脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:仕事

    ■「電話する前に一言連絡は常識?」19歳の疑問に意見分かれる 「LINEする暇があったらさっさと電話しろ」「いきなりは驚くからヤメテ」■
    2018.11.29 - キャリコネ

    ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏は「電話は時間泥棒だ」と公言してはばからない。「電話は相手の時間を大幅に奪うツールで、あなたの時間をも無駄にしている。だから僕は電話が大嫌いだ」と、著書(『99%の会社はいらない』/KKベストセラーズ)の中でも書いていた。「予定が埋まっていて出られないことが多いが、かけ直すと今度は相手が出ない」といった無駄が大嫌いだそうだ。

    こうした理由もあり、いまや連絡ツールは「電話よりもメールやLINE」の人も多いだろう。それでも、一般的にはまだまだ電話を使う場面はある。先日のはてな匿名ダイアリーには、「電話する前に一言連絡するのって常識じゃないの?」とのエントリーがあり注目を集めた。




    ホントそれ。ITリテラシーの低い人ほど電話したがる。

    つまり「電話することそれ自体」が実は失礼な行為なんだってことをわかってないやつが多すぎ。相手が今どういう状況かお構いなしに着信音を鳴らして、仕事の手を止めさせて取らせるわけだからね。

    で、取って話聞いてみたら「それ、メールなら3行で終わりますよね?」って話だったりするともうね。こういうことを未だにやってる会社とかって本当に無能集団だと思う。電話してる時間マジでもったいない。

    で、引用記事本文で正にホリエモンも言っているけど、後で折り返したら今度は向こうが出られなかったとか、マジで時間の無駄。

    じゃあ、せめて最初に電話してきてこっちが電話に出られなかった時に「こういう用件で連絡させていただきましたので、ご確認下さい」とか、「回答のほどお願いします」ってテキストよこせよバカか。

    どうしても電話でなければならないっていうなら「電話で話せる時間を調整して欲しい」ということも提示しろっての。

    こういうのも全部、Slackが1つあるだけでこうした無駄な時間は大幅に減らせる。業務内容がアナログな職種ほど導入すべきだ。

    Slack
    https://slack.com/intl/ja-jp/

    因みに、念の為知らない人のために説明しておくと、このツールは最近色んな所で話題になっている「Chatwork」とか「LINE WORKS」みたいなチャットツールで、要するにSkypeと同じようなものだ。Skypeをもっとビジネスユースに特化させたものと考えていい。

    ファイル共有も可能だし通話もおこなえるので、極端な話、社内での情報共有や連絡ツールはこれ1つで十分だ。うちの会社もかなり早い段階からこれを使ってる。

    で、こいつの使い勝手を知ってしまうと、むしろSkypeが使いづらく感じてしまう。もうハッキリ言って、Skypeは古いと思う。

    いずれにせよ、何度も言うが、オンライン上でソリューションできることは、全てオンライン上で片付けるべきだ。 

    アナログな職種や年寄り連中は、若い人と一緒に仕事をするのであれば、ちゃんと時代の流れに適応して業務効率を上げることを常に考えろ。それができないなら今すぐ仕事辞めろ。

    ■EDIT

    ■ハローワーク千葉:「非喫煙者に限る」求人票を拒否■
    毎日新聞 - 2018年10月31日 18時00分

    千葉県で健診を行う公益財団法人・ちば県民保健予防財団(千葉市美浜区)が9月、看護師などの求人票に「非喫煙者に限る」との条件を記載するよう求めたところ、ハローワーク千葉(同区)から「たばこは個人の問題」として拒否された。

    財団は「健康増進のためなのに残念」とする一方で、ハローワークは「個人の適性・能力のみで選考すべきだ」と反論している。 関係者によると、財団の担当者が9月下旬にハローワークを訪れ、看護師、事務など7職種の求人票について相談。財団は禁煙を啓発しているため、昨年から受験資格を「非喫煙者」とする方針をホームページで公開している。

    ハローワークにもこの条件を記すよう求めたが「たばこは個人の問題で(吸っても)良いのではないか」「公的には出せない」と拒否された。ハローワーク千葉は厚生労働省が適性・能力のみに基づく「公正な採用選考」を呼びかけており「できるだけ門戸を広げるためだった」と説明する。

    職場の喫煙問題に詳しい大和浩・産業医大教授(喫煙対策)は「ハローワークの対応は間違っている。喫煙者を雇えば、就業前や休憩時間に喫煙し、患者に受動喫煙被害を起こす可能性がある。健康関連産業ではむしろ、採用を非喫煙者に限るのは必要条件だ」と訴える。

    一方、愛煙家の経済アナリスト・森永卓郎さんは「判断は適切。出自などで差別するのがダメなのと同様、喫煙するから排除するのは差別で人権侵害」と話す。 厚労省就労支援室は、非喫煙を採用条件にすることについて「合理的な理由があれば一概に差別と言えない」と説明。全国のハローワークの求人票でも看護師や飲食店、ドラッグストア従業員などで非喫煙の条件を明示した例が20件以上ある。




    バカなのかなあ、としか言えないよね。そもそもの話として、ハローワーク側の言い分と求人側の言い分が論点ズレてるよね。

    ハローワーク側の言い分も理解はできなくはないけど、まずそもそもの話として、求人側の採用基準は求人側が決めるべきことであって、ハロワが口を挟むことじゃない。

    更に言うなら「個人の適性・能力のみで選考すべき」って考えが、そもそも正しくない。

    「適正・能力が求む基準に達しているかどうか」なんてのは大前提中の大前提であって、選考基準がそこにあるなんてのは、当たり前の話だ。まして求人してるのは「看護師等の求人」なんだから資格を取得している時点で能力はある程度絞り込めているでしょ?って話。

    で、そこから先の「適正」の判断基準の1つが、正に「喫煙しているかどうか」って話じゃないか。バカじゃないのか。

    「働く場所を探す側」と「人材を求めている側」の、双方の捜し物がマッチングしなければ意味がないわけで、おまえらの価値観で測るなよって話じゃないですか。ま、もちろん「仲介業者」的機能を持つ機関としての、利用規定だとか諸々あるのはわかるけどもさ。

    でも、前例があるにもかかわらず突っぱねたってことは、これ、窓口対応での話か、もしくは上の人間がちゃんと確認せずに、現場の人間の判断だけでジャッジメントしたんだろうなきっと。

    ちょっと離れた例え話になるけど、コンビニでバイトしてた時、別の店舗で、リポビタンD(小瓶の栄養ドリンク)に「ストローつけてくれ」って言ってきた客がいたらしいんですよ。

    で、それに対して、「これはストローで飲むものではないのでお付けできません」っつって断った事例があるって話を聞いて、「断ったやつバカか」って思ったのを思い出した。

    これ、他店の話だから詳細は知らないけど、ぼくの経験上、十中八九「パートのおばちゃん」だと思うね。なまじキャリア「だけ」長いババア店員って、独自の解釈で勝手にルール化するんだよね。

    多分、このハロワの対応も同じなんじゃないかなあ。「てめーの価値観なんか聞いてねえけど?」って話なんだよね要するに。

    あと、森永卓郎さんが「出自などで差別するのと一緒。人権侵害」とか言ってるけど、これもすげー頭悪い意見。この人、会社とか経営したこと無いのかな?

    そもそも「雇用する側」は、「人を選ぶ必要」があるわけで、その基準ってのは「自社に必要な要項を満たしている人間」ってことなわけだよ。

    極端な話、障害者だろうが出自に問題があろうが経歴が汚れていようがなんだろうが、「その会社の希望に沿っているかどうか」が全てなわけよ。

    だから「悪いけどこーゆー人は要りません」って明確に提示するのはすごく大事なことだし、何より、求職者にとってもそのほうが親切なんだってことをわかってないよね。

    それを建前上「一応は面接する」っていう「落とす前提面接」をやること自体、コストの無駄以外の何物でもないじゃない。面接やる方も受ける方も時間の無駄。だから募集要項として、条件厳しめにするなんてのは当たり前の話なわけでさ。

    ま、要は、この件は「頭の悪いバカがいちいち口出しするなよ」という典型例ですね。

    ■EDIT

    このページのトップヘ