脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:BUCK-TICK

    51AL2I9dP3L
    BUCK-TICK - 殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits(リメイクアルバム)
    ※6thと7thアルバムの間にリリース

    1992年3月21日リリース

    ●収録曲
     1. ICONOCLASM
     2. 惡の華
     3. DO THE "I LOVE YOU" 
     4. VICTIMS OF LOVE 
     5. M・A・D 
     6. ORIENTAL LOVE STORY
     7. スピード 
     8. LOVE ME 
     9. JUPITER
     10. ...IN HEAVEN... 
     11. MOON LIGHT 
     12. JUST ONE MORE KISS
     13. TABOO  
     14. HYPER LOVE 

    27年前の今日リリース。

    前回紹介した「狂った太陽」同様、このアルバムもリアルタイムで死ぬほど聞きまくった思い出深いアルバム。

    ※関連過去ログ

    特徴としてはスタジオアルバムではなく、ベスト盤的要素のあるリメイクアルバムと言ったところ。Wikipediaではなぜか「セルフカバーアルバム」なんて書かれていたけど、いやそれは違うでしょって話。

    ※セルフカバーは、他者に提供した楽曲を、作詞者或いは作曲者が自らカバーすることなので。

    なので、どちらかと言うと、TM NETWORKの「DRESS」のような、「リプロダクトアルバム」に近いと思う。

    とはいえ、リミックスを全て外部に発注したTMとは異なり、リミックスはおそらくを全て自分たちでやっているし、なんなら全部リテイクしているので、確かになんて呼んでいいかわからんですね。

    ということで、面倒だけど、全曲解説しますかね。

    【【×年前の今日】 1992年3月21日:BUCK-TICK - 殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits(リメイクアルバム)】の続きを読む ■EDIT

    888b78876d

    BUCK-TICK - 狂った太陽(メジャー5th ALBUM(通算6枚目))
    1991年2月21日リリース

    ●収録シングル
    「スピード」:1991年1月21日リリース ※先行シングル
    「M・A・D」:1991年6月5日リリース
    「JUPITER」: 1991年10月30日リリース

    ●収録曲
      1. スピード
      2. MACHINE
      3. MY FUNNY VALENTINE
      4. 変身 (REBORN)
      5. エンジェル フィッシュ
      6. JUPITER
      7. さくら
      8. Brain, Whisper, head
      9. MAD
      10. 地下室のメロディー
      11. 太陽ニ殺サレタ

    28年前の今日リリース。

    ぶっちゃけ最近のB-Tのことはよく知らない。でも、B-Tには申し訳ないが、やはりこのアルバムがB-T史上最高のアルバムだと思うし、ぼくが全人生の中で聞いてきたアルバムの中でも、十指に入る名盤だと思っている。

    実際、2年前のJUGEMのお題「あなたがおすすめする名盤は?」に回答した時にも、「ぼくが人生の中で影響を受けたアルバム10選」というていで10枚紹介したんだけど、その中でももちろんこのアルバムを挙げた。

    ※関連過去ログ
     【お題】あなたがおすすめする名盤は?

    前作「悪の華」のエログロダークネスから一変して、パンキッシュでドライなバンドサウンド全開で、先行シングル「スピード」で度肝を抜かれた人はぼくだけじゃないはずだ。

    このアルバム自体はリアルタイムの頃は確か中学2年生くらいだったと思うけど、バンドを始める前の19歳くらいの頃、ぼくは当時まだヴォーカルではなくドラムをやっていて、その頃よくこのアルバムの曲をコピーしたものだ。

    更には、20歳くらいの頃にも減量生活をしていて、その際の運動の一環として、やはりこのアルバムの中から何曲かピックアップして、ドラムのコピーを運動代わりにやっていた。

    このアルバムに限らずB-Tの曲って、比較的難易度の低い曲が多くて、特にこのアルバムについては、アレンジから何から全てがシンプルなので、バンド始めたての楽器ビギナーが最初にコピーする題材としては非常に適していると思う。

    【【×年前の今日】1991年2月21日:BUCK-TICK - 狂った太陽メジャー5th ALBUM(通算6枚目))】の続きを読む ■EDIT

    71bx9Avi0+L._SL1001_

    BUCK-TICK - 悪の華(メジャー4th ALBUM(通算5枚目))
    1990年2月1日リリース

    ・Gt. 今井寿の謹慎明け復活アルバム



    29年前の今日リリース。

    懐かしい。もうそんなに日が経つのか。ぼくが、一番最初にBUCK-TICK(以下B-T)に触れたのがこの作品だった。

    ラルクのときにも書いたけど、このバンドもまた、謹慎明けの復活によるこのアルバムでブレイクを果たした典型例。

    当時ぼくは、大好きだったXの「BLUE BLOOD」も一通りしゃぶり尽くして、似たようなバンドに飢えていた頃に、ぼくの目に飛び込んできたのがこのジャケット写真と、「悪の華」と言うシングル曲だった。

    【【×年前の今日】1990年2月1日:BUCK-TICK - 悪の華(メジャー4th ALBUM)】の続きを読む ■EDIT



    BUCK-TICK- COSMOS
    1996/06/21リリース

    22年前の今日リリースされたアルバム。メジャー9枚目。

    これまでのBUCK-TICK(以下、B-T)はとにかく「ザ・ダークネス」っていうくらい徹底して暗闇の中を歩んできていたんだけど、ここに来て、このアルバムでPOPの花が咲き始めた。

    とは言え、B-TのそうしたPOP要素というのは別に今に始まったことでも何でもなく、そもそもB-TはPOPなバンドからスタートしていて、むしろライブハウス時代なんかは、あまりにPOP過ぎて対バンの連中からバカにされていたなんて時代もあったくらいらしい。

    ただ、「HURRY UP MODE」や「SEXUAL×××××!」でのPOP路線の最中にも、「ROMANESQUE」というマキシシングルを伏線としたアルバム「TABOO」でのSEXUALPOPを経て、「悪の華」でいよいよゴシック&ダークネスな黒い花が一気に開いたりと様々な変貌・変態を遂げている。

    そして「狂った太陽」での骨太なバンドサウンドの確立と、「殺しの調べ」でのセルフカバーやリミックスで得たナレッジやエクスペリエンスを元にして作られているのが、この「COSMOS」というアルバムなわけで、当然のことながら、その「POP」というものには、様々な成分が含まれており、一筋縄ではいかないのが特徴だ。

    先行シングルとして切られた「キャンディ」なんて、非常にPOPな曲でありながら、イントロの今井寿のギターなんて強烈にクラッシュ&ノイジー。

    更には、そのカップリングである「チョコレート」なんて、櫻井敦司のセクシー全開なヴォーカルが、「狂った太陽」に収録されている「MY FUNNY VALENTINE」とか、「スピード」のカップリングである「ナルシス」を彷彿とさせるようなエロティシズムに濡れている。

    そしてそれは、いみじくもタイトルである「キャンディ」とか「チョコレート」が、危険な媚薬とも言える甘い誘惑的な何かを匂わせているとも言えるのではないか。

    そうした、様々な成分がごった煮で煮えたぎっているさまは「CHAOS(カオス)」としか形容しようがないが、その言葉がまさしくアルバムタイトルである「COSMOS(秩序や調和という意味もある)」の反語として存在しているというところに、「B-T流のアイロニカルな知性」と見出してしまいたくもなる。

    各曲についてもひととおり書こうと思ったけど、長くなるのでやめる。気が向いたら追記しようかな。 ■EDIT

    このページのトップヘ