脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:ノート術

    学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)
    樺沢紫苑
    サンクチュアリ出版
    売り上げランキング: 34

    かなり参考になったし、個人的には結構好きな本。

    ただ、Amazonのレビューを見ると、かなり意見がまっぷたつに割れてて面白い。★1つか、★4~5に分かれる。中間がない。

    低評価の傾向としては、一言で言うと「ありきたりで目新しさがない」といったところ。

    確かに書かれている内容は、やはり類似する系統の本に書かれている内容の寄せ集め感は否めないけど、原則「見開き2ページで1つのトピック」を横書きで書いているので非常にスラスラ読めるし、何より「わかりやすい」というのが最大の特徴。

    というよりも、この手の本で語られているメソッドなんて大体出尽くしているだろうから、目新しさなんてなくて当然だと思う。何冊か読んでみてそう思った。だいたい皆同じことしか書いてない。

    で、前回の本のレビュー「超一流の時間力」でも書いたけど、あまりにもこういう本ばっかり手にとって「代わり映えしない」とか言ってるってことは、結局読むだけ読んでそれを「実践できていない」ってことじゃないですか。(もちろんぼくも含めてね)

    ※関連過去ログ
     面白いほど役に立つ 図解 超一流の時間力 - 安田正

    もっと言うなら、それこそ「アウトプットできてない」ってことにほかならないじゃないですかwだからこそ出会うべくして出会った本なんじゃないですかね、これってw

    いずれにしても「アウトプットの重要性」というものを深く掘り下げた上で再確認するには、非常に優れた良著だと、ぼくは思う。

    特に「人に教える前提でインプットすると、記憶に定着しやすい」という部分については非常に参考になった。

    コレについては、過去に読んだ「アウトプット速読法」でも同様のことに言及していたので、復習的な内容として改めて勉強になった。

    ※関連過去ログ
     一瞬で人生が変わるアウトプット速読法 - 小田全宏

    ここでは、読んだ本の内容についてアウトプットしなければならない必要性にかられて読むので、集中して読めて、内容が記憶に定着しやすい、というようなことが書かれている。

    多分誰しもが経験あると思うけど、仕事を「教わる側」から「教える側」に回った時に、より内容についての理解が深まるのを、自分自身でも実感できたりするじゃないですか。あれって、要するにこういうことなんですよね。

    何故ならば「教える=アウトプット」だからだし、更には自分自身でもそれを再確認できるから「再インプット」みたいな状態にもなるので、記憶に定着しやすいんだということ。

    定着度合いで言うと「教える>人に話す>ブログとか文章に書く」っていう感じなんだと思う。

    この現象についての説明は、他の本でも正直読んだことはあるけど、この本での説明が一番わかりやすくてしっくりきた。

    他にも「こだわりの文房具を使ったほうがいい」というようなことも書かれていて、「やっぱそうっすよね!」って読みながら思った。ぼくは昔から文房具は「自分が認めたものしか使いたくない派」だったので。

    他にもためになる部分はたくさんあったけど、この辺にしておく。何れにせよ、2019年はもっと本を読んで、どんどんここにアウトプットしていこうと思った。

    ■EDIT

    ■お題:こだわりの文房具、ある?

    文房具大好きな僕は、奥野 宣之 (著)の「情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]」 にモロに影響を受け、以来A6サイズのノート(文庫本サイズ)を毎日必ず持ち歩き、そこに日記を書いている。

    この「A6サイズのノート」というのが使ってみると中々どうして、かなりの利便性と汎用性の高さに驚かされる。兎に角取り回しが頗る快適で、何をするにも「ちょうどいい大きさ」の一言に尽きる。

    で、日記だけではなく当然メモとしても使うので、次第にノートカバーを利用するようになるのだけど「キングジム ノートカバー アンティーク A6 2冊収納 1873」が死ぬほど便利すぎて笑える。もうコイツから離れることなんて出来ない。





    コイツを忘れて出勤してしまおうもんなら、一日中そわそわしてしまう。携帯電話忘れるより辛いかもしれない。

    上記ノートカバーに、オプションとして装備させているものがあるので、それも併せて紹介したい。   【こだわりの文房具、ある?】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ