脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:マインドセット




    再読。やっぱり面白かった。

    まずはじめに断っておくと、このブログでも何度か書いているかもしれないけど、ぼくは「2010年4月10日」に、10年続けていたタバコをこの日を境に断っており、それ以降1本も吸っていない。(現在はニコチン・タールゼロのvape(電子タバコのようなもの)をごくたまに嗜む程度)

    それが可能になったのは、紛れもなくこの本に出会えたからだ。

    では何故、いまこのタイミングで再読を試みたかと言うと、こいつを借りパクされたからってのもあるんだけど、一番は「このブログで感想文を書きたかったから」というのが大きい。

    あと、ここに書かれていることを改めて学び直すことで、いま真剣に取り組んでいる「減量」や、各種「マインドセット」の足しになればいいなと考えたからだ。

    また、これから「タバコをやめる」ということを少しでも考えている人はもちろん、「自分は好きで吸っている」と思っている人に、少しでも足しになればいいなと思っている。

    あと、因みにぼくは「タバコを辞めること」を「禁煙」と呼ぶのが嫌いなので、「卒煙」と呼んでいます。以降、禁煙のことは「卒煙」と表記していきます。

    ※理由についても併せて「続きを読む」以降で説明します。

    あと、クソ長いので、目次的なものを用意します。

    【禁煙セラピー - アレン・カー(阪本 章子・訳)】の続きを読む ■EDIT




    超面白かったし、改めて勉強になった。

    ぼくはTVを殆ど見ないので、ローランド様がTVで注目を浴びているということは殆ど知らずに、YouTubeの「HOST TV」チャンネルで昨年偶然知ったんだけど、初めて見て以来、まじで大ファンだ。

    TVで取り上げられたときのYouTube動画なんかを見ていると、「ローランドという面白いホストキャラの名言」みたいな取り上げられ方を兎角されがちではある。

    けど、「HOST TV」で見れる彼の姿は、正に「ホストとしてのプロフェッショナルの流儀」という側面にフィーチャーされていて、非常に勉強になる。

    まじで、この一連の動画での彼の発言なんかをまとめれば、それこそ「ビジネス系自己啓発本」として大いに需要があるだろうになと思っていたところだったので、Amazonのおすすめで見つけた瞬間、秒で予約した。

    とはいえ、やはり「HOST TV」でローランド様の動画をある程度追いかけている人であれば、収録されている言葉の殆どが聞いたことのある言葉ばかりなので、既によく知っている人にとっては、目新しさはないと思う。

    しかし、このHOST TVでローランド様の言葉に影響を受けて、マインドセットが少しでも上向いた人であれば、この本は買うべきだと思う。

    やはり、「単に情報を収集(インプット)したいだけ」であれば、わざわざ本なんて読まなくても、動画を見るのが一番手っ取り早いのは事実だ。1分あたりで取得できる情報量が圧倒的に密度が濃いので。

    だが、頭を使いながら「ページを捲って読む」という行為をおこなうことで思考力は鍛えられるし、いつでも辞書的に取り出せるようにして、何度も読み返すことで新たな発見もできるので、本は本でまだまだ利用価値のある媒体だとぼくは思う。

    この「読書の重要性」みたいな話については、今後改めて自分の考えをまとめたいと思う。

    で、読書で思い出したけど、HOST TVを見ていた時から思っていたことではあるけど、ローランド様って絶対ものすごく読書している人なんですよね。もうこれは間違いないと思う。動画でもこの本からでもわかることだけど、ボキャブラリーが圧倒的に違う。

    それにこの本の中でも、ローランド様が「一番影響を受けた本は何か」という問いに対して、デール・カーネギーの「人を動かす」を挙げていたりもする。

    この本って、ぼくはまだ未読だけど、ビジネス系自己啓発本としては定番ですよね。ネットビジネス系の情報収集していると、マインドセットの話の中で、結構な割合で登場しますからね。

    兎に角、「一流ホストとしてのプロ意識が高い」というのはもちろんそうなんだけど、その根底にあるのは、こうした名著にたくさん触れて、自分のアタマで考えた結果として身についている「マインドセットの高さ」というところにあるわけですよ。

    なのでこの本については、ホストに興味がない人ほど読んでほしいなと思うし、ぼくと同様「今後ネットビジネスで成功したい」と思っている人や起業しようと思っている人におすすめです。

    ※引用については、あまりにも引用したい箇所が多すぎるので、今回はやめておく。



    ■EDIT




    めっちゃ参考になった。

    文庫だし、ページ数も少ないしでサクッと読める。通勤の行きの電車ですべて読み終えた。内容的には、一言で言うなら「金運を上げるため」の本。

    でもコレを「ただのゲン担ぎ・運任せ」と解釈するのは、ぼくから言わせれば逆に読みや解釈が浅いと思う。

    これはただ金運を上げるというスピリチュアルな話ではなく「お金とちゃんと真正面から向き合いリスペクトしようぜ」というマインドセットだ。

    例えば「お金に敬語を使う」という項目があるんだけど、どういうことかというと、「金、釣、財布、勘定」などと「お金を呼び捨てにしない」で、全てに「お」という敬称をつけるべしというもの。「お金、お釣り、お財布、お勘定」等。

    「何を下らないことを」と思うかもしれないけど、ぼくはこれすごく大事なことだなと思った。

    というのも、「お金にはお金の神様がいて云々」っていうスピリチュアルな話じゃなくて、「常にお金への敬意を忘れないようにするために、お金に敬称をつける事を心がける」っていう風に、お金に対して「意識を持つっていう事自体が」超大事なんだという話だと思う。

    かつての自分もそうだったんだけど、お金のない人ほど、お金を雑に扱っていて、お金を沢山稼ごうとすることを「卑しいこと」のようにタブー視していて、あたかも汚れたものであるかのように扱っている気がする。

    そういう人は、「金運が逃げていく」っていうよりも、「そもそもお金に対する意識が低いから」稼げなかったり、お金を追っても逃げられたり、お金に追われたりして、翻弄されているんじゃないかという気さえする。

    「金運」っていうけど、「運」だろうが「お金」だろうが、そもそも何もしていない人のところには転がり込んでは来なくて、常に何かしら意識して行動している人のところにしか来ないんですよね。

    つまり結局の所、「お金に対するマインドセット」こそが金運を上げるんだということを、ぼくはこの本を通じて学べた気がする。

    ま、言うてるぼくが常にお金なくて、説得力まるで無いんですけども、でもこのマインドはこれから稼ごうとする上で絶対に重要だと思っているので、この気持を忘れないようしたいと思う。

    ※2019年2月23日読了 ■EDIT

    あなたはまだ本気出してないだけ
    小玉 歩
    朝日新聞出版
    2014-08-20



    まあまあ参考になった。

    実はかなり前(おそらく2年くらい前)に購入して積読になっていたものを、このタイミングで読んだ。

    とは言え、それこそ今までこのブログでレビューしてきたビジネス系のものと違い、「ネットビジネスそのもので成功した人」の本なので、一番参考になるのではと思われるかもしれないが、実は意外とそうでもなかったりもした。

    と言うのも、内容的にはもちろん参考にはなるんだけど、本書はいわゆる「自己啓発・マインドセット系」なので、それこそネットビジネス系の動画を散々YouTubeで見てきているぼくにとっては、もはや当たり前になっていることというか、既に学んだことばかりだったからだ。

    なので本書は、ネットビジネスというものを知らず、でも会社員である現状に満足もしておらず、でも何やっていいかよくわからんという人が読むべき本だと思う。

    要は、この手の自己啓発・マインドセット系の本を読み慣れていない人なら、大いに学ぶべきところがあるのは間違いないということです。

    あらかたわかりきっている内容ばかりだったということもあり、本書は1日で読み終えてしまったけど、それでもいくつかチェックしたところはあるので、「続きを読む」にていくつか引用します。

    【あなたはまだ本気出してないだけ - 小玉歩】の続きを読む ■EDIT

    改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
    ロバート キヨサキ
    筑摩書房
    2013-11-08


    参考になった。

    とはいっても、数多くのネットビジネス系の動画を見ていく中で、多くの人達がこの本に書かれていることを、そのまま「ネットビジネスで成功するためのマインドセット」として話していたし、それこそこの本の朗読動画なんかも見ていたので、概要については既に大体知っていた。

    要するに一言でざっくり言うなら、「お金そのものやその使い方を学ぶ」ということや、「お金のために働くのではなく、お金に働かせなさい」ということを学ぶ本だということだ。

    特に一般人のお金の流れ方と、お金持ちのお金の流れについて、「貸借対照表」と「損益計算書」で図解にして解説しているところは、ぼく自身、高校時代に簿記を勉強していた経験があるので、非常にわかりやすくてよかった。(簿記を知らなくても理解できるような簡単な説明にはなってます)

    あと「持ち家は資産ではなく負債である」という考え方については、自分も正に同じことを思っていたので、「やっぱり間違ってなかった」という安心感を得られた。

    ただ、元は英語で書かれていたものを日本語に訳したものなので、正直表現がピンとこなかったりするとことも多々あったので、洋書の翻訳版が苦手な人にとっては、読みにくいと感じるところもあると思う。(かくいうぼくがその1人)

    とは言え、そんな中でもかなり読みやすい部類には入る方だとは思う。

    【金持ち父さん貧乏父さん [改訂版] - ロバート・キヨサキ】の続きを読む ■EDIT

    diet_genryou_29647-300x300

    2週間くらい前に、年始に掲げた目標を、更に具体的にブラッシュアップした形にして掲げ直しました。

    ※関連過去ログ
     190114(月):目標について更に細かくいろんなことを考えたよ日記【食事編】
     190115(火):目標について更に細かくいろんなことを考えたよ日記【運動&その他編】

    で、その内容というのが主に「健康維持を主目的とした減量」というものなんだけど、更にここから2週間くらい食生活を変えてみてわかったことについて、軽くメモっていきたいと思います。

    これから、ダイエットをしたいけど、でも出来るかなあ。。。とか思ってる方の励みになればいいかなあと思います。あ、でもぼく自身がまだ本格的に始めてから2週間程度なので、大した結果は出てないです。

    因みに、2週間減量と軽い運動をおこなった結果は、下記のとおりです。

     ・体重:-4kgくらい
     ・お腹周り:-4cmくらい 
     ・体調:良くなった

    すいません、ざっくりしててwでもまあ、「2週間で」って考えると、まあまあいいほうかも知れませんね。

    以下は、あくまで「減量初期段階では」という前提の話ですし、ぼく自身もまだ実践中の身なので、間違っているところもあるかも知れませんが、大きくは外れていないと思います。

    【減量生活2週間くらいやってみてわかったこと】の続きを読む ■EDIT

    新世界
    新世界
    posted with amazlet at 19.01.23
    西野 亮廣
    KADOKAWA (2018-11-16)
    売り上げランキング: 481

    面白かった。

    彼の代表作でもある「えんとつ町のプペル」もそうだったと思うんだけど、なんとこの本、「新R25」というWEBサイト上にて、プレビューではなく、全文無料公開されています。

    ■11月発売&絶賛ヒット中のビジネス書『新世界』を全ページ無料公開します(西野亮廣)

    じゃあ、上でアフィリエイトリンクなんか貼るなよって思うかも知れませんが、それを言うのはお門違いってもんですよ旦那。そもそも、作者自身が値段つけて売りに出しているものを、作者自身が無料公開しているんですから。

    で、なんでこんな事しているのかと言うと、要は「本屋と一緒」ってことのようです。

    本屋さんって、普通に平積みだったり棚差しだったり、いずれにしてもそのコンテンツ(商品)の中身って「全部見れちゃう」じゃないですか。で、立ち読みを容認しているじゃないですか。それと一緒ってことのようです。

    でもそれをやっているからといって、じゃあその本を買わないかと言ったらそんなことないですよね?本当に面白ければ買いますよね?実際立ち読みで数ページ読んで、「あ、これ絶対面白いやつだから買おう」って、そのままレジに持っていったことありますよね?

    でもそれって、その気になれば「その場で最後まで読む」ってことも出来たはずじゃないですか。でもそれをしないのは、ぼくもあなたも「その本につけられている価格分の価値がある」と判断したから。

    「買ってでもゆっくり読みたい」って思ったからでしょ?だからレジに持っていってその金額を払ってるわけですよ。

    なのでこの手法、プペルの時にも「なるほどね!」って思って、この人はつくづく発想が大胆だし、奇抜だけどちゃんと理に適ってるなとも思った。

    じゃあ、ぼくはこの本買ったのかと言うと、買ってませんw偉そうなこと言ってサーセンwww

    いや「はじめに」を読んで、すごく面白そうだなと思ったから、それこそ本屋で出会って、所持金に余裕があったら多分レジに運んでたと思うんですよ。でも、WEB上だったから、じゃあとりあえずしばらく読んでみるかとなるわけですよ。

    で、結局2~3時間くらい?(もっとかかったかも)で読破しちゃったんですよねwなので、しばらくしてBOOK OFFとかで見かけたら、買って再読するかも知れないですね。

    で、肝心の内容についてのレビューは、続きを読むにて書こうと思います。

    【新世界 - 西野亮廣】の続きを読む ■EDIT

    勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
    梅原 大吾
    小学館
    売り上げランキング: 2,682

    面白かった。

    梅原氏の著作は、これの次作である「勝負論 ウメハラの流儀」から先に読んでしまっており、順番的には逆になってしまったのだけど、特に問題はなかった。

    ※関連過去ログ
     勝負論 ウメハラの流儀 - 梅原大吾

    ただ、内容的にはだいぶ似通っており、要するに「勝つとは何か」みたいな内容についてではあるのだけど、そのより詳細な内容というか、そのあたりのマインドセットに関する話を深掘りしたのが、次作であって、本作についてはどちらかと言うと自伝的な内容。

    【世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」勝ち続ける意志力 - 梅原大吾】の続きを読む ■EDIT

    勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)
    梅原 大吾
    小学館
    売り上げランキング: 11,458

    面白かった。

    前回・前々回のレビューも「ゲーム」に関する本ということで今回はその第3弾。

    著者は「日本初のプロゲーマー」である「梅原大吾」氏。前々回「高橋名人」はゲームメーカー側の人であると同時に「名人」の名を持つ「プレゼンター」。次の「フジタ」さんは「ファミコン芸人」という特殊な肩書の、「カルトコレクター」。

    そして今回の梅原氏は、「e-SPORTS」としての「プロのゲームプレーヤー」と、同じ「ゲーム」というジャンルであっても、それぞれ立場が微妙に異なっている。

    とりわけ彼の場合「勝負」という緊張感の高い世界において、「賞金を勝ち取る」という立場であるからして、両者とは圧倒的に異なる。

    この本は、そんな彼の「勝ち続けるとは何か」ということについて、苦しみもがき、葛藤しながら自問し続け、たどり着いた答えについて、彼自身の言葉で語られている美学・哲学としての「勝負論」である。


    【勝負論 ウメハラの流儀 - 梅原大吾】の続きを読む ■EDIT

    ウィルパワーダイエット ダイエットという自分との心理戦に勝つ方法
    メンタリストDaiGo
    マガジンハウス
    売り上げランキング: 13,537

    安定のDaiGo氏。ってことで、これも例によって非常に参考になった。

    実はこれも前回紹介した「超集中術」と同じく再読ものなんだけど、全く実践できていなかったどころか、内容を半分も覚えていなかったので、初見のつもりで読んだ。

    ※関連過去ログ
     自分を操る超集中力 - DaiGo
    【ウィルパワーダイエット - DaiGo】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ