脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:カバー

    ■Netflix版「聖闘士星矢」で“アンドロメダ星座の瞬”が女性化 ファンの批判に脚本家「全員男性には違和感」■
    2018年12月11日 11時20分 公開 - ねとらぼ

    Netflixで2019年夏配信予定の聖闘士星矢シリーズ最新作「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」で主要キャラクターの“アンドロメダ星座の瞬”の性別が女性に変更され、ファンに動揺が走っています。

    l_f181211_shun_1
    まさかの女性化


    ティーザー予告が公開されたのは12月8日。YouTubeに投稿された公式予告編には高評価が5427件、低評価が8210件寄せられており(12月11日10時50分現在)、まさに賛否両論といった様相。コメント欄では「たのむよNetflix……瞬は女じゃない」「なんてこった!」「原作へのリスペクトが感じられない」など、否定的な意見が目立ちます。

    ※続きはリンク先で※

    こういう大胆なアレンジに対する批判として「原作への愛やリスペクトが感じられない」とかいうやつマジで嫌いだし、何より「お前が一番わかってねーだろ」って話。

    二次創作や大胆なアレンジってのは原作へのリスペクトと深い愛があるからこそ生まれるんだっての。表面的に同じことなぞるだけなら素人でもできるわ。

    そもそも原作を忠実になぞるリメイクやカバーやトリビュートに何の意味があるんだよ。それがわからないやつって本当に頭が悪いというかリテラシーがないと言わざるをえない。

    まじで、原作厨に小一時間問い詰めたいんだけど、元ネタと同じことやらしてどーすんの?何の意味があるの?

    いや、「原作原理主義」が悪いとは言わないよ。でも結局それって言いかえれば「原作以外は認めん!」ってことでしょ?なら、原作だけ観てればいいだけの話なんだから、別の人が作ったカバーや二次創作にいちいちケチをつける必要なんて無いだろうが。

    別の人が作ってるんだから別のものになるのは当たり前の話だし、むしろそうじゃなきゃ別の人が作る意味がないだろっての。本家超えられるわけないんだから。

    要するに受け手側にクリエイティビティーやセンスがないんだよね。だから変化を受け入れることができない。

    第一、リスペクトに基づくリメイクやトリビュートやカバーや二次創作の本分は「壊すこと」にほかならない。

    つまり、リスペクトしていると言いながら、本家と全く同じことをやることは、逆に「本家の作者に対して失礼極まりない愚行」なわけだよ。だから、瞬を女性化するっていうのは、ぼくは非常に有意義なアレンジだと思っているし、むしろ原作への愛を感じる。

    なので、もしこの作品を批評するなら、「女性化するなら瞬よりもむしろ紫龍とか氷河だろ!」とか、「女性化したのはいいけど、せっかく改変した設定を活かしきれていない」とか、そういうものであるべきなんだよ。

    要は、「1個の作品として面白かったかどうか」であったり「改変した意図や意義を作品から汲み取り読み解いた上での批評」でなければ意味がない。

    けど、リメイクの意義や本質をまるで理解できていないから、件の意見については、残念ながら批評にすら達していない。だから、この脚本家はいちいちリプなんて返す必要はなかったわけだ。

    批評にすら達していない低レベルな意見になんて、聞く耳を持つ必要など無い。時間の無駄だ。

    ■EDIT


    宇多田ヒカル - traveling(9th SINGLE)
    2001年11月28日リリース

    ・PVの監督は元夫の「紀里谷和明」



    17年前の今日リリース。

    個人的には2005~2006年あたりの感覚だった。

    どういうわけか、この曲を宇多田ヒカルのフェイバリットとして挙げる人って少なくない気がするというか、きっと多いと思う。かく言う自分もその一人だ。

    なんというか、この頃の宇多田ヒカルって、非常にバラエティに富んでいて、同じ様な曲がないっていう印象。

    AutomaticみたいなコテコテのR&Bもあれば、First Loveみたいなバラードもあるし、ぼくが大好きな「蹴っ飛ばせ(Can you keep a secretのカップリング)」みたいなロックもあるし。

    で、そこへ来てこの「Traveling」って、やっぱりどの曲でもないんですよね。PVから何から全てが独特。なんて言い表していいかわからないのがこの曲の特徴じゃないかと。

    でもそれでいて、サビのメロは何処かエキゾチックな感じもして、それがまた不思議感をより一層引き立てていると言うか。

    でも歌ってる内容は、至って普通に「恋人の元へ会いに行く」みたいな、割と平凡な内容なんですよね。だからなのか、この曲って結構カバーされてますよね。槇原敬之とか椎名林檎とか。

    で、この「恋人に会いに行くさま」を「Travelling」と言い表して、その道中の心境について歌うって、17歳の当時の宇多田ヒカルだからこそ書けた内容なのかなと言う気もする。

    大人ではなかなか書けない内容というか。いい意味で子供っぽいのかなと言う気もする。そういうところも含めて、非常に良く出来た曲だなとも思う。




    【【×年前の今日】2001年11月28日:宇多田ヒカル - traveling(9th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ