脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■脳窓全開 > 気になった動画

    真矢Pearlセット2018

    超久々な音楽ネタ、それも「ドラム限定ネタ」です。

    以前、10月10日は「ドラムの日」ってことで「ドラマー特集」みたいなことをやったことがあったんだけど、その際に取り上げたドラマーの中に「Matt McGuire(マット・マグワイア)」というドラマーについて軽く触れたんです。

    ※関連過去ログhttp://blogrider.tokyo/archives/13813941.html

    で、これ以来、ちょっと気になってちょいちょい見ていたんですけど、最近見たこの動画がすごいなと思ったので、ちょいとシェアします。


    【【ドラム動画】10月10日は「ドラムの日」ってことで「Matt McGuire」他数本】の続きを読む ■EDIT

    DnMvXAKU0AAev0i

    つくづく思うんだけど、みんないつまでTVや新聞の情報ばかり鵜呑みにしているの?って話。年配の人とか特にそうだと思うんだけど、↑の画像のような人って、未だに多そう。

    今回は、下記に紹介する動画を見て、自分も大体似たような意見だったので、それについてまとめたいと思う。


    【TVや新聞でしか情報を得てない人はただの情弱⇒大事なのは受け取った情報を自分の頭を使って「どうやって考えるか」ということ】の続きを読む ■EDIT

    割と最近、「Mini Golf KING」というスマホアプリにハマり倒しているということを書いた。

    ※関連過去ログ
    http://blogrider.tokyo/archives/20856156.html

    こいつにハマりすぎるがあまりに、YouTubeにチャンネルまで作って、プレイ動画(実況ではない)をUPまでしだす始末。

    上記の過去ログにも書いているけど、今までアレだけ散々スマホばっかいじってる人間はバカだのなんだのとこき下ろしておきながら、自分がまさかここまでドハマリするだなんて思いもしなかったのだから、人生ってわからない。

    で、そのせいで読書量が著しく減って(というよりほぼ読んでない状態)にまでなって、「いやいかんいかん!」って思ってもいるんだけど、でも電車に乗っていると、Mini Golf KINGが気になりすぎて、本の内容なんてまず入ってこない。

    で、ぼくは思った。

    こんな状態で本なんか読んだところで、絶対何も入ってきやしないんだから、いっそのこと開き直って、飽きるまでとことんMini Golf KINGにハマり倒してやろうと思った。どうせハマるのなら、本気でハマり倒してやろうと思ったのだ。

    で、そんな中で、学んだことについて、シェアしたいと思います。

    【どうせハマるなら徹底的にハマって、吸収できるものは全て吸収したほうがいいって話】の続きを読む ■EDIT


    痩せたい人ほど【太るしメンタル病む】という事実

    これ分かる気がする。かつてのぼくもそうだった。

    【痩せたいなら「痩せなきゃ」という強迫観念は捨てたほうがいい】の続きを読む ■EDIT

    メンタリストのDaiGoさんによる「ストレス解消」に関する動画が非常に参考になるのでシェアしたいと思います。3本続けてどうぞ。


    【ストレス解消に関するDaiGo動画3本】の続きを読む ■EDIT


    ぼくはまあまあお笑い好きなはずなのに、M-1のことについて無駄に熱く長く書きなぐっているエントリはあれど、「お笑い動画そのもの」については殆どUPしたことがないことに気付いたので、僕の好きな動画をシェアしたいと思う。

    まあ、お笑い動画そのものを紹介しなかったのって、結局「すぐ削除されちゃうから」っていうのが一番の大きな理由だったりするんですけどね。

    【【困った時の動画シェア】フットボールアワー後藤さんのツッコミ】の続きを読む ■EDIT


    このブログでは度々ROLANDさまのことだったり、その出自となっている「HOST-TV」のことについて話題に出しているし、先日もROLAND様の動画をシェアしたばかりだ。

    でも実を言うと、そもそもHOST TVをチェックするようになったキッカケは実はこの動画だったりする。 【ROLAND様とは違った意味ですごいなと思うホストさん「社美緒(やしろみお)」さん】の続きを読む ■EDIT

    流石に3年以上に渡って日記系ブログの毎日更新をやっていると、それはそれはたまにですけど、ネタに困るときってのが出てくるんですよ。

    で、そういう時のための「逃げ道コンテンツ」として、「今日のBGM」だとか「気になる音楽」とかがあるんですけど、それさえもネタが枯渇してきた感があるので、ここ最近「ニュートラルな状態で見ることが多い動画」についてシェアします。

    【元気が出る動画・癒やしの動画・ゲームの動画】の続きを読む ■EDIT



    これこれこれ。これですよ。この電脳メガネ感。

    ものすごい後出しジャンケンだけど、ぼくが思い描いていた未来の車って正にこういう感じなんですよね。近い将来絶対こうなると思う。で、更にゆくゆくはこれが「完全自動運転」になると思う。

    なので、究極的には「ドライバーが何の運転もせず、寝ている間に目的地に辿り着く」なんてことも可能になるのではないかと思う。故に「免許自体が不要」となる可能性さえあるんじゃないかと。


    【これぞ正にARなナビがカッコいい】の続きを読む ■EDIT


    [検証] テレビの星座占いは各局で同じになるか調べてみた


    これはなかなか面白かった。なんか普通に喋りに親近感があって面白かった。

    ぼくは、占いの類は最初からどうでもいいと思っているタイプの人間なんで、この発想がなかったんだけど、よくよく考えたらホントそのとおりだと思う。違う結果が出るなんてことはあってはならないはずだ。

    と言うよりも、世間の人たちは「占い」というものを大きく誤解していると思う。

    なんか、占いというものに対して「予知・予言」の類のものであると言う前提で話す人が多いじゃないですか。だからこそ「当たる / 当たらない」という言い方をするんだと思うけど、現代で一般的に言われている占いって「ただの統計学とバーナム効果」だと思うんですよね。

    特に「手相」なんかその最たる例だと思いますけどね。「こういう手相の人には、こういう人が多い」っていうだけのこと。

    それプラス、占い師自身の人生経験(占い師として多くの人に触れてきた経験則)を掛け合わせて、「こういう風になさい」ってアドバイスしているだけでしょあんなもん。

    だから「当たる / 当たらない」じゃなくて、「どう行動していくのかが重要」って話じゃん。

    それに未来の結果が当たっていたか外れていたかなんてのも、その人の解釈に委ねられる部分があるでしょって話。このあたりが所謂「バーナム効果」と言われる所以。

    TVとかだと、確かにかなり具体的に「未来を予言するかのように」語られることが多いので、バーナム効果とは言い難いかも知れない。

    けど、結局こうした場合の占い師の話す内容そのものは、先述の通り「統計学」という根拠に基づいているわけで、それを受けて「どういう行動していくか」で、未来なんていくらでも変わるじゃんって話。

    その結果の部分だけフォーカスして「当たった / 外れた」っていうのは、そもそも見方からしておかしい。それはただの「未来予測ゲーム」でしか無い。

    結局の所、「自分にとっての都合のいい未来を言って欲しい」ってだけでしかなくて、そうすることで「努力しなくても明るい未来が待っている」っていう安心感を欲した、ただの甘えた考えでしか無い。

    なので、占いの結果に一喜一憂している人ってぼくからすると、すごくバカに見えるんですよね。てめえの未来くらい、てめえでハンドリングしやがれって話。

    人はね、「自分の思ったとおりにしか生きられない生き物」ですから。「どうせ自分なんて」って言ってる人は絶対成功しないじゃないですか。それが口癖の人は「挑戦しない人生」しか歩まないんだから。

    ね?思ったとおりにしか生きられてないでしょ?こういうことなんですよ。だから本当に幸せになりたいなら、占いなんていちいち気にせず、自分のやりたいことをやればいいんです。

    占いとか、まじどうでもいい。


    ■EDIT

    このページのトップヘ