脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    タグ:しょーもなニュース

    ■渡辺満里奈が「イタいおばさん」化? インスタ“すっぴん”に違和感が……■
    2019/03/03 06:00 - 日刊サイゾー

    190301_watanabemarina


     渡辺満里奈がインスタグラムですっぴん画像を公開し話題となっている。23日に「息子が撮ってくれた写真」「ママ、きれいだよ」と言われたといったエピソードを記している。これには「おばさんの自撮りイタいわ」「子どもをダシにしてるのがイヤ」「すっぴんのナチュラルアピールうざい」といった否定的な声が目立つ。

    ~中略~

     その内容は鏡を前にしたスマホが写り込んだ自撮り写真はもちろん、趣味の乗馬や、カフェでのメニュー、読んだ本、ペット、海外旅行先の夕暮れ写真と「意識高い系キラキラOL」のお手本のような内容である。ある種「イタいおばさん化」しているといえるが、これは原点回帰でもあろう。

    ~中略~

     渡辺の場合、無理なアンチエイジングというわけではなく、魅力的に年を取っていく姿勢には好感が持てる。ただ、芸能人のSNSはふとしたことで炎上を招きやすい。マイペースな渡辺であっても発言や投稿内容には気をつけてもらいたいものだが……。

    ※全文はリンク先で※

    もう、ホント噴飯ものだよね。

    「意識高い系の投稿がイタい」と言う批判こそが実は一番イタいと言うことに気付け無いのは、最早哀れですらあると思う。


    明らかに「イキっているだけ」のものは確かにイタい

    確かに、あからさまに「イキってるな~」という投稿はダサいよ?

    例えば、明らかに売れてない「自称ミュージシャン」やら「自称モデル」やら「自称タレント」程度のくせに、「今日は久々のオフ。読みかけの本を読みながら、大好きなカフェでまったりしてま~す♪」みたいなしょうもない駄文と画像をインスタにUPしたりとかね。

    いやお前、何が「久々のオフ」じゃ、って話でね。お前が「オン」になってるとこ見たことねえし、それ以前にそもそもお前誰だみたいなね。

    で、そーゆー輩に限って、プロフに恥ずかしげもなく「インフルエンサー」とか自分で肩書つけちゃったりして「お仕事の依頼はDMでお願いします」とか書いてるのを見るとね、もう歳だからなのか、イライラを通り越して、なんともいたたまれない気持ちになるわけですよ。

    けどね、明らかに自分よりスペックの高い人を指して「イタい」って、「言うてるお前のほうがイタいで?」って話。

    言うなれば、童貞がいけしゃあしゃあと女を語ってるようなもん。自分を客観視できていないか、もしくはただの僻みでしかないでしょ。特に、この記事での渡辺満里奈に対するディスなんて、それが如実に出てますね。

    別にぼくは「渡辺満里奈推し」でもなんでもないですけど、「元アイドル」という属性で、その後もしばらくはタレント活動をしていたわけですから、どう考えたって同年代の女性なんかよりはるかに「スペックが高い」なんてのは、火を見るより明らかじゃないですか。

    それが明らかに激太りして醜くなってるって言うならともかく、現時点でも十分すぎる見た目なわけですよ。

    人間誰しも(それこそ、なんでもない普通の一般人ですら)承認欲求にまみれているんだから、「そこそこお金にも時間にも余裕のある48歳の元アイドル」がある程度のクオリティを保っているなら、そんなもんインスタにUPしまくるに決まってるつーのw

    それをいちいち「おばさんの自撮りイタいわ」とか「すっぴんのナチュラルアピールうざい」って、どんだけ心にゆとりがないのかとw

    もうこれ、ほぼ間違いなく「同世代の女性」の犯行でしょうw

    てゆーか、お前が同じくらいかそれ以上の年齢で、それなりのクオリティを保ってたら、絶対同じことするだろうがって話。


    「意識高い系」という揶揄について思うこと

    よく、こうした「セレブ感アピール」や「リア充的アピール」を、最近ではまとめて「意識高い系」という風に揶揄する風潮がありますよね。

    これを、先述のように「売れてもいないくせにタレント・業界人気取り」で「いかにも業界人ぽいツイート」なんかをしていれば、それはそれはアイタタタだと思う。

    しかし、先述のように、明らかにスペックの高い人や、明らかに「実際に意識が高い人」に対して「意識高い系」と括ってばかにするような批判って、かえって自分の価値を下げるだけ、なんていうのは言うまでもない話。

    それどころか「私はレベルの低いただのバカです!」って言う、言わなくてもわかることをわざわざ喧伝しているのと同じだと言うことに気付けないっていうのが、一番やばいと思うけどね。

    意識高い系?――いや、お前の意識が低すぎるんだろ?って話ですわw

    ■EDIT

    ●今回のニュース
    ・著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定 - 朝日新聞

    ・阿部寛のホームページ並にはっや~い! FC2ブログ、一瞬でブログが開く「爆速テンプレート」を開発 - ねとらぼ

    ・神木隆之介も結局はカラダと顔!? 交際報道で好感度がガタ落ちした芸能人3人 - 日刊サイゾー

    今月に入ってから、このカテゴリあまり更新しなくなってしまいましたね。

    まあそれはひとえに、ニュースネタの仕入元が主にmixiだったのに、そのmixiに3日に一度くらいしかログインしなくなっちゃったからなんですけども。

    ということで、月末とかにこうした形でまとめるくらいはしようかなと思ったので、3本まとめてどうぞ。

    【2019年2月の気になったニュース3本:その1】の続きを読む ■EDIT

    ●今回のニュース
    ・今年の流行語大賞は「そだねー」 尾畠さんは受賞者辞退 - 朝日新聞
    ・渋谷ハロウィーンで軽トラ横転、4人逮捕 器物損壊容疑 - 朝日新聞




    ■今年の流行語大賞は「そだねー」 尾畠さんは受賞者辞退■
    2018年12月3日17時02分 - 朝日新聞

     今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2018ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が3日、発表された。年間大賞には、平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表チームが試合中に話していた「そだねー」が選ばれた。

     トップ10には、サッカーW杯ロシア大会で日本代表の16強進出に貢献したFW大迫勇也選手を称賛する「(大迫)半端ないって」、日本ボクシング連盟の不祥事をめぐる「奈良判定」、テレビ朝日の人気ドラマ「おっさんずラブ」などが選ばれた。山口県周防大島町で行方不明だった2歳児を無事に保護し、全国各地の被災地で活躍する尾畠春夫さんに付けられた「スーパーボランティア」もトップ10に入ったが、受賞者辞退となった。

    ※続きはリンク先で※


    流行語大賞って、いつまでやんの?もうよくない?とっくに飽きてるんだけど。

    ぶっちゃけもう誰も大して気にも留めてないし、選ばれる単語に納得感はないし、これを継続する意義がわからんのだが。一体、誰が何のために続けているんだろうか。

    そもそも「流行ったものを決めるイベント」っていう発想が逆に時代遅れじゃない?ただただ寒いイベントでしかない。

    ボランティアの尾畠さんの「受賞を辞退」って当たり前だよねw本人からしてみたらバカにされているとすら思えるだろうし。

    というか、受賞を断られている時点でオワコンだってことに気づけよって話。おっと、「オワコン」は流石に死語だったかな?




    2018年12月5日11時31分 - 朝日新聞

     東京・渋谷でハロウィーンに集まった若者らが軽トラックを横転させた事件で、警視庁は関与した疑いがある17~37歳の男15人を特定し、このうち東京、神奈川、山梨各都県の20~27歳の会社員や美容師ら男4人を、暴力行為等処罰法違反(共同器物損壊)の疑いで5日逮捕し、発表した。他の男らも同容疑で書類送検する方針。

    ※続きはリンク先で※


    ハロウィンって要するに「荒れる成人式」と同じだろ。

    だからハロウィンの盛り上がりなんていちいち報道なんかしなくていいんだよ。逮捕報道だけ報道してりゃいいと思うよ。

    いや、でもそれすらも要らないか。どうせ承認欲求厨のバカガキどもには、それさえも餌になってしまうだろうからなあ。
    ■EDIT

    このページのトップヘ