脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■読書 > 音楽関連




    非常に面白かった。

    何故か横書きで、本のサイズもB6版ではなく「A5版」なので、非常に読みづらかったが、内容的には申し分なかった。

    今回は「ヴィジュアル系」だけでなく「J-POP全体」のことについてだったので、自分があまり通ってこなかった部分も含めて、どの項も非常に興味深かった。

    と言っても、V系以外のジャンルについては、主にアイドル中心だったのだけど、その中でもとりわけ、著者自身がインタビューする機会の多かった「ジャニーズ系」についての話が非常に興味深かった。

    本書をキッカケに、ジャニーズに対する見方が劇的に変わったと言っても過言ではない。

    【誰も教えてくれないポップミュージック論 - 市川哲史】の続きを読む ■EDIT






    ※関連過去ログ
    正直イマイチ。

    本作は、シリーズ?第3作、というか最終章。とは言え、内容的には前2作のうちの何本かを再録し、そこに書き下ろしを加えた形で構成されている。

    このため、文庫でかなり小さい文字で400Pもあるが、重複部分についてはバッサリ読み飛ばしているため、ほぼ1日で読み終えた。

    再録されている対談内容については下記の通り。

    ・YOSHIKI、PATA、SUGIZO、小室哲哉、大槻ケンヂ、大島暁美、井上貴子(女子プロレスラーじゃない方)

    ここに、いくつかの書き下ろしを加えたのが、本書だ。

    ただ、本書を手に取る人っていうのはほぼ間違いなく、1作目・2作目にも目を通していると思うので、そういう意味では文庫とは言え、ページ数多すぎじゃないかなと言う気もする。正直再録部分はいらなかったかなーという感想。

    また追加された部分では「VIOLET UK」についての部分はYOSHIKIへのインタビューとなっているが、結局の所、「YOSHIKIのダメっぷり」を再確認させられるだけで、ただイライラするだけで、何もいいところがなかった。

    なので、よほどの市川哲史ファンとかではない限り、わざわざ買う必要もないんじゃないかな感。ということで、暇つぶししたい人にはおすすめです。






    ■EDIT



    ※関連過去ログ

    今回も面白かった。

    前作「私が「ヴィジュアル系」だった頃。」の続編ということだが、前回は、「V系黎明期~V系ブーム終焉までの目撃者と当事者達」による対談だったが、今回は「わけありV系」という括り。

    第1章の「Janne Da Arc」のVo.「yasu」以外はおよそ「V系」とは言えない人たちなんだけど、「わけあり」で括っているところがおもしろいし、実際対談内容も面白かった。

    本作での対談ラインナップは以下の通り。

    1. yasu(Janne Da Arc)
    2. 小室哲哉(V2)
    3. 藤井麻輝(SOFT BALLET)
    4. PATA(X JAPAN)
    5. 井上貴子(ライター ※女子プロレスラーではない)

    以上です。

    【私も「ヴィジュアル系」だった頃。 - 市川哲史】の続きを読む ■EDIT




    クソ面白かった。

    特に、まえがきでのこの一文で爆笑した。

    「闇」だったり「絶望」だったり「破滅」だったり「堕落」だったり「破壊」だったりと、まさにネガティヴィティーの大博覧会状態。しかしそんな「ダメであること」を、恐ろしいまでのパワーと情熱でもって緻密に表現する姿勢はどう見てもポジティヴなのだから、可笑しいじゃないか。このギャップは、凄い。

    これこれwめっちゃ笑ったwホントその通り過ぎてw

    構成としては、ヴィジュアル系を知る4人のミュージシャンとの対談形式をとっており、それぞれ微妙に世代が異なるところから、「ヴィジュアル系(V系)の起原~第二次ヴィジュアル系バンドブームの終焉まで」を語っている。

    因みに本書に登場する4人のミュージシャンは、下記の通り。

     1. 大槻ケンヂ(筋肉少女帯、特撮) 
     2. YOSHIKI(X JAPAN)
     3. SUGIZO(LUNA SEA)
     4. キリト(PIERROT)

    更に最後には、市川哲史と同時期、ヴィジュアル系黎明期からビジュアル系を書いてきた「大島暁美」さんとの対談もあり、これもまた非常に面白かった。 【私が「ヴィジュアル系」だった頃。 - 市川哲史】の続きを読む ■EDIT




    面白かった。

    マイケル博士でもあるNONA REEVESのVo.西寺さんの著書。確かにジャネットってそこまで音楽的評価が高いイメージはなかったけど、凄すぎて逆に凄さが伝わってないってところは、なるほどと思った。

    思えば安室奈美恵も宇多田ヒカルも、ジャネットにめっちゃ影響受けてるんですよねー。

    あと同時期に活躍していたマドンナやホイットニーを始め、80'sポップス全体について深い知識が展開されてるのは非常に面白かったけど、それ故に話がやや散漫な印象も。

    第1章の「We are the worldに呼ばれなかった3人」は非常に面白かったけど、もっとジャネットに絞って深く掘り下げてほしかったなという感じも。

    とは言え、同時期に活躍していた「マドンナ」と「ホイットニーヒューストン」という偉大なディーバのこともそうだし、プリンスやジャクソン家の他の兄弟のことについて、非常に深い知識で語られていて、断片的にとは言え80'sポップスの片鱗を見ることができたのは非常に面白かった。

    この人の他の著書もぜひ読んでみたいと思わせるには十分な1冊だった。

    因みに、Twitterに簡単に感想を書いたら、作者本人からいいねとリツイートされてビビったw ぼくはツイートの際にはハッシュタグは入れてないので、やっぱりエゴサ的なことしてるんですかね。

    先日紹介した「怒らない人は、うまくいく」の中谷彰宏さんもそうだった。

    ※関連過去ログ
     怒らない人はうまくいく - 中谷彰宏

    ■EDIT


    ■すべてのJ-POPはパクリである - マキタスポーツ■


    めちゃくちゃ面白かった。2017年に読んだ本の中では、ブッチギリで面白かった。

    すっかりこの本のレビューを書いたつもりになってたのに、まだ書いてないことに驚いたので、慌てて書く。いや、それにしても、コレは非常に面白い。

    「第一章:ヒット曲の法則」なんかは、千原ジュニアが「にけつッ!!」とかで話していたのを先に聞いていたので、「あーここにその元ネタがあったのか」と思った。確かに「カノン進行」は一発屋に非常に多いなというのはぼくも以前から気づいてはいたけど、それを更に面白おかしく話を広げてくれていたので、非常に楽しめたし納得感も大きかった。

    他にも、ぼくがかつて大好きだったEテレの番組で、東京事変やDo As Infinityのサポートベーシストでアレンジャーでもある「亀田誠治」の番組「亀田音楽専門学校」宛らに、音楽理論をかなりわかりやすく噛み砕きながら、ヒットの法則について解説している部分は非常に面白かった。

    続く「第二章:なせCDが売れなくなったか」についても、ぼくが思っていたとおりの部分もあったし、どの章でもそうだけど、具体的なデータを用いて論を展開しているので、非常に説得力があった。

    音楽理論と市場とかそこまで本格的に詳しくないけど、でもJ-POPをちょっと小馬鹿にしている人にぜひ読んでいただきたいw

    ■EDIT

    このページのトップヘ