脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:Facebook

    最悪。まじで。

    元日に上げた「AHNY2019」は大晦日に事前に書いていたんだけど、あんなドヤ感出して「今年の目標」とか書いちゃってんのに、実家帰ったらすげー体調悪くなってやんの。だっせ。

    でも、お鍋食べたら少しだけ元気が出てきました。あと、外を歩いているときのほうが気分が良くなりますね。

    とはいえ、今日は大半を寝て過ごしてしまった。もうとにかく、さみーわねみーわ、ねみーわさみーわで何もできんかった。

    と思いきや、別でやってるグラビアアイドルの画像ブログの下準備は割と順調に進んだのでよかった。

    これから風呂入って、その作業の続きをやれたらやる。ああ、今日は早速本の感想を書こうと思っていたのに。。。

    あ、そういえば、元日早々ぼくのInstagramに、スパム臭しかしない明らかに怪しいIDのかわい子ちゃんからフォローされて、「ああ、こーゆーの未だにいるんだなあ」と遠い目をしながらフォローバックしてみたんですよ。このブログのネタにでもできればいいかなと思って。

    ところが先述の通り、ガチ目の風邪引いちゃってるもんだからDMに返信とかそれどころじゃなくて、「ラインしませんか?」というメッセージをしばらく放置してたらいつのまにか居なくなってました。なんだよつまんねーな。

    にしても、一時期はこーゆーのFBにたくさんいましたけど、未だにいるもんですね。てゆーか、FBでも未だによく見かけるけど、FBでこの手のアカウントに返信しているやつ、大体キモいおっさんですよねw

    その女の子へのキモいコメント、タイムラインに乗っかってあんたの友人に筒抜けだけどいいの?大丈夫?多分、このあたりの仕様もわかってないで、せっせとキモいコメントとしてるんだろうなぁ。。。中身がおっさんのフェイクアカウントに対して。

    今更説明するまでもありませんが、大体この手のアカウントは、SNSでフォロー⇒DM⇒ラインしませんか?もしくは、こっちでお話しませんか?の流れで、出会い系サイトへ誘導。って感じです。

    もうね、この手法15年くらい前から変わらんのよね。まあ、「オレオレ詐欺」とかと一緒で、情弱が引っかかるんだよなあ。

    ということで、大した盛り上がりもないまま、元日が終わります。皆様も体調には気をつけましょうね。それでは。

    ■EDIT

    TW・FB・IS


    アカウントが乗っ取られた?そんな時は慌てず騒がず「メールを開け」


    インスタやFBに限らず、アカウントを乗っ取られたら、慌てず騒がず、まずは、そのSNSに登録した際のメールアドレスを開いてみましょう。

    すると、例えばFacebookの場合だと、「普段アクセスのないIPアドレスからお前のアカウントのパスワード変更の申請があったけど、これお前か?自分で申請したん?間違いないか?」というような内容の確認メールが飛んできます。

    ぼくの場合だと、過去にFacebookのサブアカウントを、うっかりアラビア人に乗っ取られちゃったことがあるんですが、その場合、パスワード変更をおこなおうとしていたのが正にそのアラビア人だったので、当然違うわけです。

    なので「NO」という旨をそのメールでクリックすると、「じゃ、いますぐ再設定し直してきやがれ!」ってことで、パスワード再設定をその場で即座におこなえるわけです。※Facebookはこれで取り戻せました。

    なので、アカウントを乗っ取られても、決して慌てず騒がず、まずはメールをチェックしましょう。また、その時のために、登録のメールアドレスは捨てアドにせず、普段利用しているものにしましょう。


    他のSNSでのログイン(ソーシャルログイン)をしている人は、あとで必ず「メールアドレスの登録」をしましょう。

    例えば、何かのサービスを利用するにあたり、GoogleアカウントやFacebookアカウントを使ってログインできるやつってあるじゃないですか。

    あれ、確かにログインする時非常に便利なんですけど、ログインのID/PASSを忘れたときや、それこそ乗っ取られたときに大変なので、必ずメールアドレスの登録はしておきましょう。

    ID/PASS迷子の時は、そのメールアドレスを使ってIDの確認やパスワードの再設定ができるし、乗っ取られたときも、Facebookの場合であれば、上記のような対応で迅速に復旧できるからです。


    携帯のキャリアメールアドレスで登録するのはマジでやめとけ。

    何かのサービスに登録するときのメールアドレスに「携帯のキャリアメールアドレス(@docomo.ne.jpとか、@ezweb.ne.jpとか@softbank.ne.jp)」を登録するのはハッキリ言って愚の骨頂です。もしそんなことをしているのであれば、いますぐ変更しましょう。

    ●なぜキャリアメールアドレスで登録してはいけないのか

    だってその携帯、ずっとは使わないですよね?機種変したりした際に引き継げるのかどうか知らないですけど、携帯機種変したときって、大体前のメールアドレス使わなくなるじゃないですか。

    特に格安MVNOにした場合なんかは、大抵の場合キャリアメールは捨てなければならないですし、単純に契約キャリアそのものが変更となれば当然使えないですよね。

    なので、携帯のキャリアメールアドレスって、いずれ死ぬんですよ。そんなメールアドレスでサービスに登録するって、ホテルの予約もしないで海外旅行に行くようなもんですよ。ん~ちょっと違うか?

    まあとにかく、早い話「使えなくなる可能性の高いメールアドレス」で登録しちゃうと、いざそのメールアドレスが使えなくなった時、サービスによっては、最悪救済措置がなくなることもあるよ、ってことなんです。

    結論~じゃあどのメールアドレスで登録しとけばいいんだよ!

    結論ファーストで言うなら「Gmail」です。

    まあ、PC用のメールなら正直なんでもいいんですが、Gmail以上に優秀なPC用のメールってなんかありましたっけ?正直、ぼくは知らないんですよね。なので、Gmailなら間違いはないと思います。なにより、フィルタリング機能が非常に優秀ですので。

    それに、Gmailの機能として、例えば「noreply@~」みたいなメールアドレスから来たメールは、自動的に「重要」のマークを付けてくれたりするんですよ。

    ※この辺はおそらく、サービス登録時の「メール認証」みたいなものを挟んだことのあるドメイン、という部分で判定している気がします。

    なので、一般的なSNSやWEBサービスでの登録時に、登録確認メールが迷惑メールフォルダに入るっていうことも、ぼくの場合は殆どなかったので、そうした意味でもGmailにしておくのが一番確実だとぼくは考えます。メール探すのも楽だし。

    あと、ぼくの場合、様々なサービスに登録している上に、数年前に登録した何社もの派遣会社からの案件紹介のメールやら、アフィリエイト系のメルマガとかもそれで片っ端から購読しているので、未読メールが2万件くらいある。

    けど、欲しいメールや重要なメールはすぐにピックアップできるし、重要なメールは見落とさないですね。3日に1回くらいしか見なくても、問題ない。

    つまり、Gmailがそれだけ優秀ってことなので、WEBサービスやSNSはGmailで登録しておいたほうがいいですよって話でした。



    ■EDIT

    最近、iPhoneの画像見たら、めしログ用に撮影した画像が何枚か溜まってて、あ、そういやめしログ最近書いてねーやと思ったので、溜まってた画像数枚を一気にInstagram投稿しました。 そこで気付いたことが幾つかあったので、備忘録も兼ねてのシェアです。

    ●MEMO
    1. 画像を複数枚まとめて投稿したい時は、Instagramのスマホアプリからでないとできない。

    2. Instagramのアプリから投稿した画像は、アプリ側からでないと削除できない。
     ⇒PCでログインしても、そこからの削除ができない。

    3. グラビアアイドルたくさんフォローしたら、中国人のアフィリアカウントから大量フォローされる。

    4. インスタの画像を保存&PCからUPできる、おすすめのChromeのプラグイン。



    【Instagramについて色々わかったことMEMO】の続きを読む ■EDIT


    ■Facebook連携機能(同時投稿)サービス終了のお知らせ■
    2018.07.11 Wednesday - JUGEM

    いつもJUGEMをご利用いただきまして、まことにありがとうございます。

    長らくご愛顧いただいておりましたFacebook連携機能でございますが、 誠に残念ながらこのたびサービスを終了させていただくこととなりました。

    これに伴い、Facebook連携機能を利用した、Facebook同時投稿は 8月1日をもってご利用いただけなくなります。

    本件に関してはFacebookのAPIの提供終了によるものです。 https://developers.facebook.com/blog/post/2018/04/24/new-facebook-platform-product-changes-policy-updates/

    なお、シェアボタンを利用してのFacebookへの投稿に関しましてはこれまで通りご利用いただけます。
    ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどお願いいたします。

    今後ともJUGEMをよろしくお願いいたします。




    これ、実はJUGEMだけの話じゃないんですよね。「Facebook API」が終了するからであって、つまりそもそもの大元であるFacebook自体がその機能を捨てるって言ってるわけです。

    なので「Facebook同時投稿終了」でWEB検索をかけるとわかるけど、JUGEM他ブログ各社をはじめ、同時投稿のAPIを入れているSNS等のサイト全てが、皆一様に「2018/07/30で終了」という告知を出している状況。

    でも、これで困る人っているのかな?いるとしたらむしろぼくは、その人のほうが使い方を間違っている気がしてならない。なぜならば、Facebookへの「同時投稿」って、ぶっちゃけ無意味だと思うからだ。

    無論、昨今ブログって、なかなかアクセスが集めにくい媒体となってしまったので、各SNSを連携して、Facebookで繋がっている人向けに訴求するという効果は期待できるけれど、結局、連携機能による同時投稿で共有される内容って、「ブログタイトル・該当記事タイトル・一部の画像とその全てのURLのみ」っていう状況じゃないですか。

    SNSって、繋がっている人達とコミュニケーションを取れてナンボなのに、全てのブログ記事を同時投稿してしまうと、結局その人のSNSアカウントはただのBOTにしかならないわけですよ。で、かえってクリック率は低下するみたいな。それってものすごく無意味だし損しているじゃないですか。

    まして、この手の日記・エッセイ系のブログの場合なんかは、毎記事毎記事同時投稿されても、タイムラインがやかましいだけだと思う。で、行ってみてみたら大して面白くもない記事だったとか。それだったら、厳選されたネタを個別でシェアしたほうがいいと思うわけです。

    第一、Facebookの場合だと、シェアした内容に対してコメントとか注釈も自分れ入れられるから、ブログと同時に投稿するよりも、ブログ公開後、ブログ記事の誤字脱字修正とかの推敲等をおこなった後に、注釈・コメント付きで厳選した記事をシェアするほうがよほど有意義かなと。

    最初からBOTとしての使い方しかしないのなら同時投稿でもいいのかもしれないけど、そうじゃなく、きちんとアクセスを集めてある程度有意義なリアクション等を求めるのなら、むしろ手動でシェアしたほうが良いかと思う。

    よって、この機能終了によって失われるものって、実はなにもないですよね?っていうお話。
    ■EDIT

    160604(土):追記 ここに来て「コメント」でも同じ現象が起きることに気付いたので、メモ。
    下記、引用部分も追記。  

    本当にチラ裏レベルなメモなんだけど、表題の件について最近気づいた。
    タイトルだけだとややこしいので流れを説明する。

    ※当たり前だがブログがFB連携設定されていることが前提※  

    1. ブログ更新時、FBの「同時投稿する」を選択した状態で記事を更新。
      ⇒自ブログのシェアボタンを見ると、同時ポストを行ったことで自分の FBアカウントでシェアをしている為、シェアボタンのカウントは「1」が表示される。  

    2. FBにポストされ、タイムラインに乗った記事に「いいね」がつく 
      ⇒自ブログのシェアボタンのカウントが「2」になる。  

    ※コメントが着いても同様にJUGEM側のシェアのカウントが増える。  
    ※自分のコメントだろうが、他の人のコメントだろうが関係なしに 「コメントの数だけ」増えるようだ。


    なんだこれ。

    そもそもの認識として「シェア」と「いいね」は別物として捉えていたのだけど(ボタンもそれぞれ存在しているのだし)、これだとどうも同一のものと見做しているように見える。

    しかも、ぼくの認識としては、JUGEM側でシェアボタンを押された場合にその情報がFB側に流れるだけであり、単純にJUGEM側でカウント表示される数字については「クリックされた回数」を元にカウントをしているだけかと思いきや、これだとFB側からも情報を取得しているという状況になる。  

    まあ、別にそれはどうでもいいっちゃどうでもいいんだけど、要は「シェア」と「いいね」が混同されているってのが、単純にちょっと気になったって話。本当にどうでもいいチラ裏メモ。  

    ■EDIT

    このページのトップヘ