脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:ランチ

    50237886_303502277185711_4600382935403904281_n

    STAR STAR - 食べログ

    ●オーダーしたもの
    ・ワンコインランチ:スタスタ丼@¥500

    ●備考
    ・店内のオーナーがストーンズ好きなのか、ストーンズのポスターが何枚か貼られてた。


    まあまあ旨かった。が、量少ねえ!

    画像だとアップなので分かりづらいですが、器の大きさの割にご飯の量が、まあ少ねえ少ねえ。まあ、旨かったけども。にしても少ねえ。でもまあ「¥500」なんで文句は言えませんね。

    内容的には所謂「豚丼」なんですが、つゆは一切ないです。更には「伝説のすた丼屋」みたいな味付けでもないし、そもそも肉が柔らかくないです。

    なので、あーゆーのを少しでも期待していると、「何だこりゃ」ってなると思います。でもぼくみたいに「パサパサの豚丼・牛丼」が好きな人なら美味しくいただけると思います。あと、レタスとの相性は結構いいと思います。

    ぼくみたいに減量中の方や、ご飯ものを食べたいけど軽めに済ませたいという方にはおすすめです。

    まあ、そもそもが「ストーンズ好きな人が経営している音楽バー」なので、ガッツリ系を求めること自体が野暮ってもんですね。

    あと、¥500ランチ以外にはセットメニューで「チャーシュー丼、ローストビーフ丼」のほか「牛スジカレー」なんかもあるので、今度はそのへんに挑戦してみようかなとは思います。

    ごちそうさまでした。

    ■EDIT

    51757362_363401237829193_2442376549320005980_n
    桜丘カフェ@渋谷 - 食べログ

    ●注文したもの
    ・1日15食限定・チキン南蛮タルタルソースがけ(ライス or バゲット)
     ⇒ライスでオーダー。
     ⇒ドリンクはホットコーヒー。

    旨かった。

    ライス

    前回の渋谷キーマカレーの時とは、トッピングが微妙に異なり、こちらはドライパセリにごまが振ってある。量も、減量中には優しい量。

    故に男性のランチとしては少々物足りないかもしれないが、減量生活している立場で言わせていただくなら、入念に咀嚼すれば、この程度の量でも全然腹は膨れるよ、ってことを言いたい。

    てゆーかそもそも「カフェ飯」なので、これで十分でしょう。

    サラダ

    サラダは相変わらず旨い。なので、特に言うことなし。

    チキン南蛮

    チキンは、皮のパリパリ具合と肉の柔らかさが非常にいい感じだった。あと、減量にチキンって結構相性合うと思う。咀嚼回数がいやでも増えるので。

    まとめ

    2回目のお店だし、特に珍しいメニューでもないので、今回はかなりあっさりレビュー。

    「1日15食限定」ってことで、13時過ぎに行ったもんだからダメ元で聞いてみたら普通に残ってたので、そこまで人気メニューじゃないのかもしれない。

    まあ、この文字数の少なさを見てもらえればわかるように、「普通に旨い」ってだけで、特にこれといった特徴もなく、可もなく不可もない感じでした。

    次は、ココナツミルクのカレーあたりに挑戦してみようかな、と思います。ごちそうさまでした。
    ■EDIT


    ・¥498



    旨かった。

    が、やはり量が少ないので、単品は女性向け。男のランチならここになにかプラスしたほうが良さそう。まあ、そもそも「白いチーズソース」っていう時点でだいぶOL感が強いよねって話。

    画像を見てもらえればわかるように、普通のキーマカレーの上に、白いチーズソースをかける感じ。チーズソースはセブンお得意のセパレート皿。また、温め前の、店頭に陳列されている状態の見た目だとわかりにくいけど、半熟たまごが入ってます。

    キーマ自体は全く辛くないので、従来のキーマカレーにあるようなスパイシーな辛さを求めている人には、絶対物足りない。チーズソースでマイルドにするなら、もう少し辛くても良かったと思う。

    なので、キーマカレーと言うよりどちらかと言うと「デミグラスソースハンバーグ」を食べているような感覚だった。ハンバーグ感が強い。

    あと、セブンの丼ものだから仕方がないけど、温めるとご飯がかなりベッチャリ系なので、もうちょっと乾いた硬いお米で食べたかったなというところ。

    家で食べるのであれば、一回封を切って分けて温めてもいいかも知れれない。ま、書きながらそれすげー面倒くせーよなって思ったから、ぼくは絶対やりませんけどw

    でも旨いのは旨かった。ごちそうさまでした。

    ■EDIT


    20181003_1675013


    キッチン大正軒@有楽町交通会館 - 食べログ

    ●オーダーしたもの
    ・ミックスB定食@¥1050
     ⇒生姜焼き・エビフライ・アジフライの定食
    ・組み合わせ定食@¥1050
     ⇒生姜焼き+ささみフライ
     

    ※「大勝軒」ではない(←これはラーメン屋)
    ※大正3年に精肉店として巣鴨にオープン。
    ※昭和38年、交通会館落成時に「精肉・大正軒」をオープン。
    ※その後、いつかはわからないけど、精肉大正軒のすぐ隣に「キッチン大正軒」をオープン。




    メチャクチャ旨かった。

    お腹が空いてたってこともあるし、行列に並んだからって言うこともあるんだけど、個人的に大好きな味だったので、本当に感動した。絶対にまた来たいし並ぶことを厭わない。

    まず、有楽町で降りること自体初めてで、このお店が入っている「交通会館」というところ自体ももちろん初めてだったのだけど、螺旋階段を下って地下に入っていくと、非常に昭和感の漂う狭い地下街となっている。

    で、大正軒の他にも様々な飲食店があり、それらと衣料品店やクリニックが同じフロア内に雑然と混在しているさまは、なんとも言い難い不思議な雰囲気を醸し出していた。

    そんな中、大正軒の看板を見つけると、まず行列ができている和風ラーメン屋「麺屋 ひょっとこ」の前を通り過ぎて通路の中に入らなければならない。で、大正軒の入口前の行列に並ぼうとするも、通路曲がり角の部分に更なる列。これも大正軒の列だった!

    要は、通路進行の導線確保のために、角の部分で一度列を切断しているというわけだ。なんたる初見殺し。加えて、精肉大正軒の隣にも確か別のカツ丼屋があった気がするので、非常に紛らわしい。

    で、12時30分頃に並び、待つこと数分。待っている間に、大正軒の壁にはられているメニューよりメニューを選びつつ、大正軒の成り立ちについて読んでいたら、なんとこの店の元祖となる精肉店は「大正3年創業」とのこと。なんと今から104年前!

    ※クリックで拡大:中央の文章を参照のこと。


    この交通会館に精肉店がオープンしたのは1963年(昭和38年)で今から55年前ってことで、おそらくキッチンの方もそれくらい前から営業を始めていると見ていいだろう。

    なんていうか、この店のみならず、交通会館の地下街の雰囲気自体が昭和の面影をわずかに残している風でもあるので、その雰囲気に持っていかれている部分も多少はあるが、すべての飲食店が旨そうにしか見えない。ここに入っている飲食店全部アタリなんじゃないかと思う。

    肝心のレビューと、メニューについては、続きを読むよりどうぞ!

    【【洋食】キッチン大正軒@有楽町交通会館】の続きを読む ■EDIT





    ■嘉楽料理館@渋谷


    ※画像は珍しく自分で用意
    ※オープしたばかりの店なので、食べログにはまだ掲載されていない様子。
    ※トマトときゅうりも入っていたけど、早々と片付けてしまった。
    ※漬物(ザーサイ)、小さい豆腐(ネギとおかか)、スープ付き

    ・2018/04/24にオープンしたばかりの中華料理店
     ⇒全般的にメニューは豊富
    ・オープン記念ということで05/06くらいまでは日替わりのランチが¥500。
     ⇒通常価格でも¥650。
    ・その他も全品¥100引き
    ※追記:2018/05/03
     店名を「嘉楽飯店」と記載してましたが、正しくは「嘉楽料理館」でした。
     すんましぇん。訂正済みです。




    旨かった。そして安かった。

    この店は実はもう2回目なのだけど、初回は何故かこの定食ではなく通常メニューの「かにチャーハン」を頼んでしまい、注文したあとで後悔した。何故、日替わり定食にしなかったのかと。チャーハンなんていつでも食べられるだろと。

    で、かにチャーハン自体はまあ普通で、特筆すべきことは何もなかった。なんなら、お隣の中華一番館のからあげチャーハンのほうが安くて旨いくらいだ。

    で、今回の生姜焼き定食。このボリュームで¥500なので、お得感が半端なかった。普通にお腹いっぱいになれる。味的にはまあ、言っちゃえば普通。というか「生姜焼き定食」で、「うまい!てーてってれー♪」と劇的な旨さを感じることのほうが稀だと思う。

    失礼な言い方かもしれないが、炒めてるだけなので、こんなもん誰が作ったって不味くなりようがないわけで、不味くなりようがない料理は、劇的に旨くもなりにくいとも言える。まあ、だからこそ難しい料理なのかもしれないけど。

    とは言え、小鉢にザーサイの他、豆腐まで付いているところも何気にお得感が高いし、何よりたまごスープが、とろみのあるスープで非常に美味しかった。(これチャーハンにすごくよく合うやつ)

    店内はまあまあ広いので、これからお世話になる機会は多いだろう。ごちそうさまでした。


    ■EDIT



    ■信州屋 渋谷店■

    ●特徴
    ・立ち食い用のスタンディングテーブルとカウンターが混在している
    ・全体的にリーズナブル
    ・かけそばには「さやえんどう」が入っている。

    ●オーダーしたもの
    ・親子丼かけそばセット@¥640




    普通に旨かった。

    すぐ近くに行きつけの「伝説のすた丼屋」と中華食堂の「兆楽」のほか「渋英」というとんこつラーメンの店なんかがあり、その辺にはしょっちゅう行くため前々から目についてて気にはなってたけど、中々行く機会がなく、このたびようやく行くことが出来た。

    とは言え、言うても「立ち食い蕎麦」なので、そこまで入りづらい雰囲気でも高いわけでもないので、行こうと思えばいつでもいけたんだけども。

    で、店内に入ってみると、立ち食い系と入ってもカウンターで予めオーダーして料金を支払うシステムで、セット物の安さとかも含め、「小諸そば」に非常に近い雰囲気。

    で、肝心のお味の方としては、可もなく不可もなくといったとこ。セットの蕎麦はかけそばを注文したのだけど、富士そばほど味は濃くなく、麺は柔らかめ。さやえんどう入りであっさりとしているので、個人的には七味がないとちょっとあっさりしすぎて物足りないなとも思った。

    あと、小諸そばを先日初めて食べたときにも思ったんだけど、セットでも意外と量が少な目で、食後にやや物足りなさを感じてしまったので、ガッツリ食べたい人はどっちかを大盛りとかにしたほうがいいと思う。

    種類は割と抱負で、渋谷にありながらリーズナブルなので、あと何回かは行こうと思う。


    ※画像引用元: https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13007262/ ■EDIT



    ■HANASAKA-JISAN(花さかじいさん)@渋谷
    ※画像引用元:
     http://aimo.hatenablog.com/entry/2017/03/27/080303

    ●特徴
    ・居酒屋?おでん屋?
    ・ランチメニューに「牛しゃぶ」「カレーしゃぶ」「肉そば」
    ・ランチ「牛しゃぶ」が「¥990」肉そばも確か同じ。
    ・店員さんとジャンケン勝負し、勝つと、肉そばの場合肉がもう1皿、そばの場合「刻み海苔 or たまご(厚焼き的な)」因みに、あいこは負け扱い。
    ・ランチのセットメニューは「ドリンクバー」、「茶碗蒸し」、「お新香」
    ・そばのセット内訳は「そば」、「ライス」、「お新香」、「茶碗蒸し」
    ・2018年10月に、再開発の影響で閉店予定

    ●オーダーしたもの
    ・肉そば(1.5倍盛り)
    ・じゃんけん:WIN(刻み海苔GET)




    肉そばが超うまい。

    もうなんか最近このブログ食い物の話ばっかりだなwでもこの店もオフィス近くにあって、何回も来ているのに、まだレビューしてなかった。ということで、今日のランチを、これも忘れないうちに書いておく。

    一応はおでんを売りとした居酒屋さんのようなんだけど、ランチメニューをやっていて、牛しゃぶ¥1000しないってところが嬉しい。

    しかし、ぼくが普通の牛しゃぶをオーダーしていたのは2回目くらいまでで、3回目辺りから肉そばをオーダーしてしまって以来、もうほかのメニューにいけなくなってしまった。それくらい肉そばがうまい。

    つゆは豚汁感のある油の浮いた山菜ベースの汁で、そこに牛肉がまあまあ入っている。で、決してコシの強すぎないそばとつゆと牛肉がいい感じに絡み合ってくれて、最強にうまい。この「そばのコシが強すぎない」ってところがまたいい。

    しかもそれだけにとどまらず、ライスも普通についてくるんだけど、このライスとつゆがまた死ぬほど合う。鬼に金棒とは正にこの事。ご飯がグイグイ進む。

    因みに今日はじゃんけんに勝って「刻み海苔」をGET。勝ったのはこれで4回目くらいか。ただ、勝ってもこの海苔を忘れられたことが2回くらいあった。

    あと、肉そばでじゃんけんに勝った際は「たまご」も選べるんだけど、個人的には断然ノリの方をおすすめ。たまごは小さい厚焼きたまごが2切れくらいくるだけで、しかも別にめちゃくちゃ美味いってほどでもない。

    しかし、海苔ならば、そばにふりかけてもいいし、つゆに直接ぶっこんでもいいし、なんならご飯にかけてもいい。蕎麦の量の対して、やや多めで来るので、いろんな楽しみ方ができると思う。

    あと、割と最近思いついた食べ方としては、こののりをご飯にかけつつ、お新香も一緒にごはんに掛けちゃって、且つ梅雨とか肉も少し持ってきてご飯にかけたり、あえて最後の方までご飯を余らせておいて、残り汁にご飯をブッこんでねこまんま的に行くのも、非常にうまい。(ま、お行儀は良くないのかもしれないけど)

    ただ、今日は久しぶりすぎてそれをやるのを忘れてしまった。10月に閉店してしまうので、それまでにあと何回かは行っておきたいところ。

    ごちそうさまでした。

    ■EDIT


    思えば、前回の焼きそば屋さんのレビューは実に7ヶ月ぶりの飲食店レビューで、その間にも当然色んなお店に行ったのに、すっかりこのカテゴリの存在を忘れてしまっていたので、今年新規開拓したお店は、できれば年内に全て書いておきたいと思い立ったので、立て続けにレビューいきます!

    ■鶏×バルHINAMARU(ひなまる) - 渋谷センター街(食べログ)
    ※画像引用元:
     https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13197241/dtlmenu/lunch/


    ●オーダーしたもの
    ・唐揚げカレー@¥800

     ※注:食べログでは¥750ってなってますけど、最近メニュー自体に微妙に変化があったようで、お値段変わってます。¥800でした。

    ●特徴
    ・カレーが旨い。普通に旨い。
    ・ランチからあげ食べ放題!
     ⇒しかも土日でもやってる!


    めちゃくちゃ旨かった。恐らく2017年に行ったお店の中でも、1,2を争うくらいには。

    「ランチからあげ食べ放題」ってだけでも結構珍しいのに、土日でもそれをやってるってところが素晴らしいじゃないですか!

    土日出勤組にとって、こんな有り難いことはない!ってな感じで喜び勇んで向かったわけなんですが、先週行ったら当然のことながらまあまあ混んでて、結構待たされて、昼休みを大幅にオーバーしてた。

    まあ、そんなことはどうでもいいんですが、兎に角旨い。

    ランチは「照り焼き」「和風おろし」「タルタル」など、基本からあげに対する味付けで分けていて、そこに野菜とライスがつくっていうプレートでものなんだけど、その中に「カレー」ってのもあって、これは他のものと違い、カレーライスにからあげを載せたもの(もちろん野菜も付くよ!)。

    で、からあげも去ることながら、このカレーがまたうめえのなんのって。なので、初めて行く人で、カレー好きな人には絶対オススメできません。だって、旨すぎるから2回目以降もカレー以外頼めなくなるから。

    そういう意味ではぼくは、初っ端でカレーを頼んでしまったことを後悔している。2回目以降でカレー以外のものに行ける自信がない。

    あと、ランチでからあげ食べ放題とは言っても、基本プレートを完食することを前提にしているので、からあげおかわりしようとすると店員さんによっては、「ちゃんと完食してくださいねー」みたいな感じで釘を差してくる人もいるらしい。

    ま、勿論完食前の途中の段階でもからあげおかわりは出来るんだけど、おかわりのタイミングが早すぎると、そうした「指導」が入ることもあるよ、ということらしい。ま、男なら余裕の量ですけどね。

    カレーではないプレートだと、ライスの量がカレーよりかは少なめらしいので、女性でも問題ないでしょう。

    しかし、一緒に行った職場の同僚(男)が、おかわりでしれっと「10個で」って頼んでてつい二度見した。おいまじかってなったわ。

    因みに肝心のからあげについてですが、揚げたてのものをもらえるので、かなりカリカリでジューシー。味付け的には割と濃いめな方だと思う。ただ、カレーがあまりにも旨すぎて、からあげの印象がだいぶ薄れてしまった。

    ■EDIT


    hanahanashibuya
    ■渋谷 ワインを楽しむ居酒屋 花花 [渋谷 鉄板焼 居酒屋]


    渋谷に限らずなんだろうけど、ぼくの職場の近くには「ランチもやってる居酒屋」っての がまあまああって、ここもそのひとつ。

    ここでのランチはハンバーグが評判がいいらしく、こないだ職場の人達とランチしてきた。

    僕がオーダーしたのは「ハンバーグカレー」という何とも子供じみたメニューだけど、で も僕の味覚は子供よりなので仕方がない。そして、やっぱり美味かった。

    値段は¥800くらいで、サラダと味噌汁がつくんだけど、やっぱりサラダと味噌汁付きで ハンバーグカレーだと、ボリューム的にはだいぶパワフル。お腹パンパン。そういう意味 ではコスパは良いかも。

    そして僕は基本「ごはん屋さんで食べ物の写真を撮る」っていうのがすごく嫌いなので、 例によって撮ってない。

    けど、今後この手の飲食店レビューみたいなことをやるのなら、やっぱり撮ったほうがい いのだろうか。うーん。

    渋谷 ワインを楽しむ居酒屋 花花
    渋谷 ワインを楽しむ居酒屋 花花 ジャンル:渋谷 鉄板焼 居酒屋 アクセス:JR渋谷駅 西口 徒歩2分 住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町1-5 大沼ビル2F(地図) ネット予約:渋谷 ワインを楽しむ居酒屋 花花のコース一覧 周辺のお店:ぐるなびぐるなび 渋谷×鉄板焼き 情報掲載日:2016年11月25日  
    ※画像引用元 
     https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13024521/dtlphotolst/1/smp2/2/ ■EDIT

    このページのトップヘ