工藤静香 - くちびるから媚薬(9th SINGLE)
1990年1月10日リリース

・作詞: 松井五郎 、作曲: 後藤次利 、編曲: Draw4
・c/w:セレナーデ



29年前の今日リリース。

過去このカテゴリにおいて、「この時代の工藤静香が好き」ということを書いたわけなんだけど、その中においても、この「くちびるから媚薬」という曲がぼくは一番好きですね。

※関連過去ログ

上記過去ログでも書いたんですけど、「恋一夜」以降の工藤静香の楽曲って、どこかこう、歌謡曲感があるんですけど、この曲はそこを全面に押し出している感じが好きで、特に間奏で、Aメロをそのままなぞるラインとか、めっちゃ歌謡曲感ないですかw

これについては今聞いても古さを感じないところがすごいなと思う。なんか、「ザ・ピーナッツ」の「恋のフーガ」っぽいので、ここまでくるとある意味「クラシック」という感じだからなんでしょうね。

これを当時19とか20で歌ってたってのが本当にすごいと思う。しかも、当時の19とか20の女の子のアイドルって、元気さとかを売りにするのに、ものすごくアンニュイに歌ってるところもいいですよね。この歌謡曲感にものすごく合ってると思う。

【【×年前の今日】1990年1月10日:工藤静香 - くちびるから媚薬(9th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT