脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:モーニング娘。

    71axQ2D0WBL._SX342_
    モーニング娘。 - Ambitious! 野心的でいいじゃん(30th SINGLE)
    2006年6月21日リリース

    ●参加メンバー
    • 4期:吉澤ひとみ
    • 5期:高橋愛、紺野あさ美、小川麻琴、新垣里沙
    • 6期:藤本美貴、亀井絵里、道重さゆみ、田中れいな
    • 7期:久住小春

    ●収録曲
    1.  Ambitious! 野心的でいいじゃん
      作詞:つんく、編曲:湯浅公一
    2. わたしがついてる。
      作詞:木村信司、編曲:鈴木俊介
    3. Ambitious! 野心的でいいじゃん(Instrumental)
    ●MEMO
    • 紺野あさ美(5期)、小川麻琴(5期)ラストシングル
    • 田中れいな(6期)初センター曲

    13年前の今日リリース。

    多分、ぼくがちゃんと聞いたモーニング娘の最後のシングルだと思う。てゆーか13年前のシングルで既に30枚目のシングルってすごいですね。

    【【×年前の今日】2006年6月21日:モーニング娘。 - Ambitious! 野心的でいいじゃん(30th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    ●今日お誕生日の楽曲
    1992年5月27日(27年前):観月ありさ - TOO SHY SHY BOY!(4th SINGLE)
    1998年5月27日(21年前):モーニング娘。 - サマーナイトタウン(2nd SINGLE)
    観月ありさは「小室哲哉」が、娘。の方は「つんく」がということで、J-POPを代表する2大プロデューサーによる楽曲です。

    【【×年前の今日】1992年5月27日:観月ありさ - TOO SHY SHY BOY!|1998年5月27日:モーニング娘。 - サマーナイトタウン】の続きを読む ■EDIT


    モーニング娘。 - 恋愛レボリューション21(11th SINGLE)
    2000年12月13日リリース

    ●作詞作曲:つんく、アレンジ:ダンス☆マン
    ●中澤裕子ラストシングル
    ●20世紀最後のシングル

    ●参加メンバー
     1期:中澤裕子、飯田圭織、安倍なつみ
     2期:保田圭、矢口真里
     3期:後藤真希
     4期:石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美、加護亜依





    18年前の今日リリース。

    まじか。18年まじか!いま、高3とか大学1年生くらいの子が生まれたばかりの頃ってことだよね。すげえな。

    このシリーズって主に20年以上前の物(90年台からそれ以前のもの)を扱うことが多いんだけど、それくらいのものって、やっぱり今よりも遠いし古いから「懐かしいなあ...(遠い目)」っていう感じで見れる。

    でも2000年代のものが入ってくると、急激に新しさを感じちゃって、途端に自分がおっさんになったことを痛感させられるwほんとつい最近の感覚だからさw

    で、この曲なんだけども、ホント好き。今でも好き。それに世間的にも恐らく娘人気がピークだった頃だと思う。

    初期の頃の、垢抜けない田舎の娘感はどこへやら、ダンスのスキルも格段にアップして、多人数での動きによる連帯感や結束や、メンバー間の信頼関係みたいなものがある程度固まっていたんじゃないかと思う。(ま、仲は良くなかっただろうけどw)でもとにかく全てにおいてクオリティは上がってる。

    ただ、PVは完全にTLCのパクリじゃないかと思っているんだがどうだろう。

    特に、ちょいちょい3人だけローアングルで撮るみたいなやつとか、すごくTLCの「no scrab」っぽいなと思って、改めてno scrabのPV見直してみたけど、思っていたほど似てはなかった。いや、でも衣装とか、基本ローアングルなところとかは一緒なので、絶対参考にはしているはず。

    でも、当時のゴマキと辻・加護の可愛さが異常。てゆーか全員かわいい。この当時が一番ハマっていた頃で、どれくらいハマっていたかと言うと、トレカを集める程度にはハマっていたw

    AKB48の初期メンバーなんかは、この当時のモーニング娘を観て育っていて、それこそモーニング娘になりたくてアイドルになったっていう子達だと思うから、彼女たちの残した功績ってすごく大きいと思う。

    【【×年前の今日】2000年12月13日:モーニング娘。 - 恋愛レボリューション21(11th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ