脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■めしログ > カレー

     
    View this post on Instagram
     

    吉祥寺まめ蔵 1:きのこかれー 2:ちきんかれー

    ゆう(めしログ&ROM専アカ)さん(@yusuke1235)がシェアした投稿 -

    ■まめ蔵@吉祥寺 - 食べログ■
    ●オーダーしたもの
    ・きのこかれー@¥950(平日限定)
    ・チキンカレー@¥900

    ※ランチセットは「+¥150」で「コーヒー or 紅茶(ストレート / ミルク / レモン)」付き。
    ※画像右側の「>」クリックで画像を切り替えられます。



    めちゃくちゃ旨かった。

    ●お店

    店内の雰囲気はおしゃれで家庭的なカフェといった趣。なんでも1978年に、絵本作家の方が始めた店だそうで、そもそもは喫茶店なんだとか。どうりで雰囲気がおしゃれなわけだ。

    食べログの評価も高く、11時開店で1140頃訪れたものの、店内はほぼ満席。12時を回る頃には外にも行列ができていたので、行くなら早目の時間に行ったほうがいい。

    ●カレー

    ジャンル的には「欧風カレー」ということだけども、これは渋谷のチリチリのような「薬膳カレー」だなとも思った。

    とにかく、ルーに油っこさがなく、全く重たくない。辛さもものすごくちょうどいい塩梅で、程よく汗ばんでくる感じ。これきっと、体調悪いときに食べると元気になるやつだと思う。

    福神漬と香味スパイスと辛味スパイスが、テーブル備え付けで利用できる。福神漬は至ってオーソドックス。2種のスパイスは、後からかけることで味も風味も変わってきて、これはこれで楽しい。

    後から知ったのだけど、スペシャルカレーの場合、チキン・ポーク・ビーフのカレー中から好きなものを1つ選び、そこに野菜と豆とゆでたまごがトッピングできて¥1200なので、こっちにすればよかった!初めて行く場合であれば、スペシャルにしたほうがいいと思う。

    きのこは、しめじをはじめ、何種類かのきのこが入っていて、その触感が非常によかった。チキンは肉が非常に柔らかくてこれも非常に良かった。単品を頼むなら、チキンは間違いないでしょうね。

    ●お米

    薬膳系でもありカフェ系でもあるからなのか、ご飯も非常に食べやすかった。

    おそらくは国産米を使っているはずなんだけど、炊き方がうまいのか、非常に軽い食感で、いわうる国産米特有の、水分による重たみがなくて、歯ごたえや喉越しが非常に軽くて、とにかく非常に食べやすかった。

    ただそれだけに、男性のランチとしてはもしかすると少々物足りないかもしれない。運ばれてきて3口くらい食したところで「あ、やばい。これすぐ食べ終わっちゃう」という危機感がよぎった。それくらいスイスイ食べれちゃう。

    なので、ガッツリ行きたいなら、大盛りにしたほうがいいと思う。ごちそうさまでした。

    ■EDIT

     
    View this post on Instagram
     

    CoCo壱 大人のスパイスカレー

    ゆう(めしログ&ROM専アカ)さん(@yusuke1235)がシェアした投稿 -

    ■大人のスパイシーカレー@CoCo壱番屋■
    ●値段:@¥890
    ●骨付きチキンがついている。



    めちゃくちゃ旨かった。

    CoCo壱番屋のカレーって僕のイメージとしては「洋食風ジャパニーズカレー」っていう感じで、基本的には「ジャパニーズカレー」ではあるんだけど、ここにきて限定メニューとして、スパイス系のカレー。

    おそらくデフォで5種類のスパイスが入ってる上、オーダーするとそれとは別にお好みでふりかけるスパイスもついてくる。(更には、骨付きチキンがついていることもあって、小皿とフォークもついてくる)

    で、この5種類のスパイスによる辛さなので、ジャパニーズカレーの熱くてひりつく辛さではなく、スパイスによるピリッとした辛さなので、辛さ普通でも汗ばんでくる。

    しかしなんと行っても特筆すべきはこの骨付きチキンで、このチキンがびっくりするくらい柔らかくてうまい。

    こーゆーチェーン店で出てくるとチキンとは思えないくらいチキンが柔らかくて、最初は本当に驚いた。

    なので、このチキンが時間経過で固くなることは無いだろうけど、できるだけ熱いうちに早めに食べておいたほうがいい気がした。 2018年11月末までらしいので、最低でもあと1回は食べたい。てか、明日食おう。ごちそうさまでした。

    ■EDIT

     
    View this post on Instagram
     

    ひのやかれー

    ゆう(めしログ&ROM専アカ)さん(@yusuke1235)がシェアした投稿 -

    ■日乃屋カレー西五反田店
    ●オーダーしたもの
    ・日乃屋カレー温玉@¥730
    ・チキン南蛮タルタルカレー@¥880



    まあまあ旨かった。

    店名と店のロゴからぼくは当初、おなじ五反田にある「HOT SPOON」みたいな感じを想像していたんだけど、思っていた以上に「ジャパニーズカレーライス」って感じだった。

    ※関連過去ログ  【カレー】ホットスプーン@五反田

    ラインナップ的にはカツカレーとかエビフライカレーみたいなのが並んでいることから、サラリーマン向けのランチみたいな感じで、正直、特徴という特徴があまり感じられない感じ。ま、こーゆーところが正にジャパニーズカレーなところではありますが。

    カレールーは甘すぎず辛すぎずといったところ。強いて言うなら後からひりついてくる感じで、気づくと汗ばんでくるみたいな感じですかね。オーダーしたチキン南蛮自体はまあまあ良かった。

    まあ、ここはネタに困ったときに再訪するかもって感じですかね。ごちそうさまでした。
    ■EDIT

    エリックサウス 八重洲店  - 食べログ

     

    ※2回目:イートイン

    ●オーダーしたもの

    ・チキンビリヤニ(M)@¥950

     


     

    旨かった。

     

    鼻の詰め物を抜く処置が終わり、晴れて自由の身だぜひゃっほう!というテンションだったが、その処置が思いの外早く終わってしまい(1130頃)、まだお腹も空いてなかったのだけど、ここはお昼時いつも混んでいるので、逆に今並べばちょうどいい時間に食べれるかと思い、1200過ぎに並んだ。

     

    ビリヤニは炊きあがるまでにかなり時間がかかるらしく、そのせいか数量限定的な扱いとなっており、テイクアウト時にいたっては、お1人さま1つまでという制限付き。で、並んだ甲斐があってか、一応ビリヤニには間に合った。

     

    で、画像を見てもらうとわかるように、右からヨーグルトサラダ、チキンカレーと来て、左端にあるのが何なのかよくわからなかったんだけど(マトン?)こいつが結構辛かった。(この左端のものはその日の日替わりっぽいが、それが何のかは忘れた)

     

    あまりにも辛かったので、ひとまず最初にこいつとヨーグルトを交互に行く形で片付けた。このお店、ドリンクが注文できないのは痛いと思う。あまりにも辛かったのでめっちゃラッシー頼みたかったのに、多分置いてない。

     

    ※2018/09/16 追記

    嘘つきました。普通に有りました。テーブルにそのメニューが置いてなかっただけでした。昨日行ったら有りました。ラッシー飲みました。美味しかったです。

     

    ビリヤニはやはり非常に食感が軽くて、スルスルと入ってしまう。ほとんど噛まずに飲み込めちゃう感じ。これと、オニオンとか野菜が非常によく合う。

     

    でもやはり、ビリヤニ自体が軽いからか、Mサイズだと軽すぎて、場合によっては物足りなさを感じるかもしれない。今度行くときは Lサイズに挑戦してみようかなあ。

     

    いや、でも「選べる2種類ランチ」で辛口のものと、バターチキンカレーを頼むのが一番確実なんだと思う。実は密かに、ビリヤニがダメだった時のリスクヘッジとして、「キーマ&バターチキン」というのも考えていたので、次行くときはそれで行こうと思う。

     

    ■EDIT

    ■エリックサウス八重洲店 - 食べログ

     

    ●オーダーしたもの(テイクアウト)

    ・バターチキンカレー(甘口)

    ・(おそらく)マトンカレー(辛口)

     


     

    旨かった。

     

    一昨日の日記にも書いたように、鼻の手術をおこなったわけですが、術後はとにかく安静にしてなければならない&クリニックを出たあと、ホテルに滞在している間は患者を一人にしてはいけないということを厳重に言い渡されていたため、晩飯は事前に購入しておいたほうがいいだろうということで、母に頼んでテイクアウトしてきてもらった。

     

    で、特に何をっていうのは頼んでいなかったんですが、バターチキンカレー&チキンカレーのセットに、母は自分の分として野菜カレーをオーダーしたもとのこと。

     

    ところが、実際に入っていたのが、バターチキンカレーとおそらくマトンと思われるカレーだったと。完全に取り違えられてしまうという結果に。

     

    まあでもちょうど2つあるけど二人で半分ずつシェアしながら、文字通りハーフ&ハーフ的な食べ方をしたんだけど、どうやらエリックサウスは、全てのメニューで辛さを選べるのではなく、メニューごとに辛さが予め設定されているようで、バターチキンは「甘口」、マトンは「辛口」のようだった。実際、マトン結構辛かったし。

     

    で、ライスはサフランではなくターメリックのよう。ライス自体も非常に美味しいと感じた。

     

     

    ただ、これ画像は思っきし食べかけ載せちゃってますけど、実際量が少なかった。容器に対して明らかに量が少ない。これ、半分くらい食べたあとに撮影したとかじゃなくて、1口か2口くらいかじっただけですからね。マジで量が少ない。

     

    なので、当然のことながらカレーが余ったので、マトンが辛かった(つらい・からい両方)。でもめちゃくちゃうまいことに変わりはなかったので、今度は店内で食べようと思う。

     

    ごちそうさまでした。

     

    ■EDIT

    TEA ROOM APOLLO@八重洲地下街

     

    ●オーダーしたもの

    ・オムカレー(ランチセット)@¥1000

     ⇒サラダ+ソフトドリンク(アイスコーヒー)

     


     

    旨かった。

     

    八重洲地下街はこれで二度目となるのだけど、前回来た時から「エリックカレー」が非常に気になっていたので、今度こそはと思ったものの、時間帯的にそこまでお腹が空いてなかったのと、例によって激混みだったため、ひとまず地下街をぐるっと回ってお腹を空かせながら、様子見することに。

     

    マップを参照していたら、他にもカレー屋さんがもう一軒あったので、そっちを見てみようと思ったら、なんか普通のジャパニーズカレー(C&Cカレーをもっとしょぼくしたような感じ)だったため、却下。

     

    エリックに戻ろうかなどうしよっかなーと思っていたら、喫茶店にて店頭の食品サンプルと共に「オムカレー」の文字が!

     

    たまご好きでもありカレー好きでもある側からして見たら、これは見過ごせない。そもそもオムライスとカレーが一緒になっているものを出すお店というものに出会ったのは初めてだったし、チェーン店でもなさそうだったため、ここでしかたべられないような気がした。

    正直、その昭和感満載な喫茶店という佇まいから地雷臭も漂ってはいたが、意を決してGO!

    【【カレー】TEA ROOM APOLLO@八重洲地下街】の続きを読む ■EDIT

    img_0105.jpg

    ■バター カレー (BUTTER CURRY【旧店名】グラス)@葛西

    公式HP:バターカレー

    お米:国産

    ●注文したもの

    ・2カレーライスセット(画像)@¥900

    ・キーマカレーセット@¥750

    ・セットドリンク:ラッシー&マンゴラッシー

     

    ●セット内容

    ・ライス or ナンおかわり1回無料

    ・サラダ+ソフトドリンク

     


     

    めちゃくちゃ旨かった。

     

    辛さ選択は「甘口⇒普通⇒中辛⇒辛口⇒激辛」の5段階から選択可能。今回は2つとも「普通」にてオーダー。しかし、全く辛くないどころか、バターカレーだからなのかかなりマイルド。同ジャンルの他店にと比較すると、辛さ表記は1段低いものと見ていたほうがいいと思う。

     

    自分は、カレーについてはあまり辛くないほうが好きなので、非常にマイルドで食べやすかった。

     

    【【カレー】バターカレー(旧店名:グラス)@葛西】の続きを読む ■EDIT

    ホットスプーン@五反田

     

    ●オーダーしたもの

    ・牛すじたまごカレー:並・中辛@¥820

    ・牛すじ野菜カレー:少なめ・中辛@¥860

    ・アイスチャイ@¥180

     


     

    旨かった。

     

    牛すじカレーがメインという変わったお店。しかもそれが、ソースポット(魔法のランプみたいなやつ)でも別皿でもなく「鍋」に入って、グッツグツに煮えたぎったアッツアツの状態で出てくるので、驚いた。

     

    最初は初見の店なので、無難にスタンダードな一番人気の「牛すじ煮込みカレー@¥760」をオーダーしようかと思っていたんだけど、メニューを見ていたら「牛すじ玉子カレー」なんてものを見つけてしまったので、たまご好きとしてはスルーできねえってことで、玉子カレーをチョイス。まあ、正解だよね。

     

    最初はもちろん、卵を混ぜずにいく。辛さは「中辛」でオーダーしたんだけど、たまごを混ぜていないのに全く辛くない。辛さに関してはだいぶ優しめと見た。

     

    だが、たまごを混ぜ始めたあとになってようやくヒリついてきたので、あとから来るタイプの辛さなんだと思う。でも、インド系カレーほどのスパイシーさは感じなかった。どちらかと言うと、日本的な風味のサラサラカレーと言う感じ。

     

    因みに、一緒に行った人の野菜カレーは、まあ予想通りというか、ゴロッゴロの野菜が入ってるってだけで、あとは一緒だった。野菜好きにはおすすめ。

     

    アイスチャイは、この手のカレー屋の定番ってことで、いろんな店で飲んできているけど、今まで自分が飲んできたちゃいの中では、シナモンの風味がもっとも強くて、正食ちょっと苦手。ネパリコくらいのあっさりした感じが自分にはちょうどいい。

     

     

     

    ■EDIT

    ■カンティプール渋谷店

     

    ・少なくとも5回位は来てる。

    ・初のライス注文。

    ・ライスでもナン同様、おかわりフリー。

    ・ランチセットはサラダのみ。ドリンクは別料金。

    ・今回の日替わりは「ほうれん草とチキン(サグチキン)」

     


     

    日曜日のソロランチ。日曜日ということもあり、ランチ時であるにもかかわらず店内は結構空いていた。

     

    このお店は職場の近くということで何度も訪れてはいるのだけど、ここでのカレーはナンでしか食べたことがなかったので、今回はじめてライスに挑戦。

     

    オーダーしたものは「ハーフ&ハーフ」。組み合わせは「日替わり+キーマ」で、この日の日替わりは「サグチキン(ほうれん草とチキン)」とのことだった。

     

    新所沢の印度亭とは違い、ハーフ&ハーフだと¥1100も取られるけど、ライスで食べるなら絶対ハーフ&ハーフで頼みたい!というか、貧乏性だからかメニューにハーフ&ハーフが存在するものは大抵それで頼んじゃう。1回で2つ楽しめるから。

     

    で、今回初めてそれをライスで頼んでみたんだけど、まさかのサフランライスで驚いた。画像のものだとすごいテカってて、チャーハンぽい感じが想像できちゃうけど、実際はそんなでもない。食感も風味も至って普通。なんだったら、白米よりも味がうすいんじゃないかという気さえする。

     

    とは言え、所沢のタージマハルよりかは遥かに旨かった。で、食べてみてわかったんだけど、日本の米ほど重たくない気がする。ライスおかわりフリーなので1回おかわりしたけど、全然重たくなかった。印度亭のクイックだとおかわりとか一切して無くてもすげー重いのに。

     

    で、今まで散々ここで食べてきたナンについては、味付きなので旨いのは旨いし、食べやすいサイズに予めカットしているものをじゃんじゃん持ってきてくれるのだけど、他のお店に比べるとずいぶん薄くてふんわり感がないので、ちょっとそこが残念かも。

     

    なので、今後この店ではナンではなく、ライスでやっていこうと思う。

     

     

    ※関連過去ログ:

     【インドカレー】印度亭@新所沢

     【インドカレー】タージマハル@所沢

    ■EDIT

    ■タージマハル - 所沢(食べログ)

    ※画像引用元: https://tabelog.com/saitama/A1106/A110601/11034664/

     

    ●注文した物

    ・チキンカレーセット@¥840

     

    ●特徴

    ・辛さ1~5

    ・ライスがターメリック

    ・ランチはライス or ナンがおかわりフリー

    ・ランチセット内訳

     ⇒カレー+ナン or ライス+サラダ+ドリンク

     


     

    いまいち。期待が大きかった分、失敗した感が否めなかった。

     

    所沢に来るたびに、店の前でおじいちゃんが呼び込みやってて、その時は晩飯時で結構いい香りを漂わせていたので、いつか来ようと思っていたところ。

     

    ライスで注文してターメリックで来た時には思わず「おお!」ってなったけど、まずこれがまた全く味がしない事に驚いた。よくよく調べるとターメリックライスはそもそも味も香りもしないものらしいのだが、にしてもって話。米本来の甘味さえ感じられない。

     

    というかインディカ米でないのは元より、そもそも日本の米でもない気がする。なんか食感とか若干ベチャッとした感じというか、炊くのに失敗したのかと言うような出来。もしかすると、昔なつかしタイ米なのか?という気もするが確証は持てない。

     

    で、セットメニューなのにやたら値段が分かれているのも意味不明。割と一般的と思われるバターチキンカレーが何故かやたら高い。初めてってこともあるので、一番無難なチキンカレーに逃げたが正直ハズレ感。辛さ1だが全く辛さはなく、しょうがが効きすぎている感。

     

    で、セットのドリンクもコールドしかない。ホットチャイもホットコーヒーもない。この寒い時期にコールドしかないとか意味不明。せめてホットコーヒーくらい用意しておいて欲しい。仕方なくマンゴーラッシー。

     

    だが、このマンゴーラッシーが待てど暮らせど一向に来ない。食べ終わって食器もまとめておいていて、インド人店員は何往復もぼくの前を取っているはずなのに気づく気配がない。おかわりフリーを謳っておきながらおかわりを伺いにも来ない。痺れを切らして自らマンゴーラッシーを申し出る。

     

    因みに、おかわりフリーと言いつつ、カレーの量が少なく、普通に一食分でカレーが無くなったため、おかわりの余地はない。何しろターメリックライスの味が全くしないせいで、カレーの消費が激しい。だがカレー自体も対して香ばしさがない。

     

    ただ、食べログで他の人の評価を見ると、ナンが比較的大きめかつ、ぼくの好きなもっちり系とのことなので、今度はバターチキン、サグチキン、キーマのいずれかでナンをオーダーしてみようと思う。あと、ビリヤニも食べてみたい。

     

    その辺りに手を付けたら、後はもういいかなという感じ。今までのインド系カレー屋の中では一番残念な店だった。

     

    ■EDIT

    このページのトップヘ