脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:アクション

    61Tqrwu66sL

    戦極 -Bloody Agent-
    2014年10月11日公開
    監督:竹田直樹
    脚本:橘慎

    ■キャスト
    木下あゆ美:アイカ
    山口祥行:飛燕
    大下源一郎:ソルジャー
    戸田れい:モモ
    西脇理恵:サユリ

    クソつまんなくてそれが逆に面白かったw

    まあ、つまんないっていうか、個人的にはつまんなくはなかったんだけど、まあ、ありきたりっちゃありきたりで、目新しさが皆無どころか、むしろ時代遅れ感がすごかった。てゆーか、それ以前にクオリティがまあ低いw

    その上「お互いをコードネームで呼び合う謎の組織が、闇社会の組織を潰す」って、売れなくなったグラドルやセクシー女優が出演する低予算Vシネそのまんまじゃないですかwしかもこのコードネームもまあ酷いんだ。

    主人公の「アイカ」、お色気担当の「モモ」はまだいいとして、司令官的ポジションで日本刀使いの「飛燕」の厨二臭に加え、重火器担当が「ソルジャー」って、ちょっと名付け方、雑すぎませんかねw

    あと、序盤のシャブ取引で、ペロッと舐めて「上物じゃねえか」って、きょうびマンガでも出てこないでしょうにw 

    女子高生がパンくわえながら「遅刻遅刻~」って走った先の曲がり角で男子高校生とぶつかり、「いってー…どこみてんだよ!」「そっちこそ!」の流れを経て、「えー、今日は転校生を紹介する。入りなさい」からの、「「あーーー!おまえはーーー!」」っていうのと同じくらい、ど定番の流れ。

    とはいえ、「Vシネにクオリティ求めるのは酷な話だよな…」と思って、生暖かい目でゆる~く見て、むしろ微笑ましくすらあったんだけど、終わってから調べてみたら、これ劇場公開されている映画なのなw

    いや、そうとなったら話は別でしょw劇場公開でこのクオリティはまずいってw

    【【邦画:アクション】戦極 -Bloody Agent-(2014年公開)】の続きを読む ■EDIT



    High and Low the movie 3 "Final Mission"

    ※前もって言っておくと、ぼくはこの作品のTVシリーズは一切見たことがなく、予備知識が殆どない状態で見ました。

    不覚にもちょっとおもしろいと思ってしまった。

    所謂「LDH系」といいますか、要するにEXILE及びEXILE TRIBEのLDHファミリー+最近のヤンキーものの映像作品に必ずいる役者さんたちが勢揃いな、オラオラ系作品。

    とはいえ、世界観だとか背景とか、細かなディテールとかその辺についてはかつて日テレ土8枠でやっていた子供向けドラマに、クローズZERO的なヤンキー感を取り入れた感じ。劇中に出てくる「無名街」ってのを最初聞いた時は、キンキキッズが主演していた「未満都市」を思い出したくらいだし。

    で、これはそうした子供向け映画だと思っていたのだけど、劇場版だからなのか元々そうなのか知らないけど、それ以外の役者勢がまあ割と豪華な顔ぶれで。

    岸谷五朗は、クローズZEROにも出ていたし、割とこの手の子供向けの作品でも見かける機会はあるのでわかるんだけど、ヤクザの親分役として「津川雅彦」だったり、その組織の幹部連中として「岩城滉一、高嶋政宏、笹野高史、木下ほうか、加藤雅也」ら、豪華ベテラン陣が揃っている。

    そればかりか、その幹部連中の中に、元BLANKY JET CITYのDs. 中村達也までいるから驚いた。女性陣だと「小泉今日子、飯島直子、YOU」なんかも参加していて、キョンキョンとYOUに至ってはラストあたりでチョロっと出てくるだけだったので、「なんて贅沢な無駄遣いだろう」とも思った。

    でも、物語の世界観なんかは、やはり先述したように、かつての日テレ土8の子供向け路線で、最初の「これまでのあらすじ」的な説明で「九龍グループと政府の癒着」とか「それを暴くためのUSBメモリを巡って」とか、ちょっといくらなんでもベタすぎやしませんかと思って、逆に笑えたw

    「機密情報が記録されたUSB」ですよ?きょうび、USB出しますかとw もう、一昔前の海外ドラマでも扱わないでしょw まあでも、これが「フロッピーディスク」じゃないだけマシかw

    しかしながら、あまつさえ物語も佳境にに入ってきた頃、仕掛けられた爆弾を止めるために、なんとダメ押しとばかりに「何色のケーブルを切るか」という描写まで出てくるから、流石にこの時ばかりは飲み物を吹き出しそうになったw

    でも流石にそのシーンを大真面目に緊張感たっぷりにやってしまうとコントになってしまうと危惧したからなのか、ここについては言わば「外し」の演出がされている。

    具体的には、カットが変わって爆発する描写が出てきたので「あ、ミスったんだなw」って思うんだけど、シーンが戻ると、実は「切るかどうか迷っているうちに爆発してた」ってオチで「いや切ってへんのかい!」ってなったw

    更に言うなら、その爆弾の色付きコードが5本あって、それぞれの色が劇中に出てくる「S.W.O.R.D地区」のイメージカラーと意味ありげに一致しているとか、「いやいやそんなわけねーだろ!」って話だったり。

    他にもいくつもの、言わば「ご都合主義」みたいなものが出てくるんだけど、この辺については見ながら「あ、これは仮面ライダーだと思ってみればいいんだ」ということに気づいたので、途中からは気にならなくなったw

    あとは、劇中でのアクションシーンとか、パルクール的なスタントなんかは非常に見応えがあった。でも、どうやらファンからすると前作に比べるとその比率が減少してしまっているようで、物足りなかったとのこと。

    ということはこの物語は、ストーリー物っていうよりかは、MATRIXみたいな「ヴィジュアル系アクションもの」ってことでいいのかな。

    いずれにしても、子供向けではあるけど、ぼくはこーゆーの結構好きなので、この際、TVシリーズを追いかけてみようかなってちょっと思いました。半笑いで見つつも、ちょっとテンション上がったしw 【【邦画:アクション】High and Low the movie 3 "Final Mission"】の続きを読む ■EDIT


    ■合法都市 - 東條仁■

    まだ全部は読んでないが面白いと思う。

    大規模な油田を掘り当てたある男が、その莫大なオイルマネーを元に街をひとつ作ってしまい、治外法権のなんでもアリと化した無法地帯となり、そんな街に潜入捜査した主人公が、内側からその街をブッ壊そうとする話。

    絵柄はややもすると古臭くもあり、話自体もどこか子供向けというか、かつての土曜の日テレ21時枠とかでやってそうな雰囲気さえ漂う感は否めないが、それでもぼくはこの手の話が好きだ。韓国あたりで実写映画化されてそうな話。

    これの前作である「CUFFSシリーズ」は割と長いことやっていたようなので、知っている人も多いのだろうけど、この作品で初めてこの作者の作品に触れたぼくとしては、まず何に驚いたって、このマンガのアクションシーンが秀逸だということだ。

    兎に角スピード感が凄い。多分この作者、絶対ジャッキー・チェンとかのカンフー物が大好きに違いない!ってことが確信できるくらいに、カンフー映画宛らの細かくて速い動きを、ものの見事にマンガで表現している点が凄いと思った。

    他にも軍隊格闘技と思われる動きなんかも出てくるし、格闘のみならず、ガンアクションなど、兎に角「アクション」と名の付く動き全てにスピード感と躍動感があり、グイグイ引き込まれていく。

    所謂ドラゴンボール的な、瞬間移動とかの超人的な動きによるものではなく、そうしたアクション映画的な動きの表現がものすごくカッコいい。

    コレを見ていて、ジャッキー・チェンの「スパルタンX」或いは「サイクロンZ」という映画における、ジャッキー・チェン vs ベニー・ユキーデのバトルを思い出した。

    何故かこのマンガ、全巻無料で読めるので、ぜひ読んでみて欲しい。

    ※↓ジャッキー・チェン VS ベニー・ユキーデの映像は、続きを読む以降で。↓※  
    【合法都市 - 東條仁】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ