脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■めしログ > 中華


    ・確か@¥980くらい。



    旨すぎて最早笑える。なんなんだコレ。

    所謂従来の「カルビチャーハン」っていうと、薄く細かく切られたカルビが申し訳程度に入っているだけっていうイメージ。

    だけどここのは、画像だとわかりにくいかもしれないけど、「角煮一歩手前」くらいのかなり肉厚ジューシーな肉がゴロゴロ入っている。この肉が商品名の通りかなり柔らかく、歯ごたえがある。

    一緒に入っている野菜もいい感じに量が多くて、ぼく好みだったんだけど、しかし何より特筆すべきは、チャーハンだった。

    いやあのね、そもそものチャーハンがまず普通に旨いんですよ。

    カルビのほうがだいぶ味付けされているからなのか、チャーハン自体の味付けは薄い印象なんだけど、米の粒立ち具合とか、カルビ自体と味付けの油がいい感じに混ざり合ってくれて、めっちゃ旨い。

    特筆すべき目立った特徴はないんだけど、なぜか旨くてグイグイ進む。わかんないけど、米そのものが旨いような気がする。

    前回紹介した「うなぎ卵炒め」でも白飯が旨かったように、大阪王将はご飯モノが旨いのかもしれない。

    ごちそうさまでした。 ■EDIT

    View this post on Instagram

    大阪王将歌舞伎町店限定メニュー 鰻たまご炒め 旨すぎて笑える。

    ゆうさん(@yusuke1235)がシェアした投稿 -



    超絶旨かった。

    実はもう現時点までに3回位リピートしているんだけど、これはやばい。うますぎる。で、またこれが「歌舞伎町限定メニュー」ってところが憎い。

    大阪王将はいたるところに数あれど、このメニューについては歌舞伎町でないと食べれない。しかし、歌舞伎町の大阪王将、晩飯時はいつも混んでるというジレンマ。むむむ。

    あとね、もうこのブログで何度書いてきたか忘れたけど、ぼくはとにかく「たまご」が好きで、「たまご炒め」ってだけでもご飯何杯でもいけるんだけど、そこにうなぎなんかつけられちゃったらねえ?たまらんでしょ。

    とはいえ、うなぎは当然のことながら、所謂うな重とかみたいに1枚でどーんってわけじゃなく、画像の通り細かく切られているため、脂っこい味付けと卵が一緒になることで、正直食感を見失いそうになることがある。

    でもやはり、タレとたまごとプリプリのうなぎの食感は、これ以上無いくらいに見事なコンビネーションで、当然のことながら白飯が進む進む。

    てゆーか、大阪王将の白飯、何気に結構旨い。中華壱番館もなかなかなだか、こちらも相当やりおる。とりあえず、現場からは以上です!ごちそうさまでした!

    P.S.大阪王将にはもう一つ、素晴らしいメニューがあるので、それも別記事にて紹介予定!

    ■EDIT

    20181013_1683100


    馬馬虎虎(まーまーふーふー)@新宿LUMINE EST - 食べログ
    馬馬虎虎(まーまーふーふー) - 公式サイト
     
    ●オーダーしたもの
    ・担々スープ水餃子 6ヶ入@¥900(税抜)
    ・ごちそう三種盛り合わせ 6ヶ入@¥800(税抜)
    ・角切りサーロイン醤油黒炒飯@1500(税抜)
     
      
    旨かった。
     
    新宿LUMINE ESTにあるということで、お店の半分くらいは女性客。内装も、女性が入りやすいようなおしゃれな感じになっている。まあ、LUMINE ESTに入っているお店皆そんなかんじだけども。
      【【中華】馬馬虎虎(まーまーふーふー)@新宿LUMINE EST】の続きを読む ■EDIT



    ■ざる冷やしつけ麺セット@中華食堂一番館:西武新宿 - 食べログ■

    ●オーダーしたもの
    ・ざる冷やしつけ麺セット(ゴマダレ)@¥660
     ⇒セットの丼は、肉丼的なやつ。




    普通に旨かった。

    実はこの店にはもう数え切れないくらい通っていて、大体いつもチャーハン系か定食しか頼まず、麺類についてはオーダーしたことがないのだけれども、今回、夏だし暑いしってこともあり、麺類初挑戦。

    ぶっちゃけ、メニューの名前これであってたのか正直不安なんだけど、確かこんな名前だった気がする。

    で、つゆは「中華 or 胡麻ダレ」から選択可能。ひとまず胡麻ダレをチョイス。麺は画像だと丼になみなみと入っているように見えるけど、実際のところ、丼の中にすのこ的なザルが敷いてあるので、量は大したことない。

    セットの丼は肉丼的なもので、これは、別メニューとしてある丼ものの「黒丼 / 赤丼」の味付けを取っ払った感じのもの。普通に旨いし、これだけで単体でもメニューにあればいいのにって感じだった。

    麺は中太縮れ麺で、所謂一般的な冷やし中華でよく使われるような麺。ツルツルシコシコな感じ。で、これとつゆの相性も非常に良かった。ただ惜しむらくは、まあ、味玉ハーフが付いてるとは言え別添の具の量が少々少ないってことくらいか。

    あとここまで書いてきてようやく気づいたんだけど、この手のチェーン店特有の問題として、「特筆すべきことが別段ない」んですよねえ。ホント、普通だった。普通に旨かった。

    なので、今後も通い続けるだろう。困ったときの日高屋。困ったときの中華食堂壱番館ってなもんですよ。
    ■EDIT


    img_0092.jpg
    ■ちょもらんま酒場 八重洲地下街店 - 食べログ■

    ●オーダーしたもの
    ・豚バラ青菜チャーハン@¥920
    ・大餃子(だーぎょうざ)3個@¥390




    旨かった。が、ヘビーだった。

    豚バラ青菜チャーハン@¥920

    img_0094.jpg

    普通、中華料理屋のチャーハンって「パラっとした仕上がり」みたいになっていることが前提みたいなところがあるじゃないですか。けど、このチャーハンは結構ベチャッとしていて、油が多かった。

    だが、それを補って余りある豚バラと青菜のバランスがとてもよかった。これでパラッとしていたらもっといいのは言うまでもないんだけど、この手のべっちゃりチャーハンも久々に食うと、これはこれでいいなって思いながら食った。(ベチャッとしているからと言って、決して不味いということはない)


    大餃子(だーぎょうざ)3個@¥390



    読んでで字の如く、でかい餃子だった。

    だが、皮はしっかりしていて、噛み切ってもダレることはなく、かつ中の餡もポロポロすることなくキュッと締まっていて、非常にいい食感だった。

    ただ、でかいだけあって、油の量もそれなりに多いので、正直チャーハンとの組み合わせはキツかった。これは複数人で行った時にシェアして食べたほうがいい。一人で独占して食べるようなもんじゃない。(結果的にランチで¥1300以上も払うことになったし)


    最近、とある事情から八重洲に行く機会が増えてきて、当初東京駅近辺でランチできるところを「地上」で探していたのだけど、すき家と小諸そばくらいしかなくて途方に暮れていたところ、「地下街にたくさんある」との情報を得たので、初めて地下ダンジョンに足を踏み入れてびっくりした。

    この手の中華料理屋他、様々な店があるので、東京駅に来たのなら、食事処は地上で探してはダメだ。必ず地下で探したほうがいい。他にもカレー屋とか色々生きたい店が多くて、大いに迷った。

    因みに、土曜日のランチど真ん中の時間帯に行ったので、どの店も混んでた。この店も混んでたが空席がいくつかあって、注文からの提供スピードはまあまあ早いほうだと思った。(ま、最初チャーハンが注文したものとは違うものが来たけども)

    何れにせよ、食いすぎた。お腹いっぱいです。ごちそうさまでした。 ■EDIT




    ■餃子屋台@渋谷店■
    ※画像は珍しく自分で用意。

    ●注文したもの
    ・香港焼きそば@¥780
    ・韓国石焼きチャーハン@¥880
    ・餃子の大合唱@¥1000




    全て超うまかった。特に香港やきそばが!
    ということで、1個ずつ紹介。


    ●香港やきそば@¥780

    超絶うまい!

    ぼくはとにかく「焼きそば」が好きで、めしログでのカップ焼きそば率も非常に高いわけなんだけど、当然、カップではないちゃんとした焼きそばも大好きなわけで、過去には歌舞伎町にある「かぶきち」という店のレビューも書いており、以来この店には幾度となく通っている。

    ※関連過去ログ:
     【焼きそば】かぶきち@新宿歌舞伎町

    ただ、この香港やきそばは、正直かぶきちを超えてしまったかもしれない。

    味付け的な部分(ソースの感じ)とかは多分普通なんだけど、焼きそばにしては珍しく麺が極細縮れ麺で、油がやや濃いめな印象。で、具野菜は玉ねぎともやしとネギで人参は入っていないのが個人的には良かったと思う。別に人参きらいじゃないけど、ここには居なくていいかなっていう。

    で、この玉葱がいい感じに甘くて、とてもうまかった。外で食べた焼きそばでは間違いなく一番うまい。


    ●韓国石焼きチャーハン@¥880

    うまい。一緒に行った人がオーダーしたものを少し分けてもらった。

    ただ、名前からもわかるようにほぼ「石焼ビビンバ」というか、だいぶそちらに寄せているので、チャーハン感は正直そこまでない。なのでチャーハンとしての新しさを求めているとちょっと期待はずれかも。

    あと、ほぼ石焼ビビンバなので、キムチが苦手な人にはおすすめできない。自分はどっちも好きなので、美味しくいただけたけども。


    ●餃子の大合唱@¥1000

    このお店は「餃子屋台」と言う名前だけあって、とにかく餃子の種類が豊富なのだけど、これは餃子の5種盛り合わせみたいなもの。5種類が2個ずつなので、2人で行くとちょうどいい。種類の内訳としては

    ・普通の餃子
    ・にんにく餃子
    ・野菜餃子
    ・チーズと大葉の餃子
    ・鉄板ネギマヨ餃子

    というもの。で、なんだかんだで一番うまいのは、やっぱり「普通の餃子」だった。で、逆に一番苦手だと感じたのは「チーズと大葉」だった。これは「ぼくが酒飲みではないから」というのが理由としては大きいかもしれない。普通に旨いのは旨いんだ。

    ただ「チーズと大葉」については酒飲みがいかにも好みそうな味だった。で、にんにく餃子は「ただにんにくが強い」ってだけなので、この盛り合わせで入っている文には全く構わないんだけど、単独メニューとして並んでても、まあ頼まないかなと言う感じ。

    なので、普通餃子以外だと、ぼくは「野菜餃子」と「鉄板ネギマヨ餃子」が一番良かった。

    「野菜餃子」は皮が既に緑色で、野菜がぎっしりで、餡自体がもちもちしている感じだった。鉄板ネギマヨは、回転寿司によく出てきそうなネギマヨもの見たな感じを想像してもらえるとわかりやすいかも。

    兎にも角にも「マヨ」なので、味覚が子供寄りな人は絶対好きだと思うwかくいうぼくがそうだ。あと、餃子にマヨがふんだんにかかっているもんだから、兎に角油感が凄まじい。下手したらこれだけでもたれる人もいると思う。なので、この盛り合わせのときには、最後に回したほうがいいと思う。

    あと、1つ1つがそうした個性あふれるフレーバーなので、タレがなくても全然食べれる。特に鉄板マヨはタレ要らないと思う。

    とまあ、こんな感じで、食べログで「3.01」ってのが個人的には信じられないのだけど、個人的には大好きなお店なので、絶対近々再訪したいと思っています。

    ごちそうさまでした!
    ■EDIT





    ■嘉楽料理館@渋谷


    ※画像は珍しく自分で用意
    ※オープしたばかりの店なので、食べログにはまだ掲載されていない様子。
    ※トマトときゅうりも入っていたけど、早々と片付けてしまった。
    ※漬物(ザーサイ)、小さい豆腐(ネギとおかか)、スープ付き

    ・2018/04/24にオープンしたばかりの中華料理店
     ⇒全般的にメニューは豊富
    ・オープン記念ということで05/06くらいまでは日替わりのランチが¥500。
     ⇒通常価格でも¥650。
    ・その他も全品¥100引き
    ※追記:2018/05/03
     店名を「嘉楽飯店」と記載してましたが、正しくは「嘉楽料理館」でした。
     すんましぇん。訂正済みです。




    旨かった。そして安かった。

    この店は実はもう2回目なのだけど、初回は何故かこの定食ではなく通常メニューの「かにチャーハン」を頼んでしまい、注文したあとで後悔した。何故、日替わり定食にしなかったのかと。チャーハンなんていつでも食べられるだろと。

    で、かにチャーハン自体はまあ普通で、特筆すべきことは何もなかった。なんなら、お隣の中華一番館のからあげチャーハンのほうが安くて旨いくらいだ。

    で、今回の生姜焼き定食。このボリュームで¥500なので、お得感が半端なかった。普通にお腹いっぱいになれる。味的にはまあ、言っちゃえば普通。というか「生姜焼き定食」で、「うまい!てーてってれー♪」と劇的な旨さを感じることのほうが稀だと思う。

    失礼な言い方かもしれないが、炒めてるだけなので、こんなもん誰が作ったって不味くなりようがないわけで、不味くなりようがない料理は、劇的に旨くもなりにくいとも言える。まあ、だからこそ難しい料理なのかもしれないけど。

    とは言え、小鉢にザーサイの他、豆腐まで付いているところも何気にお得感が高いし、何よりたまごスープが、とろみのあるスープで非常に美味しかった。(これチャーハンにすごくよく合うやつ)

    店内はまあまあ広いので、これからお世話になる機会は多いだろう。ごちそうさまでした。


    ■EDIT

    このページのトップヘ