脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:BGM


    ELLEGARDEN【作業用BGM】

    ELLEGARDEN(エルレガーデン)と言うバンドについては、もちろん以前から名前は知ってはいたけど、でも何故か今までそこを通らずに来てしまっていたんですよね。

    ※一応、過去に一枚だけミニアルバム的なものは聞いたことは有るけど、その時はそこまで刺さらなかった。

     エルレをスルーしてしまっていた理由


    通ってこなかった理由としては、15年以上前のぼくは、あまりにも英語の発音がネイティブ過ぎるバンドっていうのが好きじゃなかったからっていうのがあった。

    けど、今となってはワンオクを機にその価値観は完全に逆転していて、「寧ろ英語を歌うならちゃんとした発音じゃないとダサくない?」とさえ思うようになった。

    そういった意味では、エルレって「ワンオク以前」のバンドとしては非常にキレイなイントネーションのバンドと言うイメージがあったんだけど、今聞くと、そこまででもないですね。

    ※近年で全体のレベルが底上げされたからでしょうね。

     今更ながら聞いてみようと思った理由


    「フリーザックさん」という、フリーザコスプレのドラマーさんの動画で「Salamander」と言う曲を聞いて、「あれ?これかなりいい曲なんじゃないか?」ということで興味を持ち、昨日はずっとこれを聞いてた。

    確か、ONE OK ROCKのTAKAが日本のバンドではこのバンドにも影響を受けているというようなことを言っていたと思うけど、その理由がわかった。

    確かに、ワンオクが5人から4人に変わって、海外進出する直前くらいまでのワンオク感がある。もっと具体的に言うと、「Salamander」については、個人的にどことなく5th ALBUM「残響リファレンス」に収録されている「Let's take it someday」に近いものを感じた。

     まとめ


    【作業用BGM】と銘打ちながら曲数が少ないのがちょっと残念だけど、どれもいい曲。今度、フルアルバムレンタルしてみようかしら。

    【【今日のBGM:065】ELLEGARDEN【作業用BGM】】の続きを読む ■EDIT



    ■rafi:ki / mix(tape) 018 / special edition neo-cumbia / el búho tribute

    この「rafi:ki」というチャンネルは、主にぼくの大好きなAbstract HIPHOP系や、ダウナー系DUB STEP、DNBと言った、Abstract HIPHOPベースというか、そこから派生した物が中心なんだけど、今回のコイツに関しては、完全に民族音楽ベース。

    でもって、この手のものも実は大好物なので、作業が捗る捗る。なんかインド系のカレー屋とかカフェとかで流れてそうな感じ。

    最近(年末からここ数日にかけて)のBGMは専ら、前回取り上げたTRAP系HIPHOP(主にNEFFEX)ばかりだったんだけど、やはりこういう神秘的というかエキゾチックな感じもすごくいいなあ。

    ※調べたらこれは「cumbia(クンビア)」というコロンビアの伝統的な民族音楽のようですね。「neo」とついているので、それを現代のTRIP-HOP的なビートにアレンジしたのでしょう。

    ぼくはBGMには結構こだわりが強いと言うか、「自分に最も適した作業用BGMとは何か」を常に探し求めているんだけど、以前も欠いたかもしれないけど、やはり作業が捗るBGMは大体みんなBPMが「80~90前後」のものが多い。要するに「HIPHOP / R&B」なんかがそれ。

    逆にビート感が全くないクラシック音楽なんかだと、もちろん曲調にもよるが、眠りを誘引することが多くなってしまう。かと言って、ビート感が強すぎるもの(例えばロックとか)だと、強すぎて興奮状態に陥ってしまう。テンションは上がるが、じっとして集中しなければいけない作業にはあまり向かない。

    それこそ「トランス」と呼ばれるジャンルなんて、日本で流行った感じのアゲアゲ系は別としても、原理主義的な本来のトランスだった場合、文字通りトランスしてしまいかねない。(ま、音数が少ないから人によっては集中できるかもしれないけど)

    そこへいくと、BPM80~90前後で音数の少ないものや、アタックの強すぎないジャンルと言うのは、恐らく、人間の脈動に最も近いところにあるため、落ち着けるのではないかという気がしている。

    ※実際には人間の平常時(リラックス状態)の脈動は「男性で60~70程度、女性で65~75程度」と言われているので、曲のほうが少し早いが、その脈動で捉えやすくノりやすいテンポが、正に80~90前後なのかなと言う気がする。


    ■EDIT


    ■Samurai☯ Trap & Bass Japanese Type Beat ☯ Lofi HipHop Mix■ 

    なにこれ超ヤバイ。クソカッコいい!と、思わず爆笑した。 それくらいかっこいいABSTRACT HIPHOP。

    タイトルとサムネからもわかるように、和のフレーバーによるHIPHOPってことで、和楽器がふんだんに盛り込まれている。

    しかし、過去にこのカテゴリで取り上げた「DJ KRUSH」の1stも、かなり和のテイストを盛り込んでいたものの、あっちはあくまでスパイスというか香り付け程度に加えていたくらいのもんだったのに対し、こっちは寧ろ和メイン。

    ※関連過去ログ:
     http://blogrider.tokyo/archives/13813834.html

    しかもそのアレンジの仕方とかがいちいちカッコいい。今風な要素もしっかり入りつつ、基本ダウナーなだるいビートに丁度いバランスでmixされている。

    くすんだ和紙に、薄い墨汁でお経を連連と書き連ねているような乾いた空気感をひっそりと感じることができる。

    コレは逆に日本人からは出てきにくい発想だとも思ったら、案の定、トラックは全て海外のクリエイターの手によるものっぽい。 やー、もうホントかっこいい。  

    ■EDIT



    ■Cafe Music!夜にしっとり聞きたいジャズインストゥルメンタル!■ 

    正にタイトル通りだった。夜に聞くのにちょうどいい、しっとりとしたスロージャズ。

    夜にネット上でのちょっとした作業をやらなくてはならなくて、その時に前回「040」にて紹介したラウンジ系のものを聞きながらやっていたんだけど、それすらちょっとうるさく感じてしまったので、しっとり系を探してみたところ、ものすごくぴったりなものに巡り会えた。

    ※関連過去ログ:
     http://blogrider.tokyo/archives/13813960.html

    そしてこれ、本当に「夜」聞くのがいいと思った。それも寝る前とか。

    寝る前にうるさいやつとか、BPM早いやつとかを聞いてしまうと、多分ドーパミン的なものが多く分泌されちゃって、要は興奮してしまって寝付きが悪くなりそうだけど、コイツならきっとリラックス効果が期待できるので、就寝30分前とかに聞いたらいいのかなとも思った。

    ただ、それだけに昼間の作業とかでは眠気を誘ってしまう可能性もあるので、向いてないかもしれない。今まさにこれを書きながら聞いているけど、早速眠くなってきた。 ということでおやすみなさい。  
    ■EDIT



    ■【作業用BGM】JazzインストゥルメンタルBGM - ラウンジBGM - 勉強用BGM■ 

    久々にBGM。そして久々のチルアウト系。と言うよりラウンジ系か。

    ここ最近、BGMがライブ音源ばかりでそろそろ飽きてきたのと、先日どこかのお店で買い物をしていた時にJAZZがかかってて、それが非常に心地よく、買い物という作業に思いの外集中できたので、早速JAZZをを検索してコイツを再生させたものの、JAZZではなくただのラウンジ系だったというオチ。

    で、よくよく聞いていると同じ曲をひたすらループさせての3Hちょいってことのようなんだけど、でもまあラウンジ系だし、これはこれで「JAZZY HIPHOP的」でもあるし、別にいいかという感じ。

    鍵盤系とベースラインは結構JAZZ的ではあるけど、ドラムの刻んでいるビートは普通に8なので、R&Bのインストって感じで、イヤホンで聞いててもうるささや暑苦しさはなく、心地よいぬくもりを与えてくれる。

    これでハイハットの音がもう少し小さかったら完璧だったかな。

    とはいえ久々に集中できた。多分これなら、多少頭使う作業でも邪魔にはならないと思うので、おすすめ。  

    ■EDIT



     ■カッコイイ 民族音楽風曲集 - 再生リスト■

    いつもと趣向を変えてみた。とは言っても、実は結構前から再生リストは保存していて、久々に再生した。 なんていうか所謂RPG的な世界観を醸し出している民族音楽集。

    リストにはドイツ編やスペイン編なんてのもありますが、基本やはり「ケルト」というキーワードのものが多いですね。

    ただ、自分もそこまで詳しくはないのでなんとも言えないんだけど、ケルトと言っても、所謂アイルランドやスコットランド的なものも多分にして含まれているんだと思う。所謂アイリッシュカントリー的な曲もあるし。

    具体例を出すと、FF5のカーウェンの町という港町で流れているような音楽が、所謂アイリッシュカントリーとでも言うんでしょうか、要はバンジョー、ウクレレ、アコーディオン、ヴァイオリンなんかで弾いている軽快な曲っていうんでしょうか。

    あとはフォルクローレって言うんですかね。要は音としてはフォーキーで、雰囲気としてはロードオブザリング的な世界観のRPG好きなら楽しめるというような内容になってます。

    BGMとしても決して邪魔にはならないけど、如何せん民族音楽なもんだから、風土とか歴史と言うものが背景にある故、どうしても音にストーリー的要素がついてしまってるので、何も考えずにグイグイ進める作業向けですね。  

    ■EDIT


    ■https://focusmusic.fm/■ 

    ここに来て初めての、YouTube以外のところからの作業用BGM。

    サイトにアクセスして、画面中央のPLAYボタンを押すだけ。 ジャンルとしては所謂「trans系」 ヘッドフォン推奨と言うようなことが書かれているが、別にエアーで聞いても勿論何の 問題もない。

    何れにせよ、ジャンルがtransなので「やや浅めのボリューム」で聞くのが推奨だと思う。

    前回紹介したBGMののHouse系といい、やはり適度に頭を使う系統の作業の時のBGMは 「4つ打ちのエレクトロ」ってのが一番捗るのかも。

    こちらはtransなので、ともすればうるさくなってしまいそうなところだけど、所謂avex 系の「アゲアゲtrans」みたいな騒がしい感じではなく、本当に原理主義的なtransなので うるささを感じないどころか、上手く行けば文字通りトランスできる。

    しかもこれがずー っとノンストップで垂れ流し出来るってところもいい。これはものすごくおすすめな作業用BGM。

    ※追記
     よくよく見たら、ジャンルが選択できるようになってました。
     ⇒「Channels」から「electronic、downtempo、classical、rain」の中から選択可能。 ■EDIT

    ■作業用BGM:Nonstop Full-on psychedelic trance mix.1■  

    作業用BGMとして前回、Abstract HIPHOPを紹介したけども、でもやっぱり何だかんだで頭使わないくていい単純作業系の時はこーゆートランスとかのほうが捗るんだよなあ。  

    無機質な冷たさと浮遊感を、メカニカルな4つ打ちによる強制スクロールような適度なスピードに身を委ねて牽引されるのが心地いい。

    ■EDIT

    【今日のBGM:001】 ■rafi:ki / mixtape 016 / instrumental hip-hop beats 2016■
    JUGEMテーマ:HIPHOP

    いわゆるAbstract HIPHOPなので、チルアウトとしてはもちろんのこと、ちょっと頭を使う系の作業用BGMとしても凄く良い。ラップの入ってないHIPHOPって、実は凄く集中効果が高い気がする。

    多分、BPMとかビート感が思考の妨げにならないちょうどいい感じなんだと思う。  

    色んな色を混ぜすぎて最早何色なんだかわからなくなった水彩絵の具をめいいっぱい水で溶いて、その1滴を和紙に落とした時の滲みのような浮遊感がたまらない。

    ■EDIT

    このページのトップヘ