脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■レビュー > 国内ドラマ

    【レビュー:ドラマ】仮面ライダー555(ファイズ)  前作、龍騎と同じくらいハマった作品。どっちが面白いかなんて甲乙付け難い。  

     放送期間:2003年1月26日 - 2004年1月18日(全50話)   制作局:テレビ朝日 監督:田﨑竜太 他  原作:石ノ森章太郎  脚本:井上敏樹  プロデューサー:濱田千佳(テレビ朝日)  白倉伸一郎・武部直美・宇都宮孝明(東映)  『仮面ライダー555』(かめんライダーファイズ、欧文表記:MASKED RIDER Φ's)は、2003年(平成15年)1月26日から2004年(平成16年)1月18日までテレビ朝日系列で毎週日曜8:00 - 8:30(JST)に放映された特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。仮面ライダーシリーズ初の地上デジタル放送でもある。  「平成仮面ライダーシリーズ」第4作目に当たる。キャッチコピーは「疾走する本能」

     
     数ある平成ライダーシリーズの中でも、屈指のハイテンションドライヴな作品。  1話24分という短い尺の中に幾つものドラマが混在していて、序盤でのベルト争奪・攻防戦をはじめ、利用・共謀・裏切り・邂逅と、二転三転するストーリー展開といった作品全体のドライブ感やスピード感がめまぐるしく、1話たりとも見逃せないスリリングな展開となっている。  この辺りのドライブ感は、ある意味で「牡丹と薔薇」のような「昼ドラ的な要素」とも言えるのではないだろうか。  一度見始めたら、最後まで見届けるまで止まることが出来ないような中毒性がある。  また、怪人側の苦悩も描いたことで、より「リアルな痛み」を表現していたと思う。  コレは偏に、人間が未知なる生命体である「オルフェノク」に変容してしまい、その力を持て余したり、受け入れられず苦悩したりすることで、逆にその人の「人間らしさ」を如実に浮き彫りにしていることのようにも思える。  怪人側の主役である、ホースオルフェノクの木場勇治は、その中でも特に苦悩していた人間で、「人間であることを捨て、オルフェノクとして生きていくか、オルフェノクになってしまったからこそ、人間の心を持ち続けて人間として生き、共存していくか」というところで最も揺れ動いていた人物で、正に「オルフェノクの苦悩」というものを痛々しいまでに体現していた人物でもある。  龍騎が俯瞰で「人間」を描いた作品だとしたら、555は密着ドキュメントのように、至近距離で生々しくそれを描いた作品ではないだろうか。      ■EDIT

    【レビュー:ドラマ】仮面ライダー龍騎  僕が平成ライダーにハマるきっかけとなった作品。  生まれて初めてXの紅を聞いた時と同じくらいの衝撃を感じた作品。

     放送期間:2002年2月3日 - 2003年1月19日(全50話)  制作局:テレビ朝日  監督:田﨑竜太 他  原作:石ノ森章太郎  脚本:小林靖子、井上敏樹  プロデューサー:圓井一夫・中曽根千治(テレビ朝日)  白倉伸一郎・武部直美(東映)  『仮面ライダー龍騎』(かめんライダーりゅうき、欧文表記:MASKED RIDER RYUKI)は、2002年(平成14年)2月3日から2003年(平成15年)1月19日までテレビ朝日系列で毎週日曜8:00 - 8:30(JST)に放映された特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。  「平成仮面ライダーシリーズ」第3作である。キャッチコピーは「戦わなければ生き残れない!」。

    ※Wikipediaより引用  

     「13人の仮面ライダー同士のバトルロワイヤル」  ってことで 、いい意味で仮面ライダーの仮面ライダーらしさを根本からブッ壊してくれた作品。  だけどその結果として、仮面ライダーとはある意味で「純然たる正義のヒーローではない」という原点を浮き彫りにしたという解釈もできる。  事実、主人公である城戸真司が13ライダーの中で唯一まともな人間である筈なのに、「13ライダー的には最もイレギュラーな存在」として完全に浮いた存在となってしまっている、という点が面白い。  もっと言うなら「本来的には一番正しい筈で、何も間違ったことは言ってない」筈なのに、各ライダーの各々の目的を知ってしまうことで「本当に自分のしていることは正しいのか」という迷いや葛藤に苦悩する様が、ある意味で非常にエヴァンゲリオン的なえぐり方で面白い。  さりとて、逆説的展開を試みた時、そうした反逆精神こそが「ある意味で一番仮面ライダーらしい精神」とも言えるのが、この作品の面白いポイントではないかという気もする。  TVSP版「13RIDERS」に於ける高見沢をして、キャッチフレーズである「闘わなければ生き残れない」という部分を指し「人間は皆、ライダーなんだよ!」と言わしめたセリフにもあるように、この作品を見てエヴァンゲリオン冬月の「人間の敵は、所詮、同じ人間」というセリフを思い出した。  「ミラーワールド」という現実世界を模した虚構世界でのライダーバトルとは、正に現実世界の中における競争社会に没入する人類の縮図であり、メタファーと言えるのではなかろうか。     ■EDIT

    このページのトップヘ