脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■めしログ > 洋食

    5c8d8b04-bb26-4393-be8f-c4753d016b97

    THE STATION GRILL@LUMINE EST新宿店 - 食べログ

    ●注文したもの
    ・土鍋コンボオムライス@¥1680


    旨かった。が、高え!


    店内

    やはり「LUMINE EST」なので、例によって女子比率は高いが、今回は「ステーキ系」のお店ということで、男性ソロで来ている人もいて、ちょっと安心。

    お肉系のお店なので、以前訪れた「ABC Canteen」みたいな可愛らしい感じではなかったものの、ウェイトレスの女性の制服は、メイドっぽい感じで可愛さしかなかった。

    ※関連過去ログ
     【カフェ飯】ABC Canteen@新宿LUMINE EST

    お味

    がっつりステーキにするかで迷ったが、その時の気分でオムライスをチョイス。ま、夜だったからというのもあるんですが。

    オム(卵)部分は、ぼく好みの「とろとろ系」で非常に良かった。いわゆる昔ながらの「パリパリ系(と勝手に命名)」は、ぼくはあまり好きじゃない。

    デミグラスソースもよいし、左横のポークも柔らかくて非常によかった。で、なんと言っても「コンボオムライス」なので、右横にハンバーグもついてくる。これも非常に柔らかくてよかった。


    まとめ

    ただ、「男の飯」としてはちょっと物足りない感もあるかもしれない。何より「これで¥1680。。。」というコスパの悪さ。

    なので、「単に飯を食いたいだけ」という目的で来るところではないと思うので、カップルとか異性のお友達とデートっぽい感じで来たほうがいいでしょう。






    ■EDIT

     
    View this post on Instagram
     

    モンスターグリル@五反田

    ゆう(めしログ&ROM専アカ)さん(@yusuke1235)がシェアした投稿 -

    ■【ステーキ】モンスターグリル@五反田 - 食べログ■

    ●オーダーしたもの
    ・1枚目:ちびコンボ(モンスターステーキ150g+ハンバーグ100g)@¥1480
    ・2枚目:モンスターチキンコンボ(モンスターステーキ150g+チキンステーキ200g)@¥1480
    ・それぞれに+ライスセット@¥200(大盛りは無料・サラダ&スープ付き)
    ・ハンバーグには目玉焼きをトッピング

    ●ソース
    ・5種類の中から2種類選べる。(ガーリック・和風・デミグラス・ネギ塩・OZ)
    ・2人でOZソース(醤油ベースのオリジナルニンニクソース。)と和風とネギ塩をチョイス



    めちゃくちゃ旨かった。

    五反田で食事をする機会が多いのだけど、いつ来ても、ここは夜いつも並んでいる。ちょっと早い時間(1830過ぎ)に行ったら行列はできてなかったので、飛び込みで入った。でも夜行くなら、予約したほうがいいですね。 【【ステーキ】モンスターグリル@五反田】の続きを読む ■EDIT


    20181003_1675013


    キッチン大正軒@有楽町交通会館 - 食べログ

    ●オーダーしたもの
    ・ミックスB定食@¥1050
     ⇒生姜焼き・エビフライ・アジフライの定食
    ・組み合わせ定食@¥1050
     ⇒生姜焼き+ささみフライ
     

    ※「大勝軒」ではない(←これはラーメン屋)
    ※大正3年に精肉店として巣鴨にオープン。
    ※昭和38年、交通会館落成時に「精肉・大正軒」をオープン。
    ※その後、いつかはわからないけど、精肉大正軒のすぐ隣に「キッチン大正軒」をオープン。




    メチャクチャ旨かった。

    お腹が空いてたってこともあるし、行列に並んだからって言うこともあるんだけど、個人的に大好きな味だったので、本当に感動した。絶対にまた来たいし並ぶことを厭わない。

    まず、有楽町で降りること自体初めてで、このお店が入っている「交通会館」というところ自体ももちろん初めてだったのだけど、螺旋階段を下って地下に入っていくと、非常に昭和感の漂う狭い地下街となっている。

    で、大正軒の他にも様々な飲食店があり、それらと衣料品店やクリニックが同じフロア内に雑然と混在しているさまは、なんとも言い難い不思議な雰囲気を醸し出していた。

    そんな中、大正軒の看板を見つけると、まず行列ができている和風ラーメン屋「麺屋 ひょっとこ」の前を通り過ぎて通路の中に入らなければならない。で、大正軒の入口前の行列に並ぼうとするも、通路曲がり角の部分に更なる列。これも大正軒の列だった!

    要は、通路進行の導線確保のために、角の部分で一度列を切断しているというわけだ。なんたる初見殺し。加えて、精肉大正軒の隣にも確か別のカツ丼屋があった気がするので、非常に紛らわしい。

    で、12時30分頃に並び、待つこと数分。待っている間に、大正軒の壁にはられているメニューよりメニューを選びつつ、大正軒の成り立ちについて読んでいたら、なんとこの店の元祖となる精肉店は「大正3年創業」とのこと。なんと今から104年前!

    ※クリックで拡大:中央の文章を参照のこと。


    この交通会館に精肉店がオープンしたのは1963年(昭和38年)で今から55年前ってことで、おそらくキッチンの方もそれくらい前から営業を始めていると見ていいだろう。

    なんていうか、この店のみならず、交通会館の地下街の雰囲気自体が昭和の面影をわずかに残している風でもあるので、その雰囲気に持っていかれている部分も多少はあるが、すべての飲食店が旨そうにしか見えない。ここに入っている飲食店全部アタリなんじゃないかと思う。

    肝心のレビューと、メニューについては、続きを読むよりどうぞ!

    【【洋食】キッチン大正軒@有楽町交通会館】の続きを読む ■EDIT



    壁の穴渋谷店

    ■特徴
    ・スパゲティ専門店(渋谷が本店)
    ・たらこスパゲティ発祥の店
    ・先日、マツコの番組も紹介されていたらしい

    ■オーダーしたもの
    ・ミートソース目玉焼きのせ(ぼく)
    ・たらこきのこ(連れ)
    ・昔ながらのポテトサラダと炙りベーコン(二人で)




    旨かった。

    今回は一緒に行った人と、取り皿でお互いのパスタを分けあったので、1回で2つの味を知ることが出来たのだが、結論から言うと、やはりたらこパスタ発祥の店ということもあってか、たらこのほうが断然うまいと感じた。

    もちろん、ぼくがオーダーしたミートソースも十分旨いのだけど、やはりどうしてもたらこに軍配が上がる感じ。


    昔ながらのポテトサラダと炙りベーコン


    めっちゃ旨い。

    炙りベーコンは肉厚でもちろん旨いのだけど、それ以上にポテサラが全然ゴロゴロしてなくて、クリーミーとさえ言えるくらいの柔らかさで驚いた。あんなに旨いポテサラは久々に食べた。


    ミートソース目玉焼きのせ

    ミートソースのミート自体はかなり細かくクラッシュされているので、肉感は希薄。なので、ゴロゴロしている食感とか歯ごたえを求めると少々物足りなさを感じるかもしれない。しかしその分ソースは濃厚な印象だった。目玉焼きとの相性も良いと思う。


    たらこきのこ

    めっちゃ旨かった。

    たらこも割と濃いめで、言っちゃえば普通ではあるんだけど、普通にめっちゃ旨い。きのことの相性も非常によく、更には、絞り用のレモンもついてくる。

    ぼくはレモンで絞るのはあまり好きではないので、未使用。けどさっぱりしたい人にはいいのではないでしょうか。 ■EDIT


    思えば、前回の焼きそば屋さんのレビューは実に7ヶ月ぶりの飲食店レビューで、その間にも当然色んなお店に行ったのに、すっかりこのカテゴリの存在を忘れてしまっていたので、今年新規開拓したお店は、できれば年内に全て書いておきたいと思い立ったので、立て続けにレビューいきます!

    ■鶏×バルHINAMARU(ひなまる) - 渋谷センター街(食べログ)
    ※画像引用元:
     https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13197241/dtlmenu/lunch/


    ●オーダーしたもの
    ・唐揚げカレー@¥800

     ※注:食べログでは¥750ってなってますけど、最近メニュー自体に微妙に変化があったようで、お値段変わってます。¥800でした。

    ●特徴
    ・カレーが旨い。普通に旨い。
    ・ランチからあげ食べ放題!
     ⇒しかも土日でもやってる!


    めちゃくちゃ旨かった。恐らく2017年に行ったお店の中でも、1,2を争うくらいには。

    「ランチからあげ食べ放題」ってだけでも結構珍しいのに、土日でもそれをやってるってところが素晴らしいじゃないですか!

    土日出勤組にとって、こんな有り難いことはない!ってな感じで喜び勇んで向かったわけなんですが、先週行ったら当然のことながらまあまあ混んでて、結構待たされて、昼休みを大幅にオーバーしてた。

    まあ、そんなことはどうでもいいんですが、兎に角旨い。

    ランチは「照り焼き」「和風おろし」「タルタル」など、基本からあげに対する味付けで分けていて、そこに野菜とライスがつくっていうプレートでものなんだけど、その中に「カレー」ってのもあって、これは他のものと違い、カレーライスにからあげを載せたもの(もちろん野菜も付くよ!)。

    で、からあげも去ることながら、このカレーがまたうめえのなんのって。なので、初めて行く人で、カレー好きな人には絶対オススメできません。だって、旨すぎるから2回目以降もカレー以外頼めなくなるから。

    そういう意味ではぼくは、初っ端でカレーを頼んでしまったことを後悔している。2回目以降でカレー以外のものに行ける自信がない。

    あと、ランチでからあげ食べ放題とは言っても、基本プレートを完食することを前提にしているので、からあげおかわりしようとすると店員さんによっては、「ちゃんと完食してくださいねー」みたいな感じで釘を差してくる人もいるらしい。

    ま、勿論完食前の途中の段階でもからあげおかわりは出来るんだけど、おかわりのタイミングが早すぎると、そうした「指導」が入ることもあるよ、ということらしい。ま、男なら余裕の量ですけどね。

    カレーではないプレートだと、ライスの量がカレーよりかは少なめらしいので、女性でも問題ないでしょう。

    しかし、一緒に行った職場の同僚(男)が、おかわりでしれっと「10個で」って頼んでてつい二度見した。おいまじかってなったわ。

    因みに肝心のからあげについてですが、揚げたてのものをもらえるので、かなりカリカリでジューシー。味付け的には割と濃いめな方だと思う。ただ、カレーがあまりにも旨すぎて、からあげの印象がだいぶ薄れてしまった。

    ■EDIT


    hanahanashibuya
    ■渋谷 ワインを楽しむ居酒屋 花花 [渋谷 鉄板焼 居酒屋]


    渋谷に限らずなんだろうけど、ぼくの職場の近くには「ランチもやってる居酒屋」っての がまあまああって、ここもそのひとつ。

    ここでのランチはハンバーグが評判がいいらしく、こないだ職場の人達とランチしてきた。

    僕がオーダーしたのは「ハンバーグカレー」という何とも子供じみたメニューだけど、で も僕の味覚は子供よりなので仕方がない。そして、やっぱり美味かった。

    値段は¥800くらいで、サラダと味噌汁がつくんだけど、やっぱりサラダと味噌汁付きで ハンバーグカレーだと、ボリューム的にはだいぶパワフル。お腹パンパン。そういう意味 ではコスパは良いかも。

    そして僕は基本「ごはん屋さんで食べ物の写真を撮る」っていうのがすごく嫌いなので、 例によって撮ってない。

    けど、今後この手の飲食店レビューみたいなことをやるのなら、やっぱり撮ったほうがい いのだろうか。うーん。

    渋谷 ワインを楽しむ居酒屋 花花
    渋谷 ワインを楽しむ居酒屋 花花 ジャンル:渋谷 鉄板焼 居酒屋 アクセス:JR渋谷駅 西口 徒歩2分 住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町1-5 大沼ビル2F(地図) ネット予約:渋谷 ワインを楽しむ居酒屋 花花のコース一覧 周辺のお店:ぐるなびぐるなび 渋谷×鉄板焼き 情報掲載日:2016年11月25日  
    ※画像引用元 
     https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13024521/dtlphotolst/1/smp2/2/ ■EDIT

    このページのトップヘ