脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■音楽のこと > ×年前の今日

    81Fr3EeF1OL._SL1500_

    TM NETWORK - GET WILD '89(19th SINGLE)
    1989年4月15日リリース

    c/w:FOOL ON THE PLANET (WHERE ARE YOU NOW)
    収録アルバム:DRESS 他

    ・GET WILD '89
     作詞:小室みつ子/作曲:小室哲哉/編曲:ピート・ハモンド

    ・FOOL ON THE PLANET (WHERE ARE YOU NOW)
     作詞:小室みつ子/作曲:木根尚登/編曲:ジミー・ブラロウアー、ピーター・ウッド

    30年前の今日リリース。

    ああ、30年経ってしまいましたか。。。

    この曲はぼくの人生の音楽ヒストリーを語る上でも絶対に外すことが出来ないほどの重要な曲で、ある意味では、ここからぼくの音楽人生が始まったと言っても過言ではない。

    ま、「音楽人生」とかって、別にミュージシャンじゃないですけどね。


    【【×年前の今日】1989年4月15日:TM NETWORK - GET WILD '89(19th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    51S4PDAC78L

    X - VANISHING VISION(1st ALBUM)
    1988年4月14日リリース
    • YOSHIKIが立ち上げたインディーズレーベル「エクスタシー・レコード」よりリリース。
    • 型番は「EXL-001」 ※当初はアナログ盤でのリリースのため型番の「L」は恐らく「LP」の意味と思われる。
    • HIDE(hide)加入後、初のアルバムだがこのアルバムで腱鞘炎になる。
    • 初動1万枚という、当時のインディーズとしてはありえないくらいのヒット。
    • 後に5000枚限定で「ピクチャーディスク(盤面が画像になっている)」がリリースされ、1990年頃のレートですら「¥50000」程度のプレミアになった。

    ●収録曲

     1. DEAR LOSER
     2. VANISHING LOVE
     3. PHANTOM OF GUILT
     4. SADISTIC DESIRE
     5. GIVE ME THE PLEASURE
     6. I`LL KILL YOU
     7. ALIVE
     8. KURENAI
     9. UN-FINISHED

    31年前の今日リリース。
    中学1年生の頃に初めて聞いた時は、言葉を失うほどの衝撃だった。

    あまりにも過激で衝撃的すぎたからか、中1当時、友達の家でこのアルバムを流しながら必死にレコメンドしていたら、「M2. VANISHING LOVE」のギターソロに差し掛かる前の段階で「あ、ちょっと、もうそろそろ親が帰ってくるから、止めるね」と言われたのは、今となってはいい思い出。

    そう。この当時は、「ロック=不良」というイメージが、まだほんの少し残っていた時代でもあったのだ。

    そんな中で、そうした既成概念や形骸化された価値観等、すべてを打ち砕きその破片をも吹き飛ばすかのような、そんな火力と破壊力と殺傷力の強いアルバムを、彼らは20代前半の頃、インディーズで既に作っていた。

    リリースされた1988年は、おりしも「第二次バンドブーム」の真っ只中で、そうしたムーブメントの後押しもあって、当時のインディーズシーンでの売上としては異例となる「初動で1万枚」という記録も打ち立てた。

    間違いなく日本の音楽シーンに一石を投じ、メジャーシーンに対する宣戦布告として、アルバムジャケットのように、「X」の文字を深々と切り刻んだアルバムだと思う。

    例によって「続きを読む」以降で、全曲解説をします。

    【【×年前の今日】1988年4月14日:X - VANISHING VISION(1st ALBUM)】の続きを読む ■EDIT

    51bQS785inL

    浪漫飛行(10th SINGLE)
    1990年4月8日リリース

    ・作詞 / 作曲:米米CLUB、編曲:中崎英也 & 米米CLUB
    ・「東日本版」と「西日本版」が存在し、それぞれでカップリング曲が異なる。

    29年前の今日リリース。

    この曲で彼らを知ったという人も多かったと思うが、今となっては、既に知らない世代も多いことでしょう。

    しかし、この曲以前の彼らについては非常にサブカル色が強く、ジャケットの左から2番目の兜みたいなものを被っている人は「ジェームズ小野田」さんといい、元からこんな感じで、楽曲も非常にふざけた感じのコミックソングが多かった。

    その様相は、ともすれば「アングラ劇団系」的でもあり、例えば「電気グルーヴ」の前身バンド「人生」にも通ずるものがある。

    このことから米米CLUBはデビュー当初、「爆風スランプ」「聖飢魔II」と並ぶ「ソニー三大色物バンド」などと呼ばれていたりもした。

    それが、この曲辺りから徐々に「正統派J-POP」の道を歩むようになり、92年には当時の月9ドラマ「素顔のままで」の主題歌として、「君がいるだけで」がタイアップとして起用され、自身最大のヒットを出している。

    話を浪漫飛行に戻すと、元々この曲はシングルリリースの3年ほど前、1987年の3rd ALBUMに既に収録されていたらしく、当時から「航空会社のタイアップを狙って」作られた曲らしい。

    ともあれ、当時はまだ「第二次バンドブーム」の頃だったと思うし、CDがいよいよ本格的に普及して、J-POP自体が活性化してきてリリースが増えてきたこともあるので、そうした世間の盛り上がりや波にうまく乗った感のある楽曲だと思う。

    ぼくは別に米米CLUBは好きではないけど、この曲だけは知ってるし、何ならたまにカラオケでも歌うくらいだ。歌いやすいんですよね、この曲。

    【【×年前の今日】1990年4月8日:米米CLUB - 浪漫飛行(10th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    71psre+zvgL._SS500_
    LUNA SEA - gravity(12th SINGLE)
    2000年3月29日リリース

    ・バンド初となるマキシシングル
    ・映画&ドラマ『アナザヘヴン』主題歌
    ・INORAN原曲

    ●c/w
    ・inside you
     真矢原曲。
    ・My Lover
     SUGIZO原曲。映画/ドラマ「アナザヘヴン」の挿入歌

    19年前の今日リリース。

    個人的に、INORAN曲の中でも1・2を争うくらい好きな曲だし、LUNA SEAの全楽曲の中でも十指に入るくらいの名曲ではないかと思う。

    【【×年前の今日】 2000年3月29日:LUNA SEA - gravity(12th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    51AL2I9dP3L
    BUCK-TICK - 殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits(リメイクアルバム)
    ※6thと7thアルバムの間にリリース

    1992年3月21日リリース

    ●収録曲
     1. ICONOCLASM
     2. 惡の華
     3. DO THE "I LOVE YOU" 
     4. VICTIMS OF LOVE 
     5. M・A・D 
     6. ORIENTAL LOVE STORY
     7. スピード 
     8. LOVE ME 
     9. JUPITER
     10. ...IN HEAVEN... 
     11. MOON LIGHT 
     12. JUST ONE MORE KISS
     13. TABOO  
     14. HYPER LOVE 

    27年前の今日リリース。

    前回紹介した「狂った太陽」同様、このアルバムもリアルタイムで死ぬほど聞きまくった思い出深いアルバム。

    ※関連過去ログ

    特徴としてはスタジオアルバムではなく、ベスト盤的要素のあるリメイクアルバムと言ったところ。Wikipediaではなぜか「セルフカバーアルバム」なんて書かれていたけど、いやそれは違うでしょって話。

    ※セルフカバーは、他者に提供した楽曲を、作詞者或いは作曲者が自らカバーすることなので。

    なので、どちらかと言うと、TM NETWORKの「DRESS」のような、「リプロダクトアルバム」に近いと思う。

    とはいえ、リミックスを全て外部に発注したTMとは異なり、リミックスはおそらくを全て自分たちでやっているし、なんなら全部リテイクしているので、確かになんて呼んでいいかわからんですね。

    ということで、面倒だけど、全曲解説しますかね。

    【【×年前の今日】 1992年3月21日:BUCK-TICK - 殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits(リメイクアルバム)】の続きを読む ■EDIT

    51xDLL3OY5L

    PENICILLIN - Blue Moon / 天使よ目覚めて(メジャー1st SINGLE)

    23年前の今日リリース。

    このバンドは、ヴィジュアル系が「ヴィジュアル系」と呼ばれ始めた頃の最初の世代ではないかと思う。でも、ぼくは別にこのバンドのことは好きでも何でもなく、なんならちょっとバカにすらしていたw

    何しろVo. HAKUEI氏のあのしゃくりあげるようなヴォーカルが、当時V系から少し離れたところにいた人からすると、笑いの種でしかなかったですからねえw最初、割とマジで「ネタでやってんのか」とさえ思ったくらいだ。

    と、同時にこのバンドがこのシングルをリリースして間もなく、武道館公演をおこなったりして、音楽シーンの中において、V系が過大評価され始めたのも正にこの頃からだったように思う。

    ぼくは当時バンド始めるかどうかくらいの、一番音楽に貪欲でこだわり全開だったこともあって、彼らに対する評価に「いや、それは違うだろ」というイライラを募らせてもいた。「ヴォーカル普通に下手くそじゃねえか」と。

    なので、ぼくは「すぐ消えるだろうな」と思っていたんだけど、その後似たようなバンドがニョキニョキと現れ始めて群雄割拠となっていく中で、6th SINGLE「ロマンス」でミリオン一歩手前くらいまで売れたり、ベースのGISHOさんが脱退したりと色々ありつつも、なんだかんだ一度も活動休止せずに活動を続けているっていうのはちょっとすごいかなとは思う。


    Blue Moon/天使よ目覚
    PENICILLIN
    パイオニアLDC
    1996-03-15

    ■EDIT

    ●今日お誕生日の楽曲
    1988年3月5日(31歳)
    ・TM NETWORK - BEYOND THE TIME〜メビウスの宇宙を越えて〜(13th SINGLE)

    2003年3月5日(16歳)
    ・倖田來未 - real Emotion/1000の言葉(7th SINGLE)

    TMの方は「劇場版アニメ」の主題歌、倖田來未さんの方は「ゲームの主題歌」ということで、どちらも歴史のあるタイトルのタイアップ繋がりでした。

    動画と解説は「続きを読む」から。

    【【×年前の今日】1988年3月5日:TM NETWORK「BEYOND THE TIME」 / 2003年3月5日:倖田來未「real Emotion/1000の言葉」】の続きを読む ■EDIT

    41dhDZCcGUL._SL500_

    氷室京介 - CRIME OF LOVE(6th SINGLE)
    1991年2月27日リリース

    ・作詞 / 作曲:氷室京介 / 編曲:西平彰、SP≒EED
    ・c/w:CLIMAX
     作詞 / 作曲:氷室京介
    ・収録アルバム「HIGHER SELF」

    28年前の今日リリース。

    この当時の氷室ってまだ「脱BOØWY」を模索していた頃だと思うんだけど、ある意味でこの曲はそのキッカケにもなった曲なのではないかと思う。

    なんというか、この曲が収録されているアルバムである「HIGHER SELF」の前の「NEO FASCIO」は、あまりにもコンセプチュアルかつマニアックで、「ロック」という観点で見ると、良くも悪くもロックからは外れている印象だった。

    でも、この曲やこれが収録されているアルバムについては、それまでのソロ作品に比べると幾分か「バンド感」が増してきていて、所謂「ビートロックではない形でのロックアプローチ」に成功した1曲だと思う。

    なんというか、このダークネスな感じは、後のヴィジュアル系ミュージシャンにも影響を与えたような気もするし、後の自身の作品である「炎の化石」とか「SLEEPLESS NIGHT」なんかに繋がっていくような、そんな曲なんじゃないかと思う。

    【【×年前の今日】1991年2月27日:氷室京介 - CRIME OF LOVE(6th SINGLE)】の続きを読む ■EDIT

    61q3-nHg6ML._SL1050_

    TM NETWORK - Self Control(4th ALBUM)
    1987年2月26日リリース

    ●収録シングル
    ・All-Right All-Night (No Tears No blood)」
     1986年11月21日リリース
    ・Self Control (方舟に曳かれて)」
     1987年2月1日リリース

    ●収録曲
     1. Bang The Gong (Fanks Bang The Gongのテーマ)
     2. Maria Club (百億の夜とクレオパトラの孤独)
     3. Don’t Let Me Cry (一千一秒物語)
     4. Self Control (方舟に曳かれて) 
     5. All-Right All-Night (No Tears No Blood)
     6. Fighting (君のファイティング)
     7. Time Passed Me By (夜の芝生)
     8. Spanish Blue (遙か君を離れて)
     9. Fool On The Planet (青く揺れる惑星に立って) 
     10. Here, There & Everywhere (冬の神話)

    32年前の今日リリース。

    そんなに前だったのか。このアルバムについては、リアルタイムではなく後追いで聞いたので、そこまで昔だとは思わなかった。とは言え、最初に聞いたのが「DRESS(89年リリース)」だから、これも30年も前になるんだけども。

    前作「GORILLA」と本作と、次作「hyumansystem」は、あくまでぼくの中では3部作的な感じで、今、TM NETWORKの楽曲でプレイリストを作るとしても、おそらくはこの3枚を中心にリストを作る感じでしょうね。それくらい好きなアルバム。

    ということで、勢いで全曲解説してみたので、お暇な方はどうぞ!

    【【×年前の今日】1987年2月26日:TM NETWORK - Self Control(4th ALBUM)】の続きを読む ■EDIT

    31QAzpqM-JL

    L'Arc〜en〜Ciel - HEART(5th ALBUM)※メジャー4枚目
    1998年2月25日リリース

    ・yukihiro加入後初のアルバム

    ●収録曲

     1. Loreley
     2. Winter Fall
     3. Singin' In The Rain
     4. Shout At The Devil
     5. 虹 (Album Version)
     6. Birth!
     7. Promised Land
     8. Fate
     9. Milky Way
     10. あなた

    21年前の今日リリース。

    まじかー。もう21年経っちゃったか。。。ぼくがバンド始めたての頃にリリースされたアルバムで、当時死ぬほど聞いてたアルバム。

    この当時はまだ、Gt. kenによる楽曲の比率が高かった様に思うけど、個人的にはhyde作曲のものが好きかなあ。とはいえ、このアルバムは基本捨て曲がないと思う。

    特に「M4. Shout At The Devil」なんかは、一般的な多重録音ではなく、生演奏による一発撮りで、ギターソロ中に思いっきり間違うミステイクもそのまま収録するというラフっぷり。

    「M6. BIRTH!」や「M7. Promised Land」なんかにしても、系統的にこれまでのラルクにはない、新しい要素ということもあるけど、やはりライブ感と言うか、バンドサウンドというものを強く感じることができる曲。

    思えば、このアルバムあたりからラルクの「バンドとしての強さ」みたいなものが現れ始めた頃なんじゃないかと思う。

    あと、以前「今日のBGM」でラルクを紹介したときにも書いたんだけど、このアルバムに収録されている「M8. fate」が超好き。このアルバムの中では一番好きな曲。

    ※関連過去ログ



    【【×年前の今日】1998年2月25日:L'Arc~en~Ciel - HEART(5th ALBUM)】の続きを読む ■EDIT

    このページのトップヘ