脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■ダンス動画 > POPPIN HYUN JOON

    ■Poppin Outside - Dok-Do with Arrirang [Poppin Hyunjoon 팝핀현준]■ 最近Fik-shunばっかで全然HYUN JOONを見てなかったので、久々に。 にしてもHYUN JOON、なんちゅう髪型してんだwライオンみたいだな。 正直、曲は微妙だけどでもやはりDUB STEPとかBRO STEPなどと呼ばれるジャンル。 なだけに、今回も途01:34あたりで「Gravity Spin」が出てきます。 音楽的な部分でも、ぼく個人的にダブステとかブロステというか、Skrillexにものすごく 惹かれているので、是非HYUN JOONにはSkrillexで踊ってもらいたいなと、切に願う。 ■EDIT

    ■POPPIN HYUNJOON @ STREET UNIVERSIADE 2013 -SUMMER SESSION -■ さっきUPした奴は、悪くはないんだけどなんかイマイチ感があるので、もう1本。 2本目の時に「ここ数年、使用楽曲にDUB STEP系を好んで選んでいる傾向がある」という ようなことを書いたと思うんだけど、その最たる例がこちら。使用楽曲は明記はされていな いのだけど、コメント欄をみる限りだと恐らく「District78」かと思われる。 DUB STEP系の中でもどちらかと言うとDnB(ドラムンベース)に近いややテンポの早めな 曲なので、自ずとムーヴも攻撃的な印象を受けますね。 それでも、ちゃんとHYUN JOONらしさは出ていて流石という感じ。 ■EDIT

    ■90 SECs - Elektric No 1, Rhythm Gate, Poppin Hyunjoon / Ground Scratch Party / Allthatstreet■ Elektric No 1、Rhythm Gate、そしてPOPPIN HYUN JOONが、それぞれ90秒間同じ曲で フリースタイルをやるという趣旨のもの。 HYUN JOON登場は丁度04:00あたりからなんだけど、この手のクセのある曲、特に音ハメ ポイント満載な曲は彼の最も得意とするところですね。 こういった曲に限らずだけど、彼の「表現力」っていう部分は、やはり世界的に見てもなか なかいない才能だと思う。 ■EDIT

    ■POPPIN HYUN JOON 2010 INTRO.flv■ 数あるHYUN JOON動画の中で、結構気に入ってる奴。 タイトルと動画の内容からして、ある種HYUN JOONの2010年版ポートフォリオ というか、PV的宣材動画。 01:05~01:18辺りまでの一連の動きが好き。 因みに楽曲は「The Prodigy」の「Omen」という曲。 プロディジーやっぱかっこいいなあ。 一応ジャンル的には「ロック+エレクトロ」みたいなところらしいけど、 個人的には「ELECTROCK」って名付けたいなあ。   ■EDIT

    ■Poppin Hyun Joon at a Club■ 今からちょうど10年位前にこの動画をYouTubeで見て、衝撃を受けた。 そもそもは当時2ch系まとめサイトか何かで「David Elsewhere」のアニメーションダンスがものすごく話題になっていて、その動画 自体も非常に衝撃的な内容だったが、ぼく個人的にはその流れで出会ったこの動画の方が好みに合っていた。 ここから、ぼくはHYUN JOONの動画を狂ったように片っ端から見るようになる。これはその始まりにすぎないので、正直、今見ると 驚きとか新鮮さというものはない。 やっていることも割と基礎的なルーティン中心で、途中に入るスライド系の技(いわゆるムーンウォーク)と後半の方での「パンケー キ(上半身をリンボーダンスのように思い切りのけぞらせる技)」くらいで、特筆すべきところは正直あまりない。 後にわかることになるんだけど、彼をはじめとする韓国系のダンサーさん達はみんな大体ヒット(筋肉を弾く動き)がかなり強めで、 ムーブ自体もかなりカクカクした鋭角的な動き中心であることが多く、それが当時やたらかっこよく見えた。 大昔元気が出るTVでやってたダンス甲子園を初めて見た時以上の感動を覚えた。そして、おそらくこの動画が彼にとっての初めての YouTubeにUPされた動画だと思うので、結構色んな人の手によって2次アップロードされまくっている状況だった。 前ブログから引き続き、これから定期的にPOPPIN HYUN JOONの動画を取り上げていこうと思う上で、この動画の存在を語るべく して、彼のことは語れないのである。 ※参考動画:David Elsewhere   ■EDIT

    このページのトップヘ