脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:田舎者

    渋谷で暴行、少年4人逮捕「ハロウィーンで捕まらないと思った」
    毎日新聞 - 2018年12月18日 11時48分(最終更新 12月18日 14時02分)

     10月のハロウィーン直前の週末に東京・渋谷のセンター街で男性2人に暴行しけがをさせたとして、警視庁少年事件課は18日、埼玉県川口市のとび職の少年(17)や男子高校生ら少年4人を傷害容疑で逮捕したと発表した。とび職の少年は「ハロウィーンだったら警察の手が回らず捕まらないと思った」と供述しているという。

    ※続きはリンク先で※

    >埼玉県川口市のとび職の少年(17)
    >ハロウィーンだったら警察の手が回らず捕まらないと思った

    案の定、ダ埼玉の田舎もんだし、そもそも発想そのものが田舎者だよねwま、言うてるぼくもダ埼玉県民ですがw

    まあでも何が言いたいかって言うと、結局ハロウィンごときに浮かれてるやつみんな田舎者ってことなんだよねw結局そこに着地する。

    「川口在住の鳶職の17歳が渋谷のハロウィンに行く」とか、もうそれだけで田舎者感がすごいw絶対、語尾「~だべ?」だと思うwてゆーか、そうであって欲しいw



    南青山・児童相談所建設、反対住民の“誤解”…学歴重視の人ほど虐待しやすい傾向
    2018.12.21 - Business Journal
     東京都港区の一等地、南青山に建設予定の施設に対して、一部の住民が猛反対している。

     問題となっているのは、子ども家庭支援センター・児童相談所・母子生活支援施設の複合施設で、「港区子ども家庭総合支援センター(仮称)」。同センターは、多様な文化や人との出会い・交流、学習の場として子育てを応援すると共に、支援機能と児童相談所の専門機能を一体化させて総合的に支援していくという。

     住民の反対理由はさまざまだが、その多くは児童相談所などへの誤解と偏見、思い違いからくるものだ。たとえば、「施設で保護している子どもが脱走したらどうする」と不安視する声がある。

    ※続きはリンク先で※

    ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2018/12/post_26011.html
    Copyright © Business Journal All Rights Reserved. 

    少し前にもこの件がワイドナショーで取り上げられたときに思ったんだけど、やっぱり、先に取り上げたニュースといい、この件といい、「田舎者」って「どこに住んでいるか」ではなくて、マインドの問題なんだなってことをつくづく感じた。

    ※関連過去ログ
     田舎に住んだら、色々と錆びついていきそう

    この児童相談所の建設に反対している住民の声というものがワイドナショーで取り上げられていて、その言い分を聞いたときにぼくが思ったことは「うわ…田舎者やん」ってことだった。

    そもそも反対者の言い分の大半が「南青山」というブランドに固執していて、行政と住民の話し合いの場において、「この辺のランチ単価知ってるんですか?」とか言っちゃう始末。(前回ワイドナショーで取り上げられたときの映像で)

    いや、ダセえ。すげえダセえ。

    どんなものを作るってなったとしても、反対意見は一定数出るものだろうし、もちろん住民側にはそれを言う権利も、もちろんある。

    でもね、今日(2018/12/23OA)のワイドナショーで松本人志も言っていたけど「ブランドは周りが上げて、自分で下げちゃうもの」ってことなんだよね。ホントそうだと思った。

    この件で「南青山」というブランドに固執している住民によって、「ああ、こういうリテラシーの低い住民ってやっぱり南青山でもいるんだ」って思っちゃった。こいつら、絶対「地方出身者」だよね。

    そういう意味では、川口とか大宮とか所沢からわざわざ渋谷くんだりまで出張ってきて「ハロウィンうぇーい!」ってはしゃいでいるガキと大して変わらないと思う。

    要は「渋谷」とか「南青山」というところと関わっている自分に酔っているだけ。

    「憧れの南青山はこうあるべき」っていう勝手な妄信的イメージを膨らませているだけ。これって、クソキモアイドルオタ or アニメオタが、推しのキャラのことを勝手に「嫁」呼ばわりして、あまつさえそこに処女性を求めているのと一緒。

    みっともないし、何よりキモい。

    こーゆー「都会在住の田舎者」によって、都会のブランドってどんどん落ちていくんだなと思った。そういう意味じゃ渋谷なんて、ずいぶんダサい街になってしまったなと言う気がする。ダサいと言うか汚れたというか。

    ■EDIT

    前エントリのお題「【お題】今まで住んだことのある場所は?」で書いていたのだけど、思っていた以上に長くなってしまったのと、そもそも話が脱線しすぎたので、独立したエントリとして、公開することにする。

    ここ数年「スローライフ」だかなんだか知らんが、田舎暮らしを礼賛する風潮が強いけど、ぼくは田舎暮らしだけは絶対に嫌だ。死んでも田舎なんぞに住みたくない。なんで田舎なんかに住みたがるのか、理解に苦しむ。

    確かにインターネットインフラの整った昨今、それこそ在宅勤務的なことだったり、インターネットビジネスで生計が立てられるようになれば、わざわざ都会に出張って仕事をするなんて必要はなくなる。

    買い物だってネットで出来るし、あらゆることがインターネットでソリューション出来るので、それこそぼくがこのブログで散々言い続けてきたこと、こうなればいいのに的なことって意味では、田舎暮らしでも充分事足りるだろう。

    忙しない毎日の中、通勤電車に揺られることもなければ、猥雑な都会の喧騒に埋没することも無く、大自然に囲まれ、穏やかな気持ちで日々を過ごすことが出来るだろう。 けどそれってなんかつまんなくないですか?  

    【田舎に住んだら、色々と錆びついていきそう】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ