改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
ロバート キヨサキ
筑摩書房
2013-11-08


参考になった。

とはいっても、数多くのネットビジネス系の動画を見ていく中で、多くの人達がこの本に書かれていることを、そのまま「ネットビジネスで成功するためのマインドセット」として話していたし、それこそこの本の朗読動画なんかも見ていたので、概要については既に大体知っていた。

要するに一言でざっくり言うなら、「お金そのものやその使い方を学ぶ」ということや、「お金のために働くのではなく、お金に働かせなさい」ということを学ぶ本だということだ。

特に一般人のお金の流れ方と、お金持ちのお金の流れについて、「貸借対照表」と「損益計算書」で図解にして解説しているところは、ぼく自身、高校時代に簿記を勉強していた経験があるので、非常にわかりやすくてよかった。(簿記を知らなくても理解できるような簡単な説明にはなってます)

あと「持ち家は資産ではなく負債である」という考え方については、自分も正に同じことを思っていたので、「やっぱり間違ってなかった」という安心感を得られた。

ただ、元は英語で書かれていたものを日本語に訳したものなので、正直表現がピンとこなかったりするとことも多々あったので、洋書の翻訳版が苦手な人にとっては、読みにくいと感じるところもあると思う。(かくいうぼくがその1人)

とは言え、そんな中でもかなり読みやすい部類には入る方だとは思う。

【金持ち父さん貧乏父さん [改訂版] - ロバート・キヨサキ】の続きを読む ■EDIT