脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:ラップ



    ■JP THE WAVY - Cho Wavy De Gomenne


    日本のHIPHOPシーンに彗星の如く現れた「JP THE WAVY」くんという平成生まれの若者。

    彼はなんでも、昨年の5月にアップロードされた、このたった1本の動画がキッカケで、SNSを中心にバイラル的に広がり、ZEEBRA等が最近注目しているラッパーである旨の発言をしていたり、SALUという人が関わっていることで、いまものすごく話題になっているとのことなんだけども。

    う~~~ん。正直僕にはその良さがいまいちよくわかんないですw

    一応、トラックは「TRAP」と呼ばれる、現時点でのHIPHOPのトレンドとも言えるスタイルで、このブログでも過去にBGMとして紹介したこともあるジャンルではあるんだけど、ぼくの中でNEFFEXが良すぎるからというのを差っ引いても、言うほどではない感がどうしても。


    ※関連過去ログ:
     
    ダルい感じとか、人によっては中毒性があるってのはわからんでもないけど、リリックとかとの兼ね合いを考えると、そこまでヤバメでILLな毒性っていうのは正直感じないんだよなあ。

    確かに、フローはこれまでの日本人の感じではないのかもしれないけど、強烈なパンチラインやセンスを感じさせるワードも別段なかったしなあ。

    それにバイラルで広まって、今かなり注目を集めているっていうけど、昨年5月にアップロードされてるのに、再生回数は高々50万再生程度なので、正に言うほどでも無いじゃんっていう気がどうしてもしちゃう。ま、恐らくはTwitterとかInstagramで騒がれてるってだけなんだろうけども。

    同じジャンルで言うなら、ぼくがBGMの044でとりあえげた「NEFFEX」がダントツかなあ。最近、ホントこればっかきいてる。

    とは言え、YouTubeを皮切りにSNSで火が点くっていう流行り方・流行らせ方っていうのは非常に今風だし、今後すべてのジャンルにおいてこーゆー人達がもっとドンドン出てきて、シーンを引っ掻き回してくれれば、メジャーだインディーだなんてのは本当にどうでも良くなるんだろうなあと思う。

    そういう意味では彼にも、今後似たような手法で出てくるであろう人達にも期待はしている。


    ■EDIT


    ■トランキライザー - KREVA■ 

    これめっちゃいい曲だなー。2014年なのか。全く知らなかった。

    にしてもKREVAは本当にラッパーとは思えないくらい音楽の幅広いなあ。この4つ打ちビートとかベースの音とか、完全にエレクトロ寄りなポップスじゃないか。

    で、そこまでラップを全面に出さないで、歌メインってとこも凄いよね。ま、KREVAは割と前からそんな感じはあったけど。てか、歌うまいし単純に曲がいい曲。

    でもこの人の音源をちゃんと聞いたことってあんまなくて、申し訳ないけどそれまでのイメージとしては「ラッパーなのにやたら歌モノ歌ってる人」っていうイメージだったんだけど、少し前にリリースされたこの曲を聞いて、ラッパーとしてのスキルも異常に高いことを思い知った。

    【トランキライザー - KREVA】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ