脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:80年代

    81ev4VQ2lFL._SL1406_
    TM NETWORK - DRESS(通算7枚目のアルバム)
    1989年5月12日リリース

    ●収録曲
     1.COME ON EVERYBODY(WITH NILE RODGERS)
     2.BE TOGETHER
     3.KISS YOU(KISS JAPAN)
     4.DON'T LET ME CRY
     5.COME ON LET'S DANCE(DANCE SUPREME)
     6.SPANISH BLUE
     7.GET WILD '89
     8.RAINBOW RAINBOW
     9.RESISTANCE
     10.MARIA CLUB
     11.CONFESSION
     12.TIME(PASSES SO SLOWLY)
     13.FOOL ON THE PLANET(WHERE ARE YOU NOW)
    • リミックスアルバムではなく「リプロダクトアルバム」
    • 恐らく日本で初めて「外注リミックス」をおこなった作品
    • TM NETWORKとしては最後のアナログ盤(レコード)作品

    30年前の今日リリース。

    ぼくがTM NETWORKを知るキッカケとなった1枚でもあり、音楽の楽しさを知るキッカケにもなった1枚でもあり、そしてぼくが一番好きなTM NETWORKのアルバムでもある。

    このアルバムはぼくの人生に多大な影響を与えた1枚と言ってもよく、ぼくの人生史上の中でも十指に入る名盤でもある。

    ※関連過去ログ
     http://blogrider.tokyo/archives/13813750.html

    ※この過去ログでは「ぼくの人生に影響を与えた10選」みたいな感じで、10枚のアルバムを紹介してるため、結構な長文です。

    とにかく、このアルバムから受けた影響は計り知れない。今でも大好きなアルバムだし、「TM NETWORKといえばこれでしょ!」って言えるくらいの強い思い入れがある。

    上記の過去ログでも少し書いているんだけど、元々はぼくと同い年の従姉妹経由で妹がハマり、レコード屋を経営する父親にカセットテープにダビングしてもらったものを一緒に聞いているうちに、いつの間にかぼくのほうがハマっていた。

    元々は「GET WILD聞きたさ」ではあったのだけど、すっかり他の曲にもハマってしまった。ということで、ぼくにとっての重要なアルバムってこともあるので、例によって全曲解説です。

    ※各曲に動画URLを添えてますが、バージョン違いのものは本意ではないので貼ってません。

    【【×年前の今日】1989年5月12日:TM NETWORK - DRESS(通算7枚目のアルバム)】の続きを読む ■EDIT

    20170922_5351e4
    小比類巻かほる - City Hunter〜愛よ消えないで〜(5th SINGLE)
    1987年5月10日リリース

    よみうりテレビ系アニメ「CITY HUNTER」第1話~第26話OP

    ※収録曲
    1. City Hunter〜愛よ消えないで〜
      作詞:麻生圭子 - 作曲:大内義昭 - 編曲:戸塚修

    2. What's Goin' On
      作詞:小比類巻かほる - 作曲:大内義昭 - 編曲:戸塚修
    32年前の今日リリース。

    ぼくがCITY HUNTERのアニメを見始めたのって、厳密には「2」の終盤からなので、1作目はリアルタイムの世代ではあるけど、スルーしてたってやつです。

    【【×年前の今日】1987年5月10日:小比類巻かほる - City Hunter〜愛よ消えないで〜(5th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT




    面白かった。

    マイケル博士でもあるNONA REEVESのVo.西寺さんの著書。確かにジャネットってそこまで音楽的評価が高いイメージはなかったけど、凄すぎて逆に凄さが伝わってないってところは、なるほどと思った。

    思えば安室奈美恵も宇多田ヒカルも、ジャネットにめっちゃ影響受けてるんですよねー。

    あと同時期に活躍していたマドンナやホイットニーを始め、80'sポップス全体について深い知識が展開されてるのは非常に面白かったけど、それ故に話がやや散漫な印象も。

    第1章の「We are the worldに呼ばれなかった3人」は非常に面白かったけど、もっとジャネットに絞って深く掘り下げてほしかったなという感じも。

    とは言え、同時期に活躍していた「マドンナ」と「ホイットニーヒューストン」という偉大なディーバのこともそうだし、プリンスやジャクソン家の他の兄弟のことについて、非常に深い知識で語られていて、断片的にとは言え80'sポップスの片鱗を見ることができたのは非常に面白かった。

    この人の他の著書もぜひ読んでみたいと思わせるには十分な1冊だった。

    因みに、Twitterに簡単に感想を書いたら、作者本人からいいねとリツイートされてビビったw ぼくはツイートの際にはハッシュタグは入れてないので、やっぱりエゴサ的なことしてるんですかね。

    先日紹介した「怒らない人は、うまくいく」の中谷彰宏さんもそうだった。

    ※関連過去ログ
     怒らない人はうまくいく - 中谷彰宏

    ■EDIT

    このページのトップヘ