脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:J-POP


    モーニング娘。 - 恋愛レボリューション21(11th SINGLE)
    2000年12月13日リリース

    ●作詞作曲:つんく、アレンジ:ダンス☆マン
    ●中澤裕子ラストシングル
    ●20世紀最後のシングル

    ●参加メンバー
     1期:中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ
     2期:保田圭、矢口真里
     3期:後藤真希
     4期:石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、加護亜依





    18年前の今日リリース。

    まじか。18年まじか!いま、高3とか大学1年生くらいの子が生まれたばかりの頃ってことだよね。すげえな。

    このシリーズって主に20年以上前の物(90年台からそれ以前のもの)を扱うことが多いんだけど、それくらいのものって、やっぱり今よりも遠いし古いから「懐かしいなあ...(遠い目)」っていう感じで見れる。

    でも2000年代のものが入ってくると、急激に新しさを感じちゃって、途端に自分がおっさんになったことを痛感させられるwほんとつい最近の感覚だからさw

    で、この曲なんだけども、ホント好き。今でも好き。それに世間的にも恐らく娘人気がピークだった頃だと思う。

    初期の頃の、垢抜けない田舎の娘感はどこへやら、ダンスのスキルも格段にアップして、多人数での動きによる連帯感や結束や、メンバー間の信頼関係みたいなものがある程度固まっていたんじゃないかと思う。(ま、仲は良くなかっただろうけどw)でもとにかく全てにおいてクオリティは上がってる。

    ただ、PVは完全にTLCのパクリじゃないかと思っているんだがどうだろう。

    特に、ちょいちょい3人だけローアングルで撮るみたいなやつとか、すごくTLCの「no scrab」っぽいなと思って、改めてno scrabのPV見直してみたけど、思っていたほど似てはなかった。いや、でも衣装とか、基本ローアングルなところとかは一緒なので、絶対参考にはしているはず。

    でも、当時のゴマキと辻・加護の可愛さが異常。てゆーか全員かわいい。この当時が一番ハマっていた頃で、どれくらいハマっていたかと言うと、トレカを集める程度にはハマっていたw

    AKB48の初期メンバーなんかは、この当時のモーニング娘を観て育っていて、それこそモーニング娘になりたくてアイドルになったっていう子達だと思うから、彼女たちの残した功績ってすごく大きいと思う。

    【【×年前の今日】2000年12月13日:モーニング娘。 - 恋愛レボリューション21(11th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT


    宇多田ヒカル - traveling(9th SINGLE)
    2001年11月28日リリース

    ・PVの監督は元夫の「紀里谷和明」



    17年前の今日リリース。

    個人的には2005~2006年あたりの感覚だった。

    どういうわけか、この曲を宇多田ヒカルのフェイバリットとして挙げる人って少なくない気がするというか、きっと多いと思う。かく言う自分もその一人だ。

    なんというか、この頃の宇多田ヒカルって、非常にバラエティに富んでいて、同じ様な曲がないっていう印象。

    AutomaticみたいなコテコテのR&Bもあれば、First Loveみたいなバラードもあるし、ぼくが大好きな「蹴っ飛ばせ(Can you keep a secretのカップリング)」みたいなロックもあるし。

    で、そこへ来てこの「Traveling」って、やっぱりどの曲でもないんですよね。PVから何から全てが独特。なんて言い表していいかわからないのがこの曲の特徴じゃないかと。

    でもそれでいて、サビのメロは何処かエキゾチックな感じもして、それがまた不思議感をより一層引き立てていると言うか。

    でも歌ってる内容は、至って普通に「恋人の元へ会いに行く」みたいな、割と平凡な内容なんですよね。だからなのか、この曲って結構カバーされてますよね。槇原敬之とか椎名林檎とか。

    で、この「恋人に会いに行くさま」を「Travelling」と言い表して、その道中の心境について歌うって、17歳の当時の宇多田ヒカルだからこそ書けた内容なのかなと言う気もする。

    大人ではなかなか書けない内容というか。いい意味で子供っぽいのかなと言う気もする。そういうところも含めて、非常に良く出来た曲だなとも思う。




    【【×年前の今日】2001年11月28日:宇多田ヒカル - traveling(9th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    光GENJI - ガラスの十代(2nd SINGLE)
    1987年11月26日リリース

    ・アナログ盤(レコード)、カセットテープ、CDでもリリースされた。
     ※画像はレコード盤(因みに画像クリックでAmazonにてアナログ盤が購入ができます)

    ・作詞作曲:飛鳥涼(CHAGE & ASKA)



    31年前の今日リリース。

    懐かしい。この曲大好きだった。てゆーか今でも好きだ。いや、むしろ当時より今のほうが好きかもしれない。

    あ、でも勘違いしないで下さい。ぼくは「光GENJI」が好きなのではなくて、「ガラスの十代」という曲が好きなんです。

    以前、彼らのデビューシングルである「STAR LIGHT」を取り上げたことはあったけど、断然こっちのほうが好き。無論、あっちもかっこいいんだけど。

    ※関連過去ログ
     【×年前の今日】光GENJI - STAR LIGHT(デビューシングル)

    上記過去ログも書いたけど、ガラスの十代は今でもカラオケでたまに歌う。かつて、JOYSOUNDに、ガラスの十代のユーロビートバージョンみたいなのがあって、それがテンポも早くて結構好きだったなあ。

    なのでそれ以来、歌う時は、テンポを2つくらい上げて歌うようにしている。そうするといい感じにロックっぽくなって、歌ってて非常に楽しい。

    思ったんだけど、ジャニーズのトリビュート盤みたいなのが出たら面白いと思うんだけどなあ。それをジャニーズの後輩グループが歌うのではなく、全く縁もゆかりもない様なロックバンド(特にV系)とかがやったら、結構面白いものができると思うんだけどなあ。


    【【×年前の今日】1987年11月26日:光GENJI - ガラスの十代(2nd SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    ●今日お誕生日の楽曲
    1994/11/16 - GLAY「彼女の“Modern…”」(3rd SINGLE)
    1988/11/16 - Wink「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」(3rd SINGLE)




    GLAY「彼女の“Modern…”」(3rd SINGLE)
    1994/11/16リリース

    ●収録アルバム
    ・灰とダイアモンド(1st ALBUM)
    ・SPEED POP(2nd ALBUM(メジャー1st))

    ●MEMO
    ・GLAY初のノンタイアップシングル
    ・GLAYの全シングル中、順位・売上共に最低
     
    24年前の今日リリース。

    この曲すごく好きすぎて、カラオケで歌いすぎて1周回って大嫌いになった時期を経て、もう1周回って大好きな曲。この当時のGLAYは本当に良かった。

    この当時の同期とも言えるシングル曲としては「真夏の扉」とか「FREEZE MY LOVE」とかあるけど、この曲がダントツで好き。

    でも上記MEMOにも記したように、GLAYの全シングル中で、売上が最も振るわなかったシングル。まあ、楽曲自体はインディーズの頃からありますしね。初期ですし。

    でも、サビでファーストテンポになってくあの駆け抜けていく感じは、すごく気持ちいですけどね。ライブでも盛り上がるだろうし。




    Wink「愛が止まらない 〜Turn It Into Love〜」(3rd SINGLE)
    1988/11/16リリース

    ・カイリー・ミノーグのカバー

    30年前の今日リリース。

    おそらく、Winkがブレイクしだしたのってこの曲からだと思う。なので、リアルタイムでWink知っている人は皆、この曲がWinkのデビュー曲だと勘違いしている人が多いのだけど、実はまさかの3rd SINGLEで、しかもまさかのカバー曲っていうね。これを知った時はちょっと衝撃だった。

    なので、多くの日本人は「Winkの曲」として認識しているためか、日本人アーティストでこの曲をカバーしている人が非常に多いのが面白い。

    当時、お人形さんのように無表情で独特な振り付けを踊るっていうのがエキセントリックで、この辺りから日本の邦楽POPS(当時はまだJ-POPという呼称はなかった)が多様化し始めた気がする。

    また、おそらく昭和最後のアイドルグループであった「おニャン子クラブ」の解散直後、「アイドル冬の時代」を迎え、世代交代的に登場し、孤高の存在感をアピールできたことが、彼女たちがヒットした要因の一つとも言えるのではないかと思う。

    【【×年前の今日】GLAYとWink】の続きを読む ■EDIT


    ■椎名林檎 - 本能(4th SINGLE)■
    1999/10/27リリース



    19年前の今日リリース。

    確かぼくが最初に聞いた椎名林檎の音源がこれだったと思う。当時、バンドを始めたてで、今まで敬愛してきた系統のものから少し外れて、J-POPにも貪欲に目を光らせる用になってきていたころ。

    当時、プロのミュージシャンも含むバンドマン界隈や評論家連中などから一目置かれていたということで、どれどれと聞いてみて、なるほどと思った記憶がある。

    「ナース服に、お水の人以上に真っ赤なルージュを引いて、ガラスを正拳突きで叩き割る」という文字に起こすとシュールとしか言えない異彩を放った絵面のPVが印象的で、いまみてもこの人ってエロいなと思う。

    でも当然のことながら、インパクトを感じたのはそこだけではなくて、彼女の毒気の強いヴォーカルであることは間違いない。 線が細くて、時にかすれるハスキーヴォイスで、巻き舌を絡めながら吐き捨てるように、独特な日本語を飛び道具のように扱うスタイル。

    誤解を恐れずに言うなら、たっぷり情感を込めて歌い上げるというよりは、倦怠感・慨世感・憂い・アイロニー・ルサンチマン・エゴetc、どうにもならない行き場を失った感情やネガティブさを「唾棄」しているといった感じも見える。

    なんなら、「愛とか恋とか友情とか知らねーしどーでもいいけど、アタシは言いたいこと勝手に歌ってるだけだから、見たけりゃ勝手に見れば?」的な突き放し方とでも言うんでしょうか。そういう冷たさがたまらなくこの人をかっこよくしているんだと思う。(この歌詞の内容とかは関係なくね)

    方やサウンド面については、曲調としてはBPM的にもビート的にも、よくよく聞くとこのグルーヴ感ってすごく「R&B的」だなとも思うんだけど、スネアの音が非常に硬質だったり、全体的に音が刺々しい印象。

    後に、Do As Infinityの「rumble fish」というシングルを初めて聞いた際に、「なんか椎名林檎の本能っぽいな」と思ったら、アレンジがどっちもベーシストの「亀田誠治」と知って、「なるほどどおりで」と思った。 【【×年前の今日】椎名林檎 - 本能(4th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ