脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:時間管理術

    面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力
    安田 正
    日本文芸社
    売り上げランキング: 226,703

    まあまあ参考になった。

    とはいえ、本書にて書かれている内容については、DaiGo氏の動画で繰り返し語られている内容だったり、既存の時間管理術系・タスクマネジメント系のビジネス書と大差はないので、そういう意味では目新しさはなかった。

    まあ、言い方を変えれば、それだけ普遍的な内容であるということ。そういう意味では、だいぶ前に読んだ「1日5時間で仕事を片づける人の習慣術」とほぼ変わらなかった。

    ※関連過去ログ 
     1日5時間で仕事を片づける人の習慣術
     
    改めて、上記過去ログを久々に読んでみたけど、その時とほぼ同じこと言ってますねw

    とはいえ、頭でわかっていてもなかなか実践できなかったりして、結局身についていないので(そうでなければ、この本を手にとってレジまで持っていくということはしていなかったはずだ)なので、これは何度か繰り返し読んだほうがいいのかも知れない。

    この本の中で参考になったのは以下の部分。

     1. 計画は「1日・3ヶ月・1年」のスパンで建てる
     2. 1億円を手にするには、今日の過ごし方が重要
     3. 「3ヶ月ごとの見直し」をする
     4. ToDoの他に「やらなくてもいいこと」もリストアップする
     5. 「図解力」は思考力と伝達力を高める
     6. スランプ時には「とにかく原因を書き出せ」


    これらについては、正直一度はどこかで聞いたことある内容だったりするんだけど、改めて参考になったと言うか、重点的に読んだ方がいいと思いながら読んだ。

    でもやっぱり、どんな本でも動画でも共通して語られているのは下記の点。

     1. 午前中が一番捗る(起床から2時間後がピーク)
     2. 身の回りの整理整頓

    これについては、ホント、どの本にも書いてあるし、DaiGo氏も言っている。

    でも、もうこの系統の「時間管理術系」の本については、読むのを少し控えようと思った。

    理由は、類似するジャンルのものを何冊か読んでみたものの、ほぼ内容的に変わり映えがしないということに加え、これは自己啓発系の本にも言えることだと思うけど、あまりにもこういう本ばっかり手にとっているということは、結局それを「実践できていないこと」ということでもあるわけだ。

    なので、この手の本を読んで「やった気」で終わらせないよう、ちゃんとアウトプットしていくことを考えないといけないなと反省した。

    その気付きが得られただけでも良しとしておこうかな。

    面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力
    安田 正
    日本文芸社
    売り上げランキング: 226,703
    ■EDIT

    人生を思い通りに操る 片づけの心理法則
    メンタリストDaiGo
    学研プラス (2017-11-22)
    売り上げランキング: 878

    これはめちゃくちゃ参考になった。

    久々に本のレビューを書きます。今年は全然本が読めなかったけど、そのかわりここ数年読んできた中で一番ためになる本と出会えたので、良しとしようと思う。

    ということで、続きを読むよりどうぞ!


    【人生を思い通りに操る 片づけの心理法則 - DaiGo】の続きを読む ■EDIT

    ぼくはとにかく「最近忙しくて…」みたいなことを言い訳にする人が信用できないし、自分でも極力言いたくない人です。

    何故ならば、「忙しくて××出来ない」ってのは本当にただの言い訳でしかなくて、ただ「優先順位」を下げているだけでしか無いということを知っているからです。

    例えば「忙しくて本なんか読んでいるヒマはない」っていう人。はい残念!そんな訳ありませんね。

    忙しくてヒマがないならスマホを見てダラダラする時間も、YouTubeでクソつまんない動画を見ている時間も、しょーもないバラエティ番組を見ているヒマもないってことでしょうから、当然そんなことはしてないんですよね?ね!

    って詰められたら、きっと多くの人が「いや、あの、それとこれとは別でして、それはその…」って言葉に詰まることでしょう。ええ、もちろんぼくもその一人です。

    でもね、ここ最近やりたいことが多すぎて時間が足りない。忙しくて××する隙がないって言うより、純粋に「時間が足りない」と感じる。

    でもこれは割と明確で、単純にぼくの時間の使い方が下手くそなんだと思う。我ながらもっとうまいこと時間を使えないもんかなと思う。

    自宅のPCをWin10に乗り換えたことで、Photoscape Xを使えるようになり、以前からちょいちょいやっていた自分のブランドのデザインの幅が広がったりして、そろそろこっちに力を入れたいなと思っていたり。

    でもこのブログのカスタマイズや、インポート分の記事の行間修正やリンク修正もまだ全然手付かずだしで、やりたいこと・やらなくてはいけないことが多すぎる。もうぶっちゃけ、いまの仕事辞めたいくらいだw なのでこーゆー時、ついつい「忙しいから」を言い訳にしてしまいそうになる。

    でも、常に「時間がない時間がない…」って言って忙しいアピールしている人いますけど、そういう人に限って仕事できない人が多い気がしません? だって、それ「時間がない」んじゃなくて「余裕がない」だけですからねえ。

    ということを、最近ハマっているメンタリストDaiGoさんの動画で改めて再確認させられたりしたので、もうちょっとあらゆることに集中して取り組めるようにしないとな、と思った次第でした。

    というどうでもいい日記だけだと流石にアレなんで、一応、DaiGoさんの動画を貼っておこうかなと思います。困ったときのDaiGo動画。 【「忙しくて××できない!」はただの言い訳。優先順位を下げているだけ。&「時間がない」のではなく正しくは「余裕がない」】の続きを読む ■EDIT

    ■1日5時間で仕事を片づける人の習慣術 (PHP文庫) 文庫 – 2007/2/1 知的生産研究会 (著)



    まあまあ参考になった。何より非常に読みやすかった。

    通勤の電車内でしか読んでおらず、別の本との併読であったにも拘らず、2日目で読み終わったので、恐らく読んでいた時間は正味2時間程度といったところかもしれない。

    このカテゴリは久々の更新になるけど、内容的にはこれまでに紹介してきた「読書術系」のものや「仕事術系」のものとほぼ同様。というか全く一緒。

    ここのレビューには書いてないけど、同じような内容の本についてはもう何冊か読んではいるのだけど、当たり前の話だけど、大体同じことしか書いてない。

    もちろん「だからダメ」というのではない。

    作者が「知的生産委員会」と団体名になっていることと、参考文献の数が多いこととPHP出版であるということから、同系統のあらゆる本のダイジェスト版とでも言うような内容ではあるけど、非常によくまとめられている。

    奥付を見ると第1版が2007年ではあるが、15刷まで刷られていることからもわかるように、時代の流れにあまり左右されない普遍的とも言える仕事術の本だと思う。

    コレについては1回読んで終わりにするのではなく、常に携帯して、忘れた頃に読み返したほうがいいかもしれない。 内容としては以下の5項目からなっている。  

     1:時間管理術
     2:情報収集術
     3:整理術
     4:コミュニケーション術
     5:勉強術

    全てに於いて共通しているのは、当然のことながら「兎に角無駄を無くせ」ということ。特に、個人的には「3:整理術」については強く心がけなければならないなと、ひしと感じた。

    あとは何より、文体とか、「この本の情報自体に全くの無駄がない」というところで、非常に読みやすいというのもあるんだけど、なんか「この手の本を上手に読むコツ」みたいなのがつかめた気がして、ものすごく効率よく読めたのが、個人的に嬉しかった。

    具体的には最初に「目次」を熟読して、そこのタイトルに目を通していると、変な話、この段階でもうこの本の7割位は理解できたというか、読んだも同然な気がして、その後の部分については流し読みというか、いい感じに飛ばしながら読めた。

    ぼくは本を読む時、つい頭からバカ正直に全部読んでしまうので、1冊読み切るのにいつも時間がかかってしまう。今回はそれをしないで、尚且つある程度頭に入れながら読めた。

    まあ、過去に同じような本を何冊も読んでいたから、「内容をインプットする」と言うよりほぼ「答え合わせ」みたいな感じだったから、というのもあるんだろうけど。

    目新しさはないけど、常時携帯しておきたい1冊。

    ■EDIT

    このページのトップヘ