脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■めしログ > その他多国籍


    ■ガパオ食堂@渋谷- (公式)
    ※画像は珍しく自分で撮影
    ●特徴
    ・割と本格的なタイ料理
    ・お米はタイ米?日本の米ではない。

    ●オーダーしたもの
     ガパオ・ガイ・ラート・カーオ(buckakeガパオごはん(鶏))@¥980(税抜き)

    旨い。 4回目くらい。

    土曜日のランチで行ってきた。過去にここでグリーンカレー的なものと、パッタイなら食べたことはあって、何度かこのブログでも名前だけは出てきていたと思うんだけど、レビューはまだ書いてなかったので、忘れないうちに。

    上記の特徴にも書いたように、ここは割と本格的なタイ料理屋さんってことで、ガパオ「風」なご飯を出すお店とは、やはり一線を画している感はあると思う。

    ガパオのひき肉は割と荒い感じで量が多く、ご飯が大した両でもないのに、最終的には結構お腹いっぱいになるし、味付けもやはり一般的なものに比べるとやや辛い印象。(と言っても甘辛な部類に入ると思うけど)

    なので、序盤から目玉焼きを崩して全部ごちゃまぜして食べてもいいと思う。というか、それが一番うまい。 次は「エビチャーハン」に挑戦してみようかな。

    ■EDIT


    ■かぶきち - 新宿歌舞伎町■ ※年中無休24H営業 
    ※画像引用元: https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13164017/

    ●オーダーしたもの
    ・焼きそば(並)+半ライス@¥950

    ■特長■
    ・鉄板焼きそば。
    ・ソース焼きそばだけど、そこまでソースは濃くなくて割とあっさり。
    ・表面をカリカリに焼いている。
    ・デフォで生卵トッピング。※目玉焼きへの変更可。
    ・もやしが細くて短いタイプのもの。
    ・ネギがいい感じに辛い

     うまかった。(2回目)

    初めて訪れた時は、別にそこまで強烈に「うまい!(テーテッテレー)」というほどではなかったんだけど、昨日仕事中、ここの焼きそばのことを不意に思い出し、帰りの渋谷駅から山手線に乗っている頃にはすっかり焼きそばのことで頭がいっぱいだった。

    だからなのかどうかは分からないが、1回目より美味しくいただけた。

    1回目にそこまで強く感動しなかった理由としては、「居酒屋で出てくる焼きそば」とあまり変わらないレベルという印象だったからと言うのがある。具体的には、塚田農場にある鉄板焼そばみたいな感じ。あすこも目玉焼きを乗せてくる。

    とは言え、特長の項目に挙げたように、ソース焼きそばではあるものの、そこまでソースが濃くないからか、結構あっさりしてて凭れない。

    でも白飯とはよく合う。その程よい味付けと、もやし&ネギのコンビが絶妙なバランスなのも良かった。

    もやしが、所謂スーパーなどに売っているような標準的な太さのものではなく、細くてやや短いもの。キャベツは入っていないため、麺の邪魔にならず、併せた時の歯ごたえが非常に良い。

    加えて、厚めに刻んであるネギの絶妙な辛さが時々アクセントとしてスパイスになってくれているのも良い。紅しょうがはテーブル付きで自分でトッピングできるけど、別に要らないんじゃないかと思う。

    ただ、惜しむらくはライスが少々微妙だったかなと言うところ。ちょっと僕には柔らかすぎた。やっぱり旨い焼きそばにはちょっと冷めてるくらいのライスでコーディネートしたい。

    他にも「炒飯」や「肉炒め定食」的なものもあり、一品物のメニューや、カウンターに幾つかお酒が並んでいるところを見ると、居酒屋感が結構強いことに気づく。あながち「居酒屋系の焼きそばだった」という感想は間違っていないのかもしれない。

    また近いうち来ようと思う。ごちそうさまでした。  

     
    ■EDIT

    このページのトップヘ