脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:占い


    [検証] テレビの星座占いは各局で同じになるか調べてみた


    これはなかなか面白かった。なんか普通に喋りに親近感があって面白かった。

    ぼくは、占いの類は最初からどうでもいいと思っているタイプの人間なんで、この発想がなかったんだけど、よくよく考えたらホントそのとおりだと思う。違う結果が出るなんてことはあってはならないはずだ。

    と言うよりも、世間の人たちは「占い」というものを大きく誤解していると思う。

    なんか、占いというものに対して「予知・予言」の類のものであると言う前提で話す人が多いじゃないですか。だからこそ「当たる / 当たらない」という言い方をするんだと思うけど、現代で一般的に言われている占いって「ただの統計学とバーナム効果」だと思うんですよね。

    特に「手相」なんかその最たる例だと思いますけどね。「こういう手相の人には、こういう人が多い」っていうだけのこと。

    それプラス、占い師自身の人生経験(占い師として多くの人に触れてきた経験則)を掛け合わせて、「こういう風になさい」ってアドバイスしているだけでしょあんなもん。

    だから「当たる / 当たらない」じゃなくて、「どう行動していくのかが重要」って話じゃん。

    それに未来の結果が当たっていたか外れていたかなんてのも、その人の解釈に委ねられる部分があるでしょって話。このあたりが所謂「バーナム効果」と言われる所以。

    TVとかだと、確かにかなり具体的に「未来を予言するかのように」語られることが多いので、バーナム効果とは言い難いかも知れない。

    けど、結局こうした場合の占い師の話す内容そのものは、先述の通り「統計学」という根拠に基づいているわけで、それを受けて「どういう行動していくか」で、未来なんていくらでも変わるじゃんって話。

    その結果の部分だけフォーカスして「当たった / 外れた」っていうのは、そもそも見方からしておかしい。それはただの「未来予測ゲーム」でしか無い。

    結局の所、「自分にとっての都合のいい未来を言って欲しい」ってだけでしかなくて、そうすることで「努力しなくても明るい未来が待っている」っていう安心感を欲した、ただの甘えた考えでしか無い。

    なので、占いの結果に一喜一憂している人ってぼくからすると、すごくバカに見えるんですよね。てめえの未来くらい、てめえでハンドリングしやがれって話。

    人はね、「自分の思ったとおりにしか生きられない生き物」ですから。「どうせ自分なんて」って言ってる人は絶対成功しないじゃないですか。それが口癖の人は「挑戦しない人生」しか歩まないんだから。

    ね?思ったとおりにしか生きられてないでしょ?こういうことなんですよ。だから本当に幸せになりたいなら、占いなんていちいち気にせず、自分のやりたいことをやればいいんです。

    占いとか、まじどうでもいい。


    ■EDIT

    ■お題:おみくじや占い、信じますか?

    信じないし、それ以前に「忘れる」 まあ、占いの結果にその場の雰囲気に合わせて空気読んで一喜一憂することはあっても、 忘れてしまうってことは結局のところ「最初っから信じてなどいないから」ってことになるんだろうねきっと。

    あと思うのが、占いの結果を覚えている人って「いい結果の時だけ」じゃないかなと。

    何か良からぬことが起きた時に「ほれ見たことか。やっぱりあの占いのとおりだった!」って言ってる人を見たことがないし、仮に自分の周りにそんな人がいたとしたら「占いのせいにするな!それを回避する心構えが足りてない、或いは努力を怠ったお前自身の問題だ!」と言ってやりたい。

    結局のところ、お金を払ってまで自分の未来を占ってもらおうとする人とかの場合だと、「自分の望む幸せのラインに果たして到達できるのかどうか」という不確定要素を、占いという非科学的な手段で「自分の未来を分析してもらったつもりに」なって、いい未来をぼんやりふんわりと提示してもらって、安心したいだけでしか無いのかなと思う。

    更に穿った見方をするなら、その幸せラインにたどり着くための努力をするのは面倒くさ いから、いい結果を提示してもらうことで、何もしなくてもいいことあるんだ!って思いたいだけなのではないか、とすら思えてしまう。

    で、「占いが当たった!」って騒いでいる人は正にバーナム効果で、都合のいい部分のみ にフォーカスしてその場面をキャプチャ撮ってるだけでしか無いような気がする。

    「でも気持ち悪いくらい当たる占い師とかいるじゃないか」って言う人もいるでしょう。

    それこそ最近見なくなって久しい細木数子を筆頭に、最近だとゲッターズ飯田とか、手相 占い芸人のアポロン山崎とかいろいろいるけど、結局のところアレって「ただの統計学」 ですからね。「この手相の人にはこういう人が多い」ってだけ。

    それに気付いちゃってから、そういったたぐいのものが本当にどうでも良くなってしまい 結果、占ってもらっても「忘れてしまう」んだなと思う。

    ■EDIT

    このページのトップヘ