの終幕が発表された。



    18年前の今日リリース。

    LUNA SEAは、2010年に再結成されて以降、現在も活動を続けているため、現LUNA SEAについてはさながら「第2章」という言い方もできると思うんだけど、このシングルは、最初の第1章時代のラストシングルとなる。

    この曲を聞く前から、「LUNA SEAが終わる」と言うことについては、アルバム「LUNACY」を聞いていてなんとなく感じていたことだったから、終幕の発表がされた時には、さして驚きはなかった。 【【×年前の今日】LUNA SEA - LOVE SONG(14th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT


    ■LUNA SEA - MOTHER(メジャー3rd ALBUM)
    1994/10/26リリース

    ●SINGLE
    ・ROSIER - 1994/07/21
    ・TRUE BLUE - 1994/09/21
    ・MOTHER - 1995/02/22



    24年前の今日リリース。

    このアルバムについては過去に何度か軽く言及したことがあると思うけど、LUNA SEAというバンドを語る上において絶対に欠くことのできない、重要なアルバム。

    SUGIZOをして「モンスターアルバム」と言わしめているだけに、誤解を恐れずに言うなら、ここで一度ある種の到達点に達したとも言えるのではないかと思う。

    な、だけに次作「STYLE」においては、如何にしてこのアルバムを超えられるかというところが課題だったと言うようなことも言っていた気がする。

    メンバーが、10代後半の最もエネルギーが有り余っていた頃にバンドを結成し、そこから3枚のアルバムを経て、20代を迎え、その暴力的なまでに有り余るエネルギーを、ある程度コントロールできるようになった頃にこのアルバムは作られた。

    インディーズ1st「LUNA SEA」の初期衝動。メジャー1st「IMAGE」での計算高さ。メジャー2nd「EDEN」でのポップさ。そして今作。

    当然のことながら毎作品そうであるのは間違いないのだろうが、間違いなくこの時点におけるLUNA SEAのすべてが詰まっている集大成的なアルバムであると同時に、ここからさらなる高みを目指してい飛び立とうと、光を目指している、そんなアルバムだと思う。

    因みにこのアルバムは「ぼくがLUNA SEAデビューした」アルバム。高校生の頃、友達にCDを借りて一発で気に入ってしまい、父親がレコード屋をやっているにもかかわらず、父経由で購入するのが待ちきれず、雨の中、傘もささず自転車で古本屋さんに買いに行って、翌日風邪を引いた思い出がある。

    それから20年以上の月日が経っているが、いまだによく聞いているアルバム。LUNA SEAでなにかプレイリストを作る際には、このアルバムの曲での捨て曲が最も少ない。

    これを聞かずしてLUNA SEAを語ることなど到底できず、このブログ的にも書かないわけにはいかない、そんなアルバムだ。 【【×年前の今日】LUNA SEA - MOTHER(メジャー3rd ALBUM)】の続きを読む ■EDIT

    LUNA SEA - TRUE BLUE(4th SINGLE)

    1994/09/21リリース

     

    ・作詞・作曲・編曲:LUNA SEA(J原曲)

    ・c/w:FALLOUT(J原曲)

    ・メジャー3rd ALBUM「MOTHER」の先行シングル第2弾

     (第1弾は「ROSIER」)

    ・バンド初のオリコンチャート1位獲得曲

     


     

    24年前の今日リリース。

     

    前作シングルの「ROSIER」からわずか2ヶ月後のリリースということもあって、個人的には、「ROSIERとニコイチ」というような印象。

     

    しかし、モーニング娘の「抱いてHOLD ON ME」の時にも書いたように、LUNA SEAもご多分に漏れず、「3rd SINGLE(ROSIER)」でブレイクしており、その勢いに乗った状態でのこのシングルだったので、オリコンで1位をとったというのも、多分にしてそうしたリリース戦略がハマった結果でもあると思う。

     

    ※関連過去ログ

     【×年前の今日】モーニング娘。 - 抱いてHOLD ON ME、LOVEマシーン

     ⇒「3rd SINGLEで売れる説」について言及。

     

    実際、自分の周辺や同世代のミュージシャンでも、ROSIERやこの「TRUE BLUE」でLUNA SEAを知り、ハマったという人が非常に多いのも特徴的と言えると思う。

     

     

    M1. TRUE BLUE

     

    前作ROSIERと併せて今作「TRUE BLUE」は、いずれも原曲の作曲者はベースの「J」だが、ROSIERの、所謂「王道V系路線」なハイテンポなシンコペーション8ビートとはまた少し異なるアプローチ。

     

    イントロが、ハイハットフルオープンによる4カウントからの「ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッダ!」という短いキメからいきなりサビに入るというシンプルさがたまらない。(もちろんそのサビの後に正式なイントロは差し込まれるが、それもギターでサビのメロを奏でるだけというシンプルなもの)

     

    ベースのJは「とにかく歌を引き立たせることに徹した」と語るとおり、これまでのLUNA SEAの全楽曲の中で最もと言っても過言ではないくらい、ベースラインが非常にシンプルなのが特徴的。

     

    そもそもコード進行的にも複雑な動きはしていないこともあり、ベースが非常に簡単だったりするため、LUNA SEAが好きで、これからベースを始めようっていう人は、まず一番最初にこの曲をコピーするといい、っていうくらい簡単で入門曲として適している。

     

    かくいうぼくも、ベースを購入したときにはこの曲をよく演奏していたので、多分今でも弾けるんじゃないかという気がする。(指が動くかどうかは別として、少なくともベースのフレーズは覚えている)

     

    ギターソロもやはり決して難しいことはやっておらず、あくまでイントロの延長で必要以上な主張はしておらず、ただ必要な音をそこに置いてったという感じのシンプルなものに仕上がっている。

     

    ヴォーカルに関しては、サビ始まりで、Aメロがそのサビの流れを汲むような形で、境目をあまり感じさせないような作りになっているという点だけ見ると、作りの部分では代表曲の1つである「WISH」とよく似ていると思う。ベースライン的にも似たようなアプローチだし。

     

    後はやっぱり、PVのRYUICHIが、髪型とか衣装がすげーカッコいいなっていうね。

     

     

    M2. FALLOUT

     

    自分がLUNA SEAにハマりだしたのが正にこの頃(厳密には前作ROSIERから)なんだけど、ぼくはシングル単位ではなく、むしろアルバムで他の曲と一緒に聞いていたので、正直、このカップリングである「FALLOUT」についてはあまり聞いてないため、思い入れも少ない。とにかくマニアックな曲だなあという印象しかなかった。

     

    イントロの、不吉な三拍子のギターアルペジオから、この曲はてっきりINORAN原曲の楽曲かと思っていたが、後にJの曲だと知って一瞬驚いた。だが、全体のコード進行やBメロやサビのメロディーは確かにJのものだという納得感はすぐに得られた。

     

    あと、全編に渡ってヴォーカルにエフェクトが掛かっていたり、イントロでドラムにフェイザーがかかっているというような演出方法って当時あまりなかった気がする。強いて言えばBUCK-TICKあたりがやってそうって感じもあって、個人的にはこの曲はどこかBUCK-TICK感のある曲だとも思っている。

     

    そしてこうしたアプローチは、後のヴィジュアル系に結構大きな影響を与えているんじゃないかという気がしている。(なんとなくだけど、例えばDIR EN GREYを始めとする、名古屋コテ系ヴィジュアルとかに)

     

    また、ギターソロに入って、どこか霧が晴れたかのような瞬間が訪れるんだけど、そこでのINORANのアコギのバッキングとかも含めて、次作及びアルバムタイトル曲でもある「MOTHER」が垣間見えて、ともすれば伏線的であるようにも見える。

     

    というか、ギターソロだけを一瞬だけ聞いて曲名を当てるみたいなクイズとかしたら、絶対MOTHERと間違えちゃうと思う。それくらい似ている。

     

    いずれにしてもこの曲を20代前半で作って演奏しているってのはすごいなと思う。

    【【×年前の今日】LUNA SEA - TRUE BLUE(4th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT


    ■LUNA SEA「Hold You Down」MV(Short Ver.)■

    まだリリースされていない、公式のティザーMVを紹介するなんてこのブログでは初めてでしょうね。しかも、ぼくの大好きなバンドであるLUNA SEAのもの。

    このブログではあまり細かくは触れてきてないけど、前身ブログでぼくはLUNA SEAのREBOOT(再結成)を痛烈に批判していて、まあ要は「好きすぎて再結成反対」という立場だったんだけども、なんだかんだ言いつつ、REBOOT後の「LUNA SEA(インディーズ盤のRE-REC)」や「A WILL」を聞いて、やっぱりいいなあとは思っていた。

    しかし、ぼくがLUNA SEAの再結成に反対だった最大の理由は、終幕前のラストアルバムである「LUNACY」があまりにも良すぎたためで、「コレを超えるアルバムを作るには、最低でも5年以上は掛かるのではないか。ならばもういっそのこと解散した方がいいのではないか」と思っていた中、正にドンピシャのタイミングで「終幕」してくれた。

    最も輝いている、最も美しい時に解散するからこそ「永遠に生き続ける瞬間の美学」みたいなものを、ぼくは一度「BOØWY」というバンドを通して見てしまっていたために、勝手にダブらせ、勝手に神格化しすぎてしまっていたのが原因だった。

    もっと言ってしまえば、「ぼくだけのLUNA SEA」とでも言うような、アイドルや萌系美少女キャラに処女性を求めるか如きの妄信的美意識に、酷く裏切られた思いがあったからこそだった。

    「A WILL」を最初に聞いた時、「やっぱりいいなあ」とは思いはしたものの、正直なところ「予想通り」という部分があって、厳し目に評価をするなら「LUNACYの延長」という感じだと今でも思っている。

    終幕して以来、メンバーそれぞれが様々なキャリアを経て再集結しているので、当然、出てくる音はビルドアップはされている。

    でもそれはこう言っちゃ何だが、「年齢を重ねたが故の角の取れた円熟感・熟練感」によるものとして考えればある種当然とも言えると思っていて、同じ楽曲・同じメンバーでも、その時々で異なる表情を見せていたLUNA SEAというバンドとして考えれば、「思っていたとおりの安定感」という部分に帰結するものではあった。

    で、ここからがようやく本題なんだけど、この楽曲なんてあまりに角が取れすぎてて、いい意味でも悪い意味でも「LUNA SEA」という枠からははみ出ていると思うので、なんなら正直なところ、LUNA SEAには「LUNA SEA」という看板を捨てて、別のバンド名でやってもらいたいなという気持ちがどうしても出てきてしまう。

    いい曲だとは思うんだけど、やっぱりLUNA SEAは、あの時のままで終わっていてほしかったなあ。

      ■EDIT


    ■LUNATIC FEST. LUNA SEA DAY2■


    最近ライブ映像をBGMにする機会が増えてきた。でも、正直コレはBGMにならなかった。最も好きなバンドの1つだし、何よりこのライブが普通に楽しそうだったので、結局最後まで普通に見てしまった。

    OPの「Anthem of Light」という曲は初めて聞いたのだけど、タイトルをそのまま体現したかのような力強い光あふれる、正にOPナンバーに相応しい曲で、今のLUNA SEAのだからこそ生まれた曲なんだということがわかる。

    96年~97年にかけての、1年間の活動休止期間を経て作られたアルバム「SHINE」」のOPナンバーである「Time has come」に近いテイストの曲だけど、あちらは「夜明け」とか「胎動~誕生の瞬間」といったイメージだったけど、こちらはどちらかというと「その生まれた命が意思を持って動き出した瞬間」のようにも思えた。

    あと、この手のフェスに対して「Face to Face」を持ってきたのが意外だったが、この曲もまた、歳を重ねるごとに説得力を増している曲だと思った。

    また、このフェスに参加したミュージシャン達が一同に介して「BELIEVE」を演奏していたのが楽しそうだった。「BELIEVE」ってところがまたいいなと思う。
    ここには出てきてないけど、最近ぼくが好きな「coldrain」とかも参加していたファスなので、行こうとしなかったことを死ぬほど後悔した。いきゃあ良かった。
     

    ■EDIT

    このページのトップヘ