脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■めしログ > 洋食

     
    View this post on Instagram
     

    モンスターグリル@五反田

    ゆう(めしログ&ROM専アカ)さん(@yusuke1235)がシェアした投稿 -

    ■【ステーキ】モンスターグリル@五反田 - 食べログ■

    ●オーダーしたもの
    ・1枚目:ちびコンボ(モンスターステーキ150g+ハンバーグ100g)@¥1480
    ・2枚目:モンスターチキンコンボ(モンスターステーキ150g+チキンステーキ200g)@¥1480
    ・それぞれに+ライスセット@¥200(大盛りは無料・サラダ&スープ付き)
    ・ハンバーグには目玉焼きをトッピング

    ●ソース
    ・5種類の中から2種類選べる。(ガーリック・和風・デミグラス・ネギ塩・OZ)
    ・2人でOZソース(醤油ベースのオリジナルニンニクソース。)と和風とネギ塩をチョイス



    めちゃくちゃ旨かった。

    五反田で食事をする機会が多いのだけど、いつ来ても、ここは夜いつも並んでいる。ちょっと早い時間(1830過ぎ)に行ったら行列はできてなかったので、飛び込みで入った。でも夜行くなら、予約したほうがいいですね。 【【ステーキ】モンスターグリル@五反田】の続きを読む ■EDIT

    キッチン大正軒@有楽町交通会館 - 食べログ

     

    ●オーダーしたもの

    ・ミックスB定食@¥1050

     ⇒生姜焼き・エビフライ・アジフライの定食

    ・組み合わせ定食@¥1050

     ⇒生姜焼き+ささみフライ

     

    ※「大勝軒」ではない(←これはラーメン屋)

    ※大正3年に精肉店として巣鴨にオープン。

    ※昭和38年、交通会館落成時に「精肉・大正軒」をオープン。

    ※その後、いつかはわからないけど、精肉大正軒のすぐ隣に「キッチン大正軒」をオープン。

     


     

    メチャクチャ旨かった。

     

    お腹が空いてたってこともあるし、行列に並んだからって言うこともあるんだけど、個人的に大好きな味だったので、本当に感動した。絶対にまた来たいし並ぶことを厭わない。

     

    まず、有楽町で降りること自体初めてで、このお店が入っている「交通会館」というところ自体ももちろん初めてだったのだけど、螺旋階段を下って地下に入っていくと、非常に昭和感の漂う狭い地下街となっている。

     

    で、大正軒の他にも様々な飲食店があり、それらと衣料品店やクリニックが同じフロア内に雑然と混在しているさまは、なんとも言い難い不思議な雰囲気を醸し出していた。

     

    そんな中、大正軒の看板を見つけると、まず行列ができている和風ラーメン屋「麺屋 ひょっとこ」の前を通り過ぎて通路の中に入らなければならない。で、大正軒の入口前の行列に並ぼうとするも、通路曲がり角の部分に更なる列。これも大正軒の列だった!

     

    要は、通路進行の導線確保のために、角の部分で一度列を切断しているというわけだ。なんたる初見殺し。加えて、精肉大正軒の隣にも確か別のカツ丼屋があった気がするので、非常に紛らわしい。

     

    で、12時30分頃に並び、待つこと数分。待っている間に、大正軒の壁にはられているメニューよりメニューを選びつつ、大正軒の成り立ちについて読んでいたら、なんとこの店の元祖となる精肉店は「大正3年創業」とのこと。なんと今から104年前!

     

    ※クリックで拡大:中央の文章を参照のこと。

     

    この交通会館に精肉店がオープンしたのは1963年(昭和38年)で今から55年前ってことで、おそらくキッチンの方もそれくらい前から営業を始めていると見ていいだろう。

     

    なんていうか、この店のみならず、交通会館の地下街の雰囲気自体が昭和の面影をわずかに残している風でもあるので、その雰囲気に持っていかれている部分も多少はあるが、すべての飲食店が旨そうにしか見えない。ここに入っている飲食店全部アタリなんじゃないかと思う。

     

    肝心のレビューと、メニューについては、続きを読むよりどうぞ!

     

     

    【【洋食】キッチン大正軒@有楽町交通会館】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ