氷室京介 - KISS ME(9th SINGLE)
1992年12月7日リリース

・C/W:YOU'RE THE RIGHT
・作詞:松井五郎 / 作曲:氷室京介 / 編曲:西平彰。
・4thアルバム『Memories Of Blue』の先行シングル。
・自身初にして唯一のミリオンセラー。




26年前の今日リリース。

なんていうか、この曲は全てがかっこいいとしか言えない。曲もジャケットもPVも全部かっこいい。見てくださいよこのジャケット。氷室とバイクですよ。背景赤ですよ。死ぬほどかっこよくないですか。

なんていうか、個人的には「氷室京介」というイメージやブランドって、このシングルによって完成されたと言っても過言ではない気がする。

それ以前からも、積極的に「脱BOØWY」を図って、あれこれやっていたとは思うんだけど、その音楽的・ビジュアル的アプローチがあまりにもおしゃれすぎるというか洗練されすぎちゃってて、それが何処か「氷室っぽくない」という感じもしていて。

まあ、もちろんそれが「勝手なイメージ」であることは百も承知なんだけれども。

でも、ここに来ていわゆる「待ってました感」というか、正に「こーゆーのを見たかった・聞きたかった」というところにハマったのではないかと思う。これ、同じことを後の17枚目のシングルである「SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~」でも思うのだけど。

※関連過去ログ
 【×年前の今日】氷室京介 - SLEEPLESS NIGHT~眠れない夜のために~(17th SINGLE)
 
要するに、このSLEEPLESS~のときにも書いたけど、氷室の最大の魅力って「V系寄りな中2感のあるナルシズム」だと思うんですよね。で、それってこのPVでの動きにそれが現れている気がする。


【【×年前の今日】1992年12月7日:氷室京介 - KISS ME(9th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT