脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:勉強法

    勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)
    梅原 大吾
    小学館
    売り上げランキング: 11,458

    面白かった。

    前回・前々回のレビューも「ゲーム」に関する本ということで今回はその第3弾。

    著者は「日本初のプロゲーマー」である「梅原大吾」氏。前々回「高橋名人」はゲームメーカー側の人であると同時に「名人」の名を持つ「プレゼンター」。次の「フジタ」さんは「ファミコン芸人」という特殊な肩書の、「カルトコレクター」。

    そして今回の梅原氏は、「e-SPORTS」としての「プロのゲームプレーヤー」と、同じ「ゲーム」というジャンルであっても、それぞれ立場が微妙に異なっている。

    とりわけ彼の場合「勝負」という緊張感の高い世界において、「賞金を勝ち取る」という立場であるからして、両者とは圧倒的に異なる。

    この本は、そんな彼の「勝ち続けるとは何か」ということについて、苦しみもがき、葛藤しながら自問し続け、たどり着いた答えについて、彼自身の言葉で語られている美学・哲学としての「勝負論」である。


    【勝負論 ウメハラの流儀 - 梅原大吾】の続きを読む ■EDIT

    最近、この人の動画をYouTubeで1.25倍再生で見るのにハマってて、非常にためになるのでシェアしたい。

    というか、たまにあるんだけど、毎日ブログ書いていると、流石にこんなぼくでも「なんか今日、全然書く気が起きないなあ」というか、「何を書いていいかんわかんない」みたいな状態になることがあるんですよ。

    しかも明日とか朝超早起きしないといけなくて、本来ならばもう寝てなくてはいけないはずなのに、昨日の分のブログに手を付けられてないって状態で軽く焦ってて。

    なもんで、もう今日は開き直って、手抜きさしてもらおうかなということで、動画のシェアとあいなりました。でも2本いきます。で、冒頭にも書いたように、非常にためになるので、どちらも実践しようかなと思ってる。

    というより、これ組み合わせたらすごくいいような気がする。これによって、読む冊数をもっと増やして、本のレビューをもっとガンガン書いていきたい。

    年初に、「今年こそは本を100冊読む」とか言ってたのに、前年の半部くらいしか読めてないと思うので。多分現時点で30冊くらいしか読めてない。いやもっと少ないかも。

    【【DaiGo動画】効率のいい勉強法と読書法】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ