脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:BOØWY

    51ciibM1a3L

    (6th SINGLE)
    1987年7月22日リリース
    ■収録曲
    1. Marionette -マリオネット
      作詞:氷室京介 / 作曲:布袋寅泰
    2. THE WILD ONE (スージー・クワトロのカバー)
      作詞・作曲:ニッキー・チン、マイク・チャップマン
    ■MEMO
    • マリオネットのPVは、エヴァンゲリオンでお馴染み「ガイナックス」によって作成された。
    • カップリングの「THE WILD ONE」は、形式上はデュエットになっているが、レコーディングは一緒におこなったわけではなく、音源を送って現地でレコーディングしてもらい、それをまた返送してもらうというやり方だったため、実際には対面していないらしい。
    32年前の今日リリース。

    昨日、「今週1週間まるまる7月21日ものでいく」と言っておきながら、この日リリースされたこのシングルについて触れない訳にはいかないので、ひとまずやります。

    明日は別の「7月21日もの」をやります。

    【【×年前の今日】1987年7月22日:BOØWY - MARIONETTE(6th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    スネア (立東舎文庫)
    高橋 まこと
    立東舎
    2017-08-21



    超面白かった。

    BOØWYというと、兎角「氷室京介」および「布袋寅泰」の方にクローズアップされがちなだけに、ベーシストの「松井常松」及び、ドラマーの「高橋まこと」についてはなかなか知る機会がないので、それだけでも読む価値はあると思う。

    バンド最年長者でもある彼の視点からの、BOØWY時代のエピソードはどれも非常に興味深くて、非常に面白かった。

    文庫版はページ数が300Pを超えていることもあり、非常に読み応えもあるので、BOØWY及び氷室・布袋のファンであれば必読の1冊と言っていいでしょう。

    【スネア - 高橋まこと】の続きを読む ■EDIT


    布袋寅泰 - 「Thanks a Lot」

    先日「気になるニュース」で「布袋さんの曲に、松井常松さんと高橋まことさんが参加した曲」というものについて取り上げたわけだけど、こちらがその例の楽曲。

    楽曲は、GUITARHYTHM1 に収録されていた「GLORIOUS DAYS」近いなというのが第一印象。でも温度感だとか、ビート感・ドライブ感ということで言うと、GUITARHYTHM3~4の頃の楽曲群に非常に近い気がした。

    具体的な楽曲例でいうと、「DIVING WITH MY CAR」、「LONELY★WILD」、「サレンダー」、「さらば青春の光」あたり。

    松井・高橋の両名がレコーディングに参加することが先に決まってたからこういう曲になったのか、この曲が二人を呼び寄せたのかはわからないけど、正に「GUITARHYTHMにおける原点回帰」とも解釈できるような、そんな曲だと思う。PVもすごくかっこいい。

    最近、めっきり布袋さんの曲を聞かなくなってしまったので、もっかい改めてGUITARHYTHMシリーズを聞き直してみようかなあ。

    ※関連過去ログ
     http://blogrider.tokyo/archives/18314075.html

    今あらためて読み返してみたら、肝心のこの楽曲のことについて全く触れられてなかったw
    ■EDIT


    【BOØWY】SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS【G柄バイオリン】

    このブログでこの方の動画を取り上げるのはおそらく3回目。待ってました!って感じですね。んでもって、この曲もまたバイオリンがすごくよく似合う曲ですよね。

    でも、間奏はキーボードだけじゃなくて、バイオリンとの掛け合いとかにしたほうがもっと良かったと思うんですけどね。

    次はいつライブをやるんだろうか。次こそ絶対行きたい。

    【布袋バイオリンのお姉さん3 - 【BOØWY】SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS【G柄バイオリン】】の続きを読む ■EDIT


    1曲になんて絞れるわけがない。

    BOØWYについてはこのブログでも何度も話題に出しているし、COMPLETE BOX(白箱)を高校生の時に入手して以来、BOØWYのメジャーデビュー以降の公式音源は全て(解散後を除き)聞いているので、BOØWYについて語る時は曲単位ではなく、必然的に「アルバム単位」となる。まあ、コレはBOØWYに限らず好きなアーティスト全てに於いてそうなんだけど。

    ということで、「知っている曲」はどかして、「好き&嫌い」を各アルバムごとに書いていきたい。
    【【お題】BOΦWYの曲で「好きな曲・知ってる曲・嫌いな曲」なんかある?】の続きを読む ■EDIT



    ■CASE OF BOOWY

    定期的に聞きたくなる。それがBOØWY。 にしてもこの映像完全版なんだけど、商品化されている「CASE OF BOØWY」には収録されていない曲がかなり多く収録されているんだが、これの出処ってどこなんだ?

    VHSは文字通り擦り切れるほど見たので、できれば完全版がほしいのだけど、amazon探してもHITしなかった。(DVDはVHSと収録曲が同じ)いやあ、おれ情弱だなあ。

    VHSに収録されていない曲で言うと「RATS」とか印象的。

    イントロのギターフレーズがMORAL同様カッコよくなってて、尚且つサビで布袋がハモってるのがよかった。これ絶対サビでハモってたほうがかっこいいと思う。

    あとは「Give it to me」も非常に良かったけど、こちらはCOMPLETEの10枚目「SPECIALS」に収録されているバージョンの方がテンポ早くてかっこいいと思う。

    あー。なんかカラオケ行きたくなってきた。  

    ■EDIT


    ■【COMPLEX】Don't stop my "video"、恋をとめないで【布袋バイオリン】■ 

    割と最近「バイオリンでBOØWYの曲を弾くお姉さん」というエントリにて紹介したばかりなのだけど、それ以来、結構毎日のようにこの人のバイオリンを聴いている。

    「好きな音楽はBGMに適さない」ってことをずっと言い続けているぼくだけど、とりわけBOØWYなんてのはそういう意味じゃぼくの場合、高校時代からドラムもベースもコピーしまくって、カラオケで歌いまくってもいるので、もう体に染み付いているって言うよりこびりついてしまっている。

    故に、BGMに適さないだろうと思っていたのだけど、どうやらそんなことなかった。

    ボーカルがバイオリンに変わると、当然インストものになるからなのか、よく知ってる曲でも新鮮に聞こえるし、そのくせ作業のじゃまにならないところがすごいと思った。

    あと、前回取り上げたBAD FEELINGは、このお姉さんの曲として初めて聞いたのがそれだったので取り上げたのだけど、BAD FEELINGなんかより、FUNNY BOYや、この「恋をとめないで」なんかはすごくバイオリンとマッチしていて、聞いてて非常に楽しい。

    「恋をとめないで」のイントロのギターフレーズなんて、バイオリンで弾くとまるでアイリッシュのカントリー音楽っぽくて、LIVEでやったら絶対盛り上がると思う。 今度、9月に渋谷でLIVEやるみたいなんで、職場の近く何でぜひ行きたい!  

    ※関連過去ログhttp://blogrider.tokyo/archives/13813827.html ■EDIT


    ■【BOOWY】バイオリンでBAD FEELING、弾いてみた【布袋バイオリン】■ 

    かっこいい。なんてカッコいいんだ。

    アレンジの仕方としては、特別変わったことをやっているわけではないけれど、イントロはオリジナルの恐らくシングルバージョン。

    でも全体的には、布袋のソロ作品における「ALL THE TIME SUPER BEST」時のアレンジをそのまま踏襲している感じ。

    でもギターソロ部分は、BOØWY時代にライブで散々弾いていたパターンだったり、BOØWYマニアであればニヤリとさせられる箇所が幾つもあって、非常に面白い。

    このお姉さん自体がBOØWY好きなのか、後ろのメンバーがマニアで、そうしたアレンジを提案しているのかはわからないけど、個人的には恐らく画面左側のギターの人がアレンジ決めたんじゃないかと思っている。

    と言うのも、バイオリンに目を奪われがちではあるが、このギターの人も何気にものすごく上手い。

    この曲って、ギターはBOØWYの中でも屈指の難易度の曲だと思うんだけど、ものすごくさらっとやってのけてたりする。

    他にも「MARIONETTE」なんかもやっていたりして、コレも非常にカッコいい。

    関連動画は、どうも「布袋寄り」な選曲なので、このバイオリンで「CLOUDY HEART(氷室ソロバージョン)」も聞いてみたいなあと強く思った。  

    ■EDIT


    ■そこらのつっぱりとは違う!時代を先取りするBOØWY!!MORAL全曲ライブ!!BOOWY■ 

    ぼくとしたことが、第二次バンドブームについて話題にする上で絶対に欠くことのできないバンドを紹介するのをすっかり忘れていました。皆さんご存知BOØWYです。

    彼らの最初のアルバムである「MORAL」の再現LIVEってことで曲順通りを全曲+SEX PISTOLSのカバー3曲という贅沢なLIVE。

    動画説明欄によると「1982年」とのことで、サムネ画像でも6人編成であることから、バンド名表記は「BOØWY」の前の「暴威」の頃かもしれませんね。(それかBOØWYへの変更直後か)

    それにしても、音源自体がレアなのは言うまでもないけど、このサムネ画像何よwある意味こっちのほうがレアだわ。

    1982年なので、逆算すると氷室が恐らくこの当時で「21歳」とかで布袋に至っては「19歳」とかそんなもん。未成年!どうりでこの布袋がどうも童貞臭いわけだwてゆーか、僕の友達に似ている。

    このサムネ画像で氷室の向かって右隣にいるのが、恐らく「深沢和明」で、BOØWYの名曲「NO. NEW YORK」を作詞した人です。

    にしてもこの人悪そうな顔してんなあw中学の時、こーゆー顔した悪い先輩いたなあ。

    ※170411追記:↑どうやら違うっぽい。氷室の右隣はサイドギターの「諸星アツシ」の方っぽい。一番左端の小栗旬的な雰囲気を醸し出している人が深沢さんっぽい。

    でもだからといって「そこらのつっぱりとは違う!」ってキャッチコピーはどうよwてっきり動画の釣り用タイトルとして、UP主が勝手にそう言ってるだけかと思ったら、元ネタだったっていうまさかのオチw

    曲はまだ全て聞けてないので、これからゆっくり聞こうと思う。  

    ■EDIT

    このページのトップヘ