脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:ブラックワーキング

    ■会費「1人6千円」に絶句… 飲み会で表面化する収入格差 ■
    2018年12月02日 16:02  AERA dot.

     一口に仲間と言うけれど、正社員と非正規が一緒に働く時代。飲み会は、現代の職場が抱えるゆがみが表面化する場でもある。

     9月のある日。都内の事務管理会社で事務職として働く契約社員の女性(41)の席に、正社員がやってきて言った。

    「来月、送別会があるんだけど」

     親会社から一時期出向してきていた人が定年退職を迎えるという。

     女性が「会費はいくらですか」と聞くと、正社員は「1人6千円で」と軽く言い放った。

     女性は絶句。仕事中だった周囲の契約社員たちの腰もふっと浮きあがった。




    いや、なんぼなんでも¥6000は高すぎだろ。どんな高級料亭行くつもりだよ。で、それを当たり前のように要求してくるとか頭沸いてんのか。

    ぼくなんてお酒飲めないから¥3000でも高いと感じるのに。だからもう会社の飲み会には一切参加しないことにした。あんなもの時間とお金の無駄でしかない。

    あと、歓迎会や送別会すらいるか?って思えてならない。

    送別会はまだしも、入社して間もない歓迎会とか、迎え入れられる側にとってはある意味プレッシャーだし、主催側にとっては「この歓迎会を通じて交流を深めていく」ってい意図なんだろうけど、歓迎される側からしてみたら逆だからね?

    仕事を通じて、ランチとかある程度の軽い交流を深めてからやってくださいよって話だからね?いや、まあもちろん「ぼくの場合は」って話なんだけど、同じように思っている人、絶対いると思うんだよなあ。

    送別会にしてもそう。ぼくだったらやってほしくない。ひっそりといなくなりたいし、誰かがやめるっていう場合でも、別に大人数で一席設けてほしいとは思わない。仲が良かった人が辞めるなら、その人とサシで飯行きたいわ。

    なんでその人との最後の晩餐を、普段からしょっちゅう絡んでる連中と一緒に飲み食いして終わらないといけないわけ?ってなりません?送別会で最後にいい思い出作れたためしがないんだが。

    いやまあもちろん、参加したらしたで、その時は楽しいんですよ。めっちゃ楽しいんですよ。なんやかんや言うてもね。

    でも冷静に考えて、こんな大人数でお金かけてまで、終電気にしながら飲み食いする必要あるかなあって思うと、いや要らんなあってなるわけですよ。

    要するに日本人って、お花見にしてもそうなんだけど、何かにつけて理由つけて飲み会やりがちなんだよね。

    そういう意味の無さや、集団の中に埋没したがる心理が、ハロウィンでウェーイしているガキとどこか被るっていう心理的嫌悪感を禁じ得ないのかなって気がしてきた。

    なので、ぼくは今後も飲み会の類には極力参加しません。しても一次会の途中で抜けるとかそんな感じでしょうね。

    因みに、そんな意味のない飲み会に参加させられることを強要させられることはもちろん、不参加を表明しただけで文句を言われるような職場は間違いなくブラックなので、さっさと辞表を叩きつけたほうがいいですよ。

    そんな会社がいい会社な訳がないからね。

    ■EDIT

    ■松本人志「【死んだら負け】をオレは言い続けるよ」■
    2018年10月17日10時36分 - 日刊スポーツ ダウンタウンの松本人志(55)が、アイドルが自殺した問題で「死んだら負け」と発言したことについて、あらためて「オレは言い続けるよ」と宣言した。 14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」は、愛媛県を拠点に活動する農業アイドル「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん(16=当時)が、所属会社「Hプロジェクト」のパワハラや過酷な労働環境で精神的に追い詰められたことが原因で自殺したとされる問題を取り上げた。 松本は「自殺者が出てこういうニュースをあつかう時に、なかなか亡くなった人を責めづらい、責めれないよね。ついついかばってしまいがちなんだけど、僕はやっぱり『死んだら負けや』っていうことをもっとみんなが言わないと。死んだらみんながかばってくれるっていうこの風潮がすごく嫌なんです」と持論を展開していた。 この発言はネット上で賛否を呼んだが、松本は17日更新のツイッターで「自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオレは言い続けるよ。。。」とコメントした。

    ほんこれ。まじでこれ。 この事件については、会社側に対してものすごく憤りも覚えたし、亡くなったアイドルの女の子は本当に気の毒だと思う。親御さんが提訴するのも当然の話だし、むしろ脅迫等で刑事責任を追求したっていいくらいだとさえ言える。 でもね、やっぱりどんな理由があろうとも自殺なんてしたらだめなんだよ。全部が無駄になるから。 今まで積み上げてきた努力も。育ててくれた親がこれまでに注いできてくれた時間とお金と愛情も。なにもかもを肉体と共にかなぐり捨てるってことだからね。お前はそれで良くても、周りが良くねーんだよって話なんだよ。 最近あまり名前を聞かなくなった「叫ぶ詩人の会」の「ドリアン助川」は、昔なにかのTV番組で、「自殺を批判する人は、自殺=逃げだというようなことを言うけど、逃げ続けてその逃げ場所がなくなったやつが最終的に自殺するんだ。だから自殺=逃げではない」というような趣旨のことを、自殺擁護のようなスタンスで語っていたのを覚えている。 だがぼくは、それだけは絶対違うと断言する。 リアルに監禁されているとか、身体的に拘束されているような状況でもない限り、生きていれば必ず「自殺以外の」逃げ場所や手段が存在するはずだ。 「逃げ場所が無くなっている」んじゃない。逃げることを諦めただけだ。 自殺したこの彼女も、結局は「逃げることで家族とか皆に迷惑をかけちゃう」という考えだったんだろうが、その無駄に責任感の強すぎる生真面目な発想は、生来のものというよりは、「そのように躾けられてきた」或いは「そういう空気の中で育ってきたか」のどっちかだと思う。 彼女に限らずおそらくは後者のほうが要因としては大きいのではないか。こと日本人は、「つらい」とか弱音を吐くことを「甘え」と捉える風潮が未だに根強いからねえ。 けど、つらくて何が悪い、弱音を吐いて何が悪いって話だ。 人生時にはそうして歯を食いしばって耐えなければならない時もあるだろう。しかしそれは、本当に必要な時にしか訪れないはずだし、自分でその時がわかっていれば、そこまでつらいとは思わないはずだし、逃げようとも思わないはずだ。 でも自殺するほど追い込まれている人は、本質的には「逃げたくてしょうがない」はずだろう。でも「逃げたいけど逃げられない」って思っちゃってるから、最終的に思考停止して「生きることから逃げる」という行動に繋がっちゃうんだよ。 つまり「自殺=つらいことからの逃避」ではなく、「生きることからの逃避」であり「放棄」にほかならない。 なんかここまで書いて熱くなりすぎて考えがまとまらなくなってきたのでこのへんでやめておくことにする。過去に、こうした「逃避正当論」について、我ながら結構うまくまとめた記事があるので、そちらを参照されたし。要するに、言いたいことは既にここで大半書いてしまっていたってことだ。
    ※関連過去ログ 隷属する「忍耐力」なんて不要。「逃げる勇気」と知恵を持て。 - 2016.12.19 Monday
    ■EDIT

    ■ブラックバイト初の逮捕者…暴行被害訴えた学生「やっと一歩進んだ」■ 2016年11月28日 18:12  弁護士ドットコム 千葉県にあった飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜 北習志野店」で、アルバイトの男子大学生の顔を殴ったなどとして、千葉県警は11月28日、元従業員の男性(53)を暴行容疑で逮捕した。男子学生を支援するブラックバイトユニオンによると、ブラックバイト問題で逮捕者が出るのははじめて。 逮捕を受けて、東京・霞が関の厚労省記者クラブで記者会見を開いた男子学生は「怖くてやめられなかった。自分のことが解決できれば、(ブラックバイト問題で困っている)他の人も解決しやすくなると思う。やっと一歩進んだという感じ」とコメントした。 このフランチャイズ(FC)店舗をめぐっては、男子学生が、最長122日連続出勤など過酷な労働を強いられたとして、運営していた「DWE JAPAN社」側に未払い賃金や慰謝料などを求め、千葉地裁で係争中。男子学生は今年6月、逮捕された男性やその妻である元店長から、包丁で肩を刺されたり、首をしめられたりしたとして、千葉県警に告訴状も提出していた。 ※続きはリンク先で※
     
    この手のニュースを見る度、会社側がクソなのは最早言うまでもないから逆に気にならないけど、そうと分かってて「辞める」という行動を起こさなかった側の神経を疑う。 記事中では「怖くて辞められなかった」とあるけど、怖かろうがなんだろうがこんなもん労働監督署に駆け込みゃ一発アウトじゃん。 この子がそうなのかは別としても「それを知らなかったから」なんてのは言い訳にもならないと思うよ。その程度の知識さえ持ってないようじゃ、いざ本番社会に出たら真っ先に飼い殺されるだろうから。 せめて「自分で調べて知識を得る」或いは「誰かに相談する」くらいは最低限しないと。まあ、彼の場合最悪の事態を招く前にそれをしたからこそのこの結果なのだろうけど。と思いたい。 「クソ企業に隷属する忍耐力」なんて要らないんだよ。 「逃げる勇気」を持って劣悪な現状から脱却しないと。 「逃げる」というとすごくネガティブに思えるかもしれないけど「逃げる=ネガティブ」とか「逃げる=ダサい・カッコ悪い」とか思っている人は、僕から言わせれば思考停止した只のバカだ。 何故ならば「逃げない」と言うのは「行動しない」ということと同義で「逃げる」ことはある意味で「現状を打破する・新しい行動を起こす」ということと同義だからだ。そのことをわかっていない人があまりにも多い気がしてならない。 と言うよりも「逃げる / 逃げない」として考えるのではなく「必要か / 不要か」で考えればいい。不健全な組織に隷属することは不要なことであることは明白だろう。 学校でいじめられている子、ブラック企業で精神も肉体も病んでいる人はよく考えてみて欲しい。今、自分がそこに隷属する必要があるのか、耐える必要があるのか。 その地獄に耐えた先に何かを見出しているのならそれはそれで有意義なんでしょうけど先行きが見えてないならさっさと脱却しないとダメだ。 1円の得にもならないことに、1秒も時間を割くべきではない。 隷属したことで失った「時間」は挽回できても、深く傷ついたあとの「自分らしさ」を取り戻すのは、そうそう容易なことではないだろうから。 ■EDIT

    このページのトップヘ