脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:仕事術

    学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)
    樺沢紫苑
    サンクチュアリ出版
    売り上げランキング: 34

    かなり参考になったし、個人的には結構好きな本。

    ただ、Amazonのレビューを見ると、かなり意見がまっぷたつに割れてて面白い。★1つか、★4~5に分かれる。中間がない。

    低評価の傾向としては、一言で言うと「ありきたりで目新しさがない」といったところ。

    確かに書かれている内容は、やはり類似する系統の本に書かれている内容の寄せ集め感は否めないけど、原則「見開き2ページで1つのトピック」を横書きで書いているので非常にスラスラ読めるし、何より「わかりやすい」というのが最大の特徴。

    というよりも、この手の本で語られているメソッドなんて大体出尽くしているだろうから、目新しさなんてなくて当然だと思う。何冊か読んでみてそう思った。だいたい皆同じことしか書いてない。

    で、前回の本のレビュー「超一流の時間力」でも書いたけど、あまりにもこういう本ばっかり手にとって「代わり映えしない」とか言ってるってことは、結局読むだけ読んでそれを「実践できていない」ってことじゃないですか。(もちろんぼくも含めてね)

    ※関連過去ログ
     面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力 - 安田正

    もっと言うなら、それこそ「アウトプットできてない」ってことにほかならないじゃないですかwだからこそ出会うべくして出会った本なんじゃないですかね、これってw

    いずれにしても「アウトプットの重要性」というものを深く掘り下げた上で再確認するには、非常に優れた良著だと、ぼくは思う。

    特に「人に教える前提でインプットすると、記憶に定着しやすい」という部分については非常に参考になった。

    コレについては、過去に読んだ「アウトプット速読法」でも同様のことに言及していたので、復習的な内容として改めて勉強になった。

    ※関連過去ログ
     一瞬で人生が変わるアウトプット速読法 - 小田全宏

    ここでは、読んだ本の内容についてアウトプットしなければならない必要性にかられて読むので、集中して読めて、内容が記憶に定着しやすい、というようなことが書かれている。

    多分誰しもが経験あると思うけど、仕事を「教わる側」から「教える側」に回った時に、より内容についての理解が深まるのを、自分自身でも実感できたりするじゃないですか。あれって、要するにこういうことなんですよね。

    何故ならば「教える=アウトプット」だからだし、更には自分自身でもそれを再確認できるから「再インプット」みたいな状態にもなるので、記憶に定着しやすいんだということ。

    定着度合いで言うと「教える>人に話す>ブログとか文章に書く」っていう感じなんだと思う。

    この現象についての説明は、他の本でも正直読んだことはあるけど、この本での説明が一番わかりやすくてしっくりきた。

    他にも「こだわりの文房具を使ったほうがいい」というようなことも書かれていて、「やっぱそうっすよね!」って読みながら思った。ぼくは昔から文房具は「自分が認めたものしか使いたくない派」だったので。

    他にもためになる部分はたくさんあったけど、この辺にしておく。何れにせよ、2019年はもっと本を読んで、どんどんここにアウトプットしていこうと思った。

    ■EDIT

    面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力
    安田 正
    日本文芸社
    売り上げランキング: 226,703

    まあまあ参考になった。

    とはいえ、本書にて書かれている内容については、DaiGo氏の動画で繰り返し語られている内容だったり、既存の時間管理術系・タスクマネジメント系のビジネス書と大差はないので、そういう意味では目新しさはなかった。

    まあ、言い方を変えれば、それだけ普遍的な内容であるということ。そういう意味では、だいぶ前に読んだ「1日5時間で仕事を片づける人の習慣術」とほぼ変わらなかった。

    ※関連過去ログ 
     1日5時間で仕事を片づける人の習慣術
     
    改めて、上記過去ログを久々に読んでみたけど、その時とほぼ同じこと言ってますねw

    とはいえ、頭でわかっていてもなかなか実践できなかったりして、結局身についていないので(そうでなければ、この本を手にとってレジまで持っていくということはしていなかったはずだ)なので、これは何度か繰り返し読んだほうがいいのかも知れない。

    この本の中で参考になったのは以下の部分。

     1. 計画は「1日・3ヶ月・1年」のスパンで建てる
     2. 1億円を手にするには、今日の過ごし方が重要
     3. 「3ヶ月ごとの見直し」をする
     4. ToDoの他に「やらなくてもいいこと」もリストアップする
     5. 「図解力」は思考力と伝達力を高める
     6. スランプ時には「とにかく原因を書き出せ」


    これらについては、正直一度はどこかで聞いたことある内容だったりするんだけど、改めて参考になったと言うか、重点的に読んだ方がいいと思いながら読んだ。

    でもやっぱり、どんな本でも動画でも共通して語られているのは下記の点。

     1. 午前中が一番捗る(起床から2時間後がピーク)
     2. 身の回りの整理整頓

    これについては、ホント、どの本にも書いてあるし、DaiGo氏も言っている。

    でも、もうこの系統の「時間管理術系」の本については、読むのを少し控えようと思った。

    理由は、類似するジャンルのものを何冊か読んでみたものの、ほぼ内容的に変わり映えがしないということに加え、これは自己啓発系の本にも言えることだと思うけど、あまりにもこういう本ばっかり手にとっているということは、結局それを「実践できていないこと」ということでもあるわけだ。

    なので、この手の本を読んで「やった気」で終わらせないよう、ちゃんとアウトプットしていくことを考えないといけないなと反省した。

    その気付きが得られただけでも良しとしておこうかな。

    面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力
    安田 正
    日本文芸社
    売り上げランキング: 226,703
    ■EDIT

    ■1日5時間で仕事を片づける人の習慣術 (PHP文庫) 文庫 – 2007/2/1 知的生産研究会 (著)



    まあまあ参考になった。何より非常に読みやすかった。

    通勤の電車内でしか読んでおらず、別の本との併読であったにも拘らず、2日目で読み終わったので、恐らく読んでいた時間は正味2時間程度といったところかもしれない。

    このカテゴリは久々の更新になるけど、内容的にはこれまでに紹介してきた「読書術系」のものや「仕事術系」のものとほぼ同様。というか全く一緒。

    ここのレビューには書いてないけど、同じような内容の本についてはもう何冊か読んではいるのだけど、当たり前の話だけど、大体同じことしか書いてない。

    もちろん「だからダメ」というのではない。

    作者が「知的生産委員会」と団体名になっていることと、参考文献の数が多いこととPHP出版であるということから、同系統のあらゆる本のダイジェスト版とでも言うような内容ではあるけど、非常によくまとめられている。

    奥付を見ると第1版が2007年ではあるが、15刷まで刷られていることからもわかるように、時代の流れにあまり左右されない普遍的とも言える仕事術の本だと思う。

    コレについては1回読んで終わりにするのではなく、常に携帯して、忘れた頃に読み返したほうがいいかもしれない。 内容としては以下の5項目からなっている。  

     1:時間管理術
     2:情報収集術
     3:整理術
     4:コミュニケーション術
     5:勉強術

    全てに於いて共通しているのは、当然のことながら「兎に角無駄を無くせ」ということ。特に、個人的には「3:整理術」については強く心がけなければならないなと、ひしと感じた。

    あとは何より、文体とか、「この本の情報自体に全くの無駄がない」というところで、非常に読みやすいというのもあるんだけど、なんか「この手の本を上手に読むコツ」みたいなのがつかめた気がして、ものすごく効率よく読めたのが、個人的に嬉しかった。

    具体的には最初に「目次」を熟読して、そこのタイトルに目を通していると、変な話、この段階でもうこの本の7割位は理解できたというか、読んだも同然な気がして、その後の部分については流し読みというか、いい感じに飛ばしながら読めた。

    ぼくは本を読む時、つい頭からバカ正直に全部読んでしまうので、1冊読み切るのにいつも時間がかかってしまう。今回はそれをしないで、尚且つある程度頭に入れながら読めた。

    まあ、過去に同じような本を何冊も読んでいたから、「内容をインプットする」と言うよりほぼ「答え合わせ」みたいな感じだったから、というのもあるんだろうけど。

    目新しさはないけど、常時携帯しておきたい1冊。

    ■EDIT



    まあまあ参考になった。

    とは言え、やはり本のタイトルが良くも悪くも全てを物語っているので、書かれている内容については、概ね予想通りだった。

    要は「通勤電車を寝て過ごしたりスマホでゲームしているやつらと上手いこと活用しているやつ、どっちが優秀だと思う?」っていう。

    なので良くも悪くも本当「思ってた通りのことが書かれている」というところではあるものの、でもただ「通勤時間を有効に使いましょう」って言っているだけじゃなく、具体的な数字を出しているので、説得力はある。

    例えば通勤時間が「1日1時間」とすると、1週間で10時間、1年で約500時間もある。

    なのでこうやって具体的な数字を出されると、今まで何もしてこなかったことに否が応でも危機感は感じるし、すげー色んなこと出来るじゃん!って思い始めて、ちょっと頑張ろう!という気にはなった。すごく単純なことだけど。

    よくよく考えれば当たり前のことだし、数字の部分についても、普通にちょっと考えれば簡単な算数の話なので決して難しい話などではない。

    けど、それってやっぱり言い換えれば「普段如何ににそういうことを考えてないか」ひいては「時間は有限である」ということに、如何に我々が普段の生活の中で無自覚であるかということをまざまざと思い知らされた。

    なので、そういう意味では、メソッド的な部分はさて置いて、考えるいいキッカケにはなったと思う。

    書かれていた内容として特徴的だったのは「通勤時間は長ければ長い方がいい」と言うもの。

    要は、その通勤時間の間にいろんなことが出来るからということを言っているのだけど、でもこれって「電車通勤前提」の話で、尚且つ「座席に座る前提」の話なので、職場の近くに住んでいる人とか、電車に乗っても座れない人のことについてはちゃんと言及されていない。

    それどころか、職場の近くに住んでいる人は、得てして仕事できない人が多いとまで言っちゃってて、流石にそれはどうかなとは思った。そうじゃない人だって絶対いるでしょうに。

    でも言わんとしていることはわかる。要は、職場に近い人が誰よりも早く職場に来て朝の早い時間を有効に使えるかと言ったらそうでないことのほうが多い、ってことをこの人の経験上から言っているのだと思う。

    で、自分も職場に近かったら多分そうなってたと思う。しかしだからこそ、そういう人こそ、この本は有効なんじゃないかとも思う。要するにざっくり言えば「朝の時間って超重要!」ってことだから。

    で、出来る人ほど朝の時間を重要視していてその時間を有効活用しているので、結果タイムマネジメントがものすごく上手いので、人の何倍もの密度の濃い仕事ができ、何倍もの大きな結果を出すといったことを言っている。

    著者がどのようにして通勤時間を活用しているかと言った具体的な部分については、正直「人それぞれ」といったところでもあるし、やはり結局のところ「読書(情報のインプット)じゃない?」ってはなしでもあるので、その部分については別段、注視する必要はないと思う。

    なので、この本は「自己啓発・マインドセットのための本」として読んだほうがいいと思う。


    ■EDIT

    大きな会社だったり、デスクワーク系オフィスとかの場合であれば、ワーキングソリューションツールに於いては、あらゆる業務向けの支援ツール、それこそ「GitHub」だったり「Slack」だったり、所謂「オフィス向け」なツールは探せばいくらでもあるでしょう。  

    でもそうではなくて、例えば、コンビニとか小売店とか接客業とかの場合、そうしたツールって普通「大学ノート」を業務伝達用のツールとして、職場のBYなり事務所なりの共有スペース内に置いて、何かあればそこに書き込んだりして情報を共有する、という使い方になると思うし、未だにそうしているところは多い筈。  

    だけど、やはりこれって「紙媒体」である以上、その運用方法には限界がある。  

    以前居た職場では、情報共有とか業務伝達の際、社内ネットワーク上に建てられたブログにて行っていた。  

    これが思いの外、非常に利便性が高くて、ブログってそういうツールにもすごく向いているんだということがわかった。  

    ノートによる情報共有・伝達の場合、中高生じゃないから、まあ大体の場合ボールペンで書くだろうし、そうなると当然、誤字脱字出てくるだろうし、図解を用いて何かを説明したい時など、場合によっては下手くそな絵を書かなきゃいけなかったりすることもあるだろう。  

    それに、その情報とかに対して何か意見とかを言いたい時とかも、その情報の次に書いていく形にしか出来ないだろうから、肝心の伝達事項が埋もれてしまうことだってある。情報量が多くてページをまたがなければならない時など、もう大変。  

    しかしブログという形式にすれば、この辺りの問題は全てスムースに解決できる。  

    以下、ブログ形式にすることによるメリット。

    【業務における「簡易的な」情報共有ツールには「ブログ」が向いていると思う。】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ