脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:歌舞伎町


    ・確か@¥980くらい。



    旨すぎて最早笑える。なんなんだコレ。

    所謂従来の「カルビチャーハン」っていうと、薄く細かく切られたカルビが申し訳程度に入っているだけっていうイメージ。

    だけどここのは、画像だとわかりにくいかもしれないけど、「角煮一歩手前」くらいのかなり肉厚ジューシーな肉がゴロゴロ入っている。この肉が商品名の通りかなり柔らかく、歯ごたえがある。

    一緒に入っている野菜もいい感じに量が多くて、ぼく好みだったんだけど、しかし何より特筆すべきは、チャーハンだった。

    いやあのね、そもそものチャーハンがまず普通に旨いんですよ。

    カルビのほうがだいぶ味付けされているからなのか、チャーハン自体の味付けは薄い印象なんだけど、米の粒立ち具合とか、カルビ自体と味付けの油がいい感じに混ざり合ってくれて、めっちゃ旨い。

    特筆すべき目立った特徴はないんだけど、なぜか旨くてグイグイ進む。わかんないけど、米そのものが旨いような気がする。

    前回紹介した「うなぎ卵炒め」でも白飯が旨かったように、大阪王将はご飯モノが旨いのかもしれない。

    ごちそうさまでした。 ■EDIT

    View this post on Instagram

    大阪王将歌舞伎町店限定メニュー 鰻たまご炒め 旨すぎて笑える。

    ゆうさん(@yusuke1235)がシェアした投稿 -



    超絶旨かった。

    実はもう現時点までに3回位リピートしているんだけど、これはやばい。うますぎる。で、またこれが「歌舞伎町限定メニュー」ってところが憎い。

    大阪王将はいたるところに数あれど、このメニューについては歌舞伎町でないと食べれない。しかし、歌舞伎町の大阪王将、晩飯時はいつも混んでるというジレンマ。むむむ。

    あとね、もうこのブログで何度書いてきたか忘れたけど、ぼくはとにかく「たまご」が好きで、「たまご炒め」ってだけでもご飯何杯でもいけるんだけど、そこにうなぎなんかつけられちゃったらねえ?たまらんでしょ。

    とはいえ、うなぎは当然のことながら、所謂うな重とかみたいに1枚でどーんってわけじゃなく、画像の通り細かく切られているため、脂っこい味付けと卵が一緒になることで、正直食感を見失いそうになることがある。

    でもやはり、タレとたまごとプリプリのうなぎの食感は、これ以上無いくらいに見事なコンビネーションで、当然のことながら白飯が進む進む。

    てゆーか、大阪王将の白飯、何気に結構旨い。中華壱番館もなかなかなだか、こちらも相当やりおる。とりあえず、現場からは以上です!ごちそうさまでした!

    P.S.大阪王将にはもう一つ、素晴らしいメニューがあるので、それも別記事にて紹介予定!

    ■EDIT


    ■かぶきち - 新宿歌舞伎町■ ※年中無休24H営業 
    ※画像引用元: https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13164017/

    ●オーダーしたもの
    ・焼きそば(並)+半ライス@¥950

    ■特長■
    ・鉄板焼きそば。
    ・ソース焼きそばだけど、そこまでソースは濃くなくて割とあっさり。
    ・表面をカリカリに焼いている。
    ・デフォで生卵トッピング。※目玉焼きへの変更可。
    ・もやしが細くて短いタイプのもの。
    ・ネギがいい感じに辛い

     うまかった。(2回目)

    初めて訪れた時は、別にそこまで強烈に「うまい!(テーテッテレー)」というほどではなかったんだけど、昨日仕事中、ここの焼きそばのことを不意に思い出し、帰りの渋谷駅から山手線に乗っている頃にはすっかり焼きそばのことで頭がいっぱいだった。

    だからなのかどうかは分からないが、1回目より美味しくいただけた。

    1回目にそこまで強く感動しなかった理由としては、「居酒屋で出てくる焼きそば」とあまり変わらないレベルという印象だったからと言うのがある。具体的には、塚田農場にある鉄板焼そばみたいな感じ。あすこも目玉焼きを乗せてくる。

    とは言え、特長の項目に挙げたように、ソース焼きそばではあるものの、そこまでソースが濃くないからか、結構あっさりしてて凭れない。

    でも白飯とはよく合う。その程よい味付けと、もやし&ネギのコンビが絶妙なバランスなのも良かった。

    もやしが、所謂スーパーなどに売っているような標準的な太さのものではなく、細くてやや短いもの。キャベツは入っていないため、麺の邪魔にならず、併せた時の歯ごたえが非常に良い。

    加えて、厚めに刻んであるネギの絶妙な辛さが時々アクセントとしてスパイスになってくれているのも良い。紅しょうがはテーブル付きで自分でトッピングできるけど、別に要らないんじゃないかと思う。

    ただ、惜しむらくはライスが少々微妙だったかなと言うところ。ちょっと僕には柔らかすぎた。やっぱり旨い焼きそばにはちょっと冷めてるくらいのライスでコーディネートしたい。

    他にも「炒飯」や「肉炒め定食」的なものもあり、一品物のメニューや、カウンターに幾つかお酒が並んでいるところを見ると、居酒屋感が結構強いことに気づく。あながち「居酒屋系の焼きそばだった」という感想は間違っていないのかもしれない。

    また近いうち来ようと思う。ごちそうさまでした。  

     
    ■EDIT

    torasoba_tentama
    とらそば - 新宿歌舞伎町

    うまい!

    仕事帰りに寄ることが多いので、本当に多い時は週3とか週4で来ることもある。夏は「冷やしたぬき」一択だったが、ここ最近はずっと「天玉そば」をオーダー。

    torasoba_hiyashitanuki
    冷やしたぬき

    でもぼくは、天玉で言ったら富士そばなんかよりこっちのほうが断然好きだ。

    富士そばの天玉は、かき揚げが地味というか質素。豪華さとかお得感が薄い。で、卵も温玉なのが気に食わない。

    片やとらそばの天玉は、かき揚げがデカい。で、生卵。やっぱり汁物につく卵は生卵の ほうが断然いいでしょ。まして蕎麦みたいな味の薄いものとかあっさりしているものなんかは特にさ。

    デカいかき揚げをまずは2口3口齧って少し小さくしてから、かき揚げを一旦つゆの中に沈めてちょっとふやけさせるで、その後に生卵をいよいよ崩して、かき揚げごと包 み込み、七味とごまは多めにかけるのが良いと思う。

    で、先日そんな感じで天玉そばを今日も食いに行くべと思ったらビックリした。券売機 の右下隅の方に「とんこつラーメン(最初の替え玉無料)¥500」とか書いてあるんだ もん。なにそれ。立ち食いそばでとんこつラーメン?聞いたことねえよ。

    torasoba_tonkotsu


    で、立ち食いそばのシステム的に替え玉したい時にどうやって頼めばいいのわからなかったので確認したら「なんなら今、入れちゃいます?」って言うから「か、替え玉の意 味とは。。。」って思った。

    けど、結果そうなるだろうから「じゃあそれでお願いします」ってことで入れてもらった。まあ、結果「替え玉したい時の頼み方」の回答は得ていないのだけど。

    で、肝心のとんこつラーメンだけど、まあアレだ。極めてオーソドックスなとんこつラーメンだった。可もなく不可もなく。特徴的な要素も何もない、普通の極細ストレート 麺のとんこつラーメン。

    硬さは普通。紅しょうがと、大きめなのりが2枚。普通に美味しかった。

    でも「立ち食いそば屋」なので、所謂「麺の硬さ」などのカスタムには対応してくれない気がする。と言うより頼みづらい。雰囲気的に。

    とんこつラーメンのカスタムにこだわりたいのなら、すぐ近くの「風龍」に行けばいいし、安い値段でとんこつラーメンを食べたいならこっちにするのがいいでしょう。  

    ※画像引用元 
     https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13194252/
    ■EDIT

    このページのトップヘ